タイトルマッチ

| コメント(2) | トラックバック(0)

将棋界でも名人戦が進行中だが、今日からモスクワでもチェスのタイトルマッチが始まっている。AnandにGelfandが挑む世界選手権である。個人的にはAnandに分がある勝負かなという気はしているが、勝負事はどう転ぶか分からない。今日の第1戦は先ほどドローで決着したようだ。これから毎晩のように対局が行われるから、チェスファンにはたまらないだろう。

昨日はオープニングセレモニーが行われており、そのときの様子がChessbaseで紹介されていた。お偉方のスピーチや初戦の先後決めなどが行われた後、ピアノの演奏が披露されたそうだが、そこで10歳かそこらの少年が華麗にショパンを弾いてみせたらしい。掲載されている映像を見ると、確かに大勢の観客を前に堂々としたもので、ただの余興だと思っていた観客も予想以上の演奏に驚いているようだった。実際、あの年齢であれだけの演奏ができるのは相当な逸材だと思う。長髪も決まっていて、何年かしたら二枚目ピアニストとして頭角を現すかもしれない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/677

コメント(2)

公式ページのオープニング映像見ました!
後半のコンサートは本当に楽しいですね。斎藤さんのレパートリー曲の数々が登場してましたよ。

後ろの方でMatsuevがスクリャービンとかラフマニノフを弾いていましたね。
もし彼が弾く曲を自分で選んだのなら、確かに私とかなり曲の趣味が似ているような……(笑)。
グリーグも弾いていましたが、対局者にCarlsenがいたらぴったりだったのに、と思ってしまいました。

コメントする

2014年6月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、natsuoが2012年5月11日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「演習問題の採点」です。

次のブログ記事は「買い物計画の頓挫」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07