ブラックポテトのカレーをつくる

| コメント(0) | トラックバック(0)

PotatoCurry.jpg2ヶ月ほど前にインド料理の本を買ったので、それを見てときどき本場のカレーづくりに挑戦してみている。今回は、ブラックポテトのカレーというのをつくってみた。インドカレーはやはりあの豊富なスパイスが命だが、今回のカレーに入れたのはブラックペッパー、クローブ、レッドペッパー、コリアンダー、クミン、ガラムマサラ、そしてアムチュール。この最後のアムチュールだけが近所で手に入らず、先日わざわざアメ横のアジア食材店まで足を伸ばして買ってきたのだった。ブラックペッパーとクローブで油に香りをつけた後、切ったジャガイモとスパイスを投入して混ぜる。これに水を加え、沸騰させてから長時間ぐつぐつやって水を飛ばせば完成だ。

ターメリックライスと一緒に食べてみた。口に入れてすぐはマイルドな気がするが、あとからインドカレー特有の辛みがじわじわ来る。ときどきブラックペッパーやクローブの固まりが入っていて、それをガリッと噛んだときの刺激はもっと強い。調合したスパイスが醸し出す香りが食欲をそそり、アムチュールに由来すると思われるわずかな酸味も利いている。ただいかんせん、具がジャガイモだけなので、以前つくったチキンとタマネギのカレーなどに比べると、やや味が単調に感じられるのは否めない。参考にした料理本にも「味は素朴」と書いてあったが、まさにその通りである。いうなればカレーの原型といった趣だ。メインとして他のおかずを用意し、副次的な一品として使うのがいいのかもしれない。

近いうちにまた別のカレーもつくってみよう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/685

コメントする

2014年6月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、natsuoが2012年5月19日 23:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ドロー続きのタイトルマッチ」です。

次のブログ記事は「ボスカイオーラをつくる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07