王位戦挑戦者決定戦

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は解析学の中間試験があり、その後の時間で解析学の演習もあった。講義と演習の時間が連続しており、普段は講義の内容に関連した演習問題を直後の時間にやってもらうことで理解を深めてもらうようにしているが、今日は講義の時間を試験に使ってしまったのでそういうわけにはいかない。そこで復習のつもりで簡単な積分の問題を出したら、予想外にみんな苦戦していた。少なくともこの手の計算のテクニックについては受験生時代に鍛えてきていると思うのだが、ちょっと使わないでいるとたちまち錆びついていってしまうらしい。ともあれ、今日回収した中間試験と演習もこれから採点しなければならない。先週末の試験の採点も終わっていないし、明後日にはまたもう一つ演習がある。次から次へと答案の束がたまっていく。この一週間は正念場だ。

先ほどまで、将棋王位戦の挑戦者決定戦の中継を見ていた。渡辺竜王と藤井九段の一戦で、対局前の下馬評では渡辺竜王に分があるだろうというのが大方の予想だったと思うが、結果は藤井九段が後手番で勝ち、挑戦権を獲得。終盤は形勢が二転三転し、どちらに軍配が上がるかまるで分からない大熱戦だった。藤井九段は将棋もトークも面白く、個人的には応援したい棋士の一人だ。羽生王位との王位戦でも、好勝負を繰り広げることを期待している。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/695

コメントする

2014年6月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、natsuoが2012年5月30日 22:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「会議・講義・会議」です。

次のブログ記事は「タイトルマッチ終了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07