アイスクリームメーカー

| コメント(0) | トラックバック(0)

試験の採点とオープンキャンパスの準備に明け暮れる日々が続いている。昨日と今日でかなり作業が進んだので、少し気が楽になった。来週のタスクも山積みだが、ひとまずこの週末はゆっくりしよう。

先日、アイスクリームメーカーなるものを買ってみた。牛乳や卵黄、グラニュー糖などでつくった原料をこれに入れてスイッチを押すと、羽のついた攪拌棒がぐるぐると回転し始める。しばらく見ていると液状だった原料がやがて固まりだし、20分くらいでアイスクリームができる。簡単にできるわりにはなかなかおいしい。攪拌の途中でチョコクッキーを割って投入したりすると、クッキー&クリームのアイスができたりする。原料を変えれば他にもいろいろできるようで、この夏はアイスクリームやシャーベットがたくさん食べられそうだ。

そういえば、これと同じようなものを、子供のころに実家でも買ったことがあったのを思い出した。やはり冷やした容器に原料を投入してひたすら攪拌するのである。ただ一つ違う点は、そのとき使っていたものは手動式だったということだ。つまり原料を入れたら、上部についているハンドルを持ってひたすら回し続けるのである。最初のうちは液体の中を羽が通り過ぎるだけで何の意味もないような気がするのだが、やがて中身が少しずつ固形化し始め、それとともにハンドルにかかる抵抗力が強くなってくる。アイスクリームらしきものができあがるころには、ハンドルを回す手はすっかりくたくたである。完成したアイスはそれなりにおいしかったが、やはり20分もハンドルを回し続けているのが面倒になってきて、いつしか使わなくなってしまったのだった。

今度のアイスクリームメーカーは、余計な電気を使うのは好ましくないが、食べる前に汗をかかずにすむのがメリットである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/749

コメントする

2014年6月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、natsuoが2012年7月27日 22:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「二つ目の期末試験」です。

次のブログ記事は「ニューカラペの受け取り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07