ニューカラペの受け取り

| コメント(0) | トラックバック(0)

先週注文しておいたニューカラペが届いたと東急ハンズから連絡があったので、夕方受け取りに行く。今回は使用頻度の高いホワイトとチャコールを3枚ずつ取り寄せてもらった。これで折紙に使う紙の選択肢がだいぶ増えたことになる。

コンプレックス折紙と呼ばれる難しい折紙を折るとき、市販の折紙用紙では紙の強度が不十分で破れてしまうので、薄くてしかもコシがある紙を用意しなければならない。いつも作っているのは、アルミホイルの片面または両面に今回買ってきたカラペと呼ばれる薄葉紙を接着した特製の用紙で、これを使うと容易なことでは紙が破れず難しい折りにも耐えてくれる。紙の表裏の色をどういう組み合わせにするか、カラペの在庫さえあれば自分で好きなように決められるというのも大きなメリットだ。今まで折った折紙の多くはこの紙から折ったものである。

ただ、今の紙の作成方法では、大きくても40cm四方の紙までしか切り出すことしかできない。というのも裁断する際、養生のために下に敷いている板の幅が四十数センチしかないからである。また、使用している業務用アルミホイルの幅も45cmしかない。これまでは40cm四方の紙まで作れるならそれで十分と思っていたが、最近は複雑な作品を折るために一辺が50cmくらいの紙を作成したいと思うときも増えてきた。そろそろ何か新しい方法を考えた方がいいのかもしれない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/750

コメントする

2014年6月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、natsuoが2012年7月28日 22:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アイスクリームメーカー」です。

次のブログ記事は「大きな紙の裁断」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07