蝶々のついたハートを折る

| コメント(0) | トラックバック(0)

OrigamiHeartButterfly2.jpgOrigamiHeartButterfly1.jpg一風変わった折紙を折ってみた。今回やってみたのは、ウクライナの折紙作家、アンドレイ・ルキヤノフの "Heart with butterfly" という作品。ハートの中央に蝶々が紋章かエンブレムのように浮かび上がるという面白いデザインである。紙の大きさは25cm×25cmで、アルミホイルの両面にカラペを貼ったものを用いている。

できあがりだけを見ると完全に左右対称な形をしているように見えるが、蝶々の部分の内部構造は左右で異なっている。実はこの蝶々の部分は、日本の折紙作家、津田良夫氏の作品の折り方がはめ込まれた形になっている。折図にも "Devoted to Yoshio Tsuda" と書かれており、本作はルキヤノフ氏が津田氏の作品に捧げる一種のオマージュといえるだろう。

ルキヤノフ氏はこの他にも、ハート型をテーマにした作品を数多く発表しており、いわばハートマーク折紙のスペシャリストである。いずれ彼の他の作品も折ってみたいと思う。

(折紙モデル: "Heart with butterfly", Andrey Lukyanov, 「第17回折紙探偵団コンベンション 折り図集Vol.17」(おりがみはうす)所収)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1277

コメントする

2014年6月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、natsuoが2014年2月15日 22:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「卒論発表会」です。

次のブログ記事は「鍋貼をつくる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07