大葉を摘芯し、たらこパスタをつくる

| コメント(0) | トラックバック(0)

ThinningOoba2.jpgThinningOoba1.jpg4月下旬に種をまいたバジルと大葉がすっかり大きくなったので、そろそろ摘芯の作業に入ることにした。これは脇芽が出ているすぐ上の部分をカットすることにより、脇芽に養分を行き渡らせて生長を促進させようというものである。脇芽は2つ生えているので、それぞれが伸びればさらに収穫量を増やすことができるとされている。

今日は手始めに大葉に手をつけた。植わっている6株のそれぞれをカット。20枚以上の大葉が収穫できた。種まきから1ヶ月半で初の収穫である。少なくともこれで、これまでの作業がすべて無駄になるという事態にはならなくなったわけだ。プランターはだいぶすっきりしたが、順調ならこれがまたどんどん生い茂ってくれるはずである。

TarakoPasta.jpg摘み取った大葉を使って、早速たらこパスタをつくってみた。これまでも何度もつくっている定番のパスタだが、自家製の大葉を使うとなるとまた気分も違ってくる。たらこと和えるみじん切りの大葉も、最後に上から散らす千切りの大葉もたっぷり多めにしたが、それでも収穫した分をすべて使い切ることはできなかった。全部入れたらさすがにたらことのバランスが悪くなるような気がしたのである。味はいつも通りで、なかなかおいしい。大葉もちゃんとそれらしい香りを出してくれていた。

これで大葉はまたしばらく育成期間に入る。バジルの摘芯も近いうちに一度行おう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1388

コメントする

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、natsuoが2014年6月14日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Leonid Kubbel's Endgame Study No.258」です。

次のブログ記事は「ガラスの里に行く&バジルの摘芯」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07