オリーブの実

| コメント(0) | トラックバック(0)

プランターのハーブは今も順調に育っている。大葉やイタリアンパセリは、ときどき摘み取って使っているのだが、見たところあまり目減りしているようには見えない。ほしいときに使えるというのはやはり便利だ。バジルは先々週に摘芯してだいぶ葉が減ったので、現在はひたすら育成中。

Olive.jpgところで、ベランダには今育てているハーブの他にもいくつか植物が置かれている。そのうちの一つがオリーブだ。元々は、3年くらい前に市内の植物公園に行ったとき、ちょっと珍しいものをと買ってきてみたもの。トルコ原産のレクーレという品種である。そのときはオリーブのことなど何も知らず、実でもつけてくれないかななどと漠然と考えていたのだが、帰宅してから調べてみて、そんな簡単なものではないと分かった。オリーブは自分の花粉では受精が困難であり、実をつけさせるためには違う品種を2本以上植えることが必要だというのである。そこまでする元気もなかったので、それからしばらくは観葉植物のようにベランダに置かれているだけになっていた。

ところが、今月になってふと見てみると、オリーブが実をつけているのである。単独ではできないと思い込んでいたので、これにはちょっと驚いた。今年は偶然どこかから花粉が飛んできたのだろうか。ちょっと不思議だが、枯れずに頑張っていてくれたのはうれしい。もっとも、オリーブは実ができてもそれを食べられる状態にするまでが大変なようなので、このまま実をつけた様子を楽しむだけということになりそうである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1418

コメントする

2014年7月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、natsuoが2014年7月15日 23:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「前期講義終了」です。

次のブログ記事は「いっせーの、でっ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07