裏匹見峡に行く

| コメント(0) | トラックバック(0)

Hikimi2.jpgHikimi1.jpg今週は出張もあって少々疲れたので、今日は日が高くなるまで家でごろごろしていた。ただ、外を見ると雲一つない快晴。先週と同じで、これをやり過ごすのはもったいない気がしてくる。時間はちょっと遅くなってしまったが、思い立ってまた出かけることにした。行き先は匹見町。家からは1時間半くらいの距離で、に行ってからはちょうど4ヶ月ぶりの訪問である。

今回はまず裏匹見峡へ向かった。前回は天気が悪くてあまり楽しめなかったが、今日は木漏れ日の中をのんびり散策し、小川のせせらぎを聴きながらおにぎりを食べたりして、十分リフレッシュすることができた。娘もそれほどぐずることなく、よい子にしてくれていたように思う。たまたま通りかかった地元の方によれば、このへんの紅葉のピークは来週くらいではないかとのことだった。次の土日はまた出張する予定があるので、今日訪れたのは正解だったかもしれない。

裏匹見峡を出た後は、「ひきみ森の器工芸組合」なるところを目指す。良質の木工細工を作っていると聞いていたのでどんなところか確かめてこようと思ったのだが、残念ながら土日はお休みということだった。仕方がないので、また前回と同じ巨大迷路の売店に立ち寄り、パズル製品と木製の皿を買って帰路に就いた。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1511

コメントする

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、natsuoが2014年10月25日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Leonid Kubbel's Endgame Study No.274」です。

次のブログ記事は「カルボナーラをつくる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07