深夜の火事騒ぎ

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日は思わぬことが起きた。昼過ぎに買い物と床屋に出かけたほかは、ずっと家で過ごしていた。宇多津で詰四会をやっていたはずだし、宇部で研究集会もやっていたはずだし、東京ではチェスプロブレムのソルヴィングコンテストもやっていたはずで、いろいろ気になるイベントが催されていたのだが、平日にあまり原稿書きの仕事ができないことを考えると、貴重な土日の時間を潰してしまいたくなかったのである。そこまでは、平穏な一日だった。

夜、そろそろ日付が変わろうというころに、遠くで何かが鳴っているのに気づく。何の音だろう、としばらく妻と話していたが、気になってベランダに出てみると、どうやら火災報知器の音。しかも同じマンションの一角からうっすらと煙が出ているのが見える。これはえらいことになったと思っているうちに、こちらにも何かが焼けるようなにおいが漂い始め、それと同時に玄関の前にある報知器もけたたましく鳴り始めた。すぐ家族みんなで避難することも考えたが、下手に外へ出て煙が濃いところを通ったりすることになるとまずい。まもなくサイレンとともに消防車が何台も敷地内に入ってきた。パトカーも来たようだ。とりあえず、妻と娘は家に残して一人で様子を見に行くことにする。割れんばかりの火災報知器の音の中、階段で下まで降りると、消防隊員が現場の方に入っていくのが見えた。それほどあわてている様子はなく、緊急性はないようだ。何かが焼けるようなにおいはまだ少し残っていたが、煙はもう見えない。そのへんにいた住民の方に聞いてみると、火元はマンションの集会所ということだった。しばらく様子を見ていたが、どうやら避難する必要はなさそうだったので、階段を上がって部屋に戻る。じりじりと鳴り響く火災報知器は、それからしばらくしてやっと止まった。

火災の影響か、その直後からネットにつながらなくなり、昨日書いていたブログは更新できなかった。今日もネットワークの調子が悪く、外部からはサーバにアクセスできない状態が続いていたが、現時点ではひとまず復旧している。ただ、まだ不安定なようだ。

突然のことでびっくりしたが、それほどの大ごとにならずにすんでホッとした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1596

コメントする

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログ記事について

このページは、natsuoが2015年1月26日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小松菜と生ハムのペペロンチーノをつくる」です。

次のブログ記事は「期末試験」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07