2015年2月アーカイブ

AsaZoo2.jpgAsaZoo1.jpg天気予報では、今日は夕方頃まで晴天、その後は雲が多くなり、明日は雨の一日になるという。来週以降、土日は出張などで身体が空かない日が多いので、今日の好天を有効に使わないのはもったいない。そこで、車で20分くらいのところにある安佐動物公園まで足を伸ばすことにした。

この動物園にはここ数年の間に何度も訪れているが、最後に行ったのは昨年の3月で、ほぼ1年ぶりだ。園内は小さな子供を連れた家族連れの姿が多く見られ、いつも以上に賑わっていた。今回は歩き始めた娘に動物を見せようという目的もあったが、いざ抱っこひもから下ろして立たせると、あてどもなくふらふらと歩き回るので動物どころではなかった。あちこち行くだけならともかく、他の観光客に何の見境もなく手を伸ばしながら走り寄ったりするので気が気でない。じっくり見て回るのは難しかったので、全体の半分程度の動物をざっと見た程度で帰ることにした。それでも、園内をずいぶん歩き回ったので、娘には歩行のよい練習になったことと思う。

妻と娘をいったん自宅に送った後、車のディーラーの店に行って定期点検を受けてくる。全く気づいていなかったが、スモールランプが片方切れていたとのことだった。7時過ぎに帰宅。



287番とフィニッシュの構成が似ている。

十年目

| コメント(0) | トラックバック(0)

自宅サーバを立ててブログを始めてみたのが、2006年の2月25日。つまり、もう9年が経ったことになる。当時は猫も杓子もブログという感じだったが、今はツイッターもあればフェイスブックもあり、継続的にブログを更新している人は少なくなったような気もする。ネットを巡っていても、数年前を最後に放置されているブログをよく見かける。どういうことであれ、同じような行為を何年も続けるというのは簡単なことではない。

そういう自分も、この9年の間に生活環境がずいぶん変わり、以前のように趣味やらブログやらにうつつを抜かしている時間もあまりとれなくなってきた。特に子供が生まれてからは、何か一言書き留めるだけでも精一杯といった状態である。昨年までは更新を休むのは1ヶ月につき2,3日というくらいだったが、今年はもう少しペースを落とすしかなさそうだ。とはいえ、簡単にやめてしまうのも面白くない。もうしばらくは、淡々と続けていこうかと思う。今日から10年目である。

帰宅

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日は東京では20度に達するほど気温が高かったようだ。今日もかなり暖かで、持ってきたマフラーはデイパックに突っ込んでおくことになった。たまたま気温が上昇したときに重なっただけで、2月下旬にいつもこんなに暖かいということはないだろう。とはいえ、やはり広島に比べると、東京は温暖だと思う。

3時少し前の新幹線に乗って広島に帰る。車内はかなり混雑していた。来月に迫った講演の準備作業をしていたが、あまり進めることができなかった。残された時間は少ないので、少しでも空いた時間を見つけてやっていくしかない。

7時半過ぎに帰宅。短い出張だったが、なかなか有意義だった。

東京に移動

| コメント(0) | トラックバック(0)

T大で行われるセミナーに出席するため、8時20分のバスに乗る。広島駅には8時50分頃着いたが、ずっと工事していた新しい連絡口が完成しており、前より新幹線口にかなり行きやすくなっていた。9時過ぎののぞみに乗って東京へ。品川で乗り換え、セミナー開始の20分前にはT大の最寄り駅に到着した。今日の東京はびっくりするほど暖かく、広島を出るときに着込んでいたオーバーをずっと手に持って移動することになった。来月にもう一度来ることになるはずだが、もうオーバーが必要ないことは確かだろう。

T大に入る前に、近くのケーキ屋に立ち寄る。雑誌で紹介された店がそこにあるはずだった。しかし、近づいてみると「テナント募集中」の看板がぶら下がっているのを発見。もうつぶれているとは思わなかった。東京の店は栄枯盛衰が激しい。

セミナーは14時から。1時間半の講演を2つ聴く。このところ忙しくてこうした場になかなか来ることができなかったが、久しぶりにじっくり最先端の数学の話にふれることができ、非常に勉強になった。終了後、ゲストの講演者の方の歓迎会に出席。9時半頃に店を出た後、さらに今回のセミナーのホストを務めたT君と喫茶店に入り、あれこれもう少し話す。10時半頃に店を出た。

家でのんびり

| コメント(2) | トラックバック(0)

一昨日は雲一つない好天に恵まれたが、結局晴れたのはその日だけで、昨日と今日はまたぐずついた天気に戻った。特に今日は朝から晩までずっと雨模様。雲が低く、濃霧のようになって一帯に垂れ込めていた。気温はまだ高くないが、こういう天気は12月や1月はあまりなかったように思う。やはり、少しずつ春は近づいている。

昨日に引き続き、今日も近くまで買い物に出たほかはずっと家でのんびりしていた。明日はT大で行われる内輪のセミナーに顔を出すため、久しぶりに広島を離れる予定。

PorkTomatoRucola.jpgベランダのプランターに植えているルッコラが、また少しずつ葉を増やし始めてきた。晩秋のころに比べると生長が遅く葉のサイズも非常に小さいが、何とか生きながらえてくれている。タイミングを逃して枯らしてしまってはもったいないので、このへんで少し収穫しておくことにした。元々、冬にあまり生長することは期待できないため、秋植えの場合は年内に全部摘み取って食べてしまうことも多いらしいから、この寒い時期に食べられるだけでもよしとしなければならないだろう。

さて、ルッコラを使って何をつくるか。パスタと和えてもよかったのだが、いつもそればかりでは面白くない。今日はちょっと趣向を変えて、豚肉のソテーにつけ合わせとしてルッコラを添えることにした。豚肉はちょうどスーパーで安売りしていたヒレ肉を使用。湯むきして種を取ったトマトをオリーブオイルと和えて皿に敷き、その上にソテーした肉を並べた。そしてその周辺にプランターから取ってきたルッコラを散らして完成。あまり凝ったこともしていないが、一応料理らしくはなっていたように思う。ルッコラを一気に消化することができた。

段ボールの山

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日、天気が安定しないというようなことを書いたら、打って変わって今日は晴天の一日となった。朝から夕方まで雲一つなく、青一色といった感じ。これが明日なら行楽日和だったのだが、そううまくはいかないものだ。明日は夕方あたりから天気が崩れるらしい。

今日は午前中に一つ所用があったものの、全体としてはゆったりした一日だった。昨日片づけ作業をするために軍手を持っていってあったので、今日はそれをはめて自室にある段ボール箱の山を処分していた。注文した書籍やパソコン機器が届くたびに段ボールを部屋の隅に積み重ねていたら、いつの間にか相当な量になってしまっていたのである。一つ一つ解体して束ね、ビニールヒモで縛ってゴミ捨て場に持っていった。これで少し部屋がすっきりしたが、まだまだ不要な紙の束やゴミがあちこちに積み上がっている。年度末までに少しずつ整理していこう。

今日も朝から妙な天気。雲間から太陽が覗いたかと思うと、突然バラバラと雨が降ってくる。風も強く、落ち着きがない感じだ。ここ数日はずっとこんな調子である。この不安定な天候は、そろそろ冬が終わりに近づいていることを予感させる。

午前中は勤務先の部屋の片付けをしていた。これまで所属する研究室で利用していた部屋を、諸事情で新年度から別の研究室に明け渡すことになったためである。今日やった主な作業は、本棚に並べられている大量のソフトウェアを処分することだった。いずれも十数年前に買ったもので、今では全く使われずに放置されていたのである。当時のソフトウェアというのはどれも外箱がかなり大きい。開けてみると、とんでもなく分厚いマニュアルが何冊もびっしり入っている。あのころはあれが普通だったが、今になってみると、果たしてあれほどの量のマニュアルを誰か読んだ人がいるのかという気がしてしまう。ソフトウェア本体も、3.5インチのフロッピーディスクが何十枚も入っていたりする。あれを1枚1枚入れ替えてインストールしていた時代もあったのだ。ついこの間のような気がしていたのに、こうやって現物を久しぶりに手にすると、はるか昔のことのようにも思えてくるのだった。



底本では2手目の黒の手からの手順が並置されていたが、ここでは棋譜再生の都合上、片方をメインラインとして扱っている。Bを捨てる前にNの位置を変換しておくという、ちょっとした下準備に味がある。

人間ドック

| コメント(2) | トラックバック(0)

今日は朝から街中へ向かった。2年に一度の人間ドックを受診するためである。今回で4回目だ。健診所は1回目2回目と同じところである。8時半頃に着いたが、すでに受付は始まっており、渡された番号札は40番だった。尿検査に始まりバリウムを飲む胃部X線検診まで、呼ばれて検査を受けては待合所で待機するというサイクルをひたすら繰り返す。11時頃に検査が一通り終了した。お昼を外でいったん食べた後、2時から検診結果について医師と面談。今回も特に問題はないということだった。

そういえば視力検査のときに、まず眼鏡を置いて裸眼で測定していたら、「その眼鏡は近くを見るためのものなんですか?」と聞かれた。裸眼なのにあまり視力が悪くない(両目とも1.0だった)ので、妙だと思われたらしい。しかもその後、眼鏡をかけても検査結果がほとんど変わらなかった。眼鏡をかけると見え方がよくなるのは確かなのだが、元々近視よりも乱視による影響が強く、ぼやけて見えるというよりダブって見えているのである。像がダブっていても輪っかのどちらが切れているかはある程度分かってしまうので、検査結果にはあまり差が出ないような気がする。それにしても、20代のころに0.5とか0.6と診断されたこともあったはずなのだが、なぜ視力が回復してきたのだろうか。ちょっと不思議である。

消えた駐車証

| コメント(2) | トラックバック(0)

今日は寝起きが悪く、そのせいでどうも一日中ぼうっとしているような感じだった。睡眠時間が少ないわけではないのだが、目覚めたときに頭が重く感じたのだ。そしてその重さが日中も続いていたのである。何ヶ月かに一度そういう日があるが、どちらかというと平日より今日のような休日に多いように思う。どうせ休みだからと就寝時間も起床時間も遅い方にシフトするため、睡眠のリズムが乱れてしまうのだろう。

デパートで買い物をし、駐車場に戻っていざ車を出そうとしたときに、駐車証がポケットの中にないのに気づいた。駐車証がないと、駐車場から出ることができない。ジャケット、ズボン、オーバーのどのポケットを何度まさぐっても空っぽだ。これは全くおかしなことだった。というのも、その3分ほど前、駐車場に戻ってきたときに、まず入口にある精算機で清算をしていたからだ。精算機から出てきた駐車証を確かに受け取ったのに、なぜポケットに入っていないのか。精算機から駐車している車まで歩いてきた数十メートルの間で落としたのかもしれない。そう思って一度精算機まで戻ってみたが、どこにもそれらしいものは落ちていなかった。

これは困ったことになったと思いながら車に戻り、運転席に座った。ふと前にある飲み物置き場を見ると、そこに駐車証が立てかけてあるではないか。つまり、車に戻ってきてまず手にしていた駐車証を無意識のうちにそこへ置いたのである。そしておそらく10秒くらい後に、ポケットに手を突っ込んで駐車証がないと騒ぎだしたのだ。一瞬前に自分がしたことを記憶していなかったわけで、何とも間抜けな話である。やはり今日は頭が働いていない一日だった。

OrigamiTwoHearts2.jpgOrigamiTwoHearts1.jpg久しぶりに折紙を折ってみた。今回やってみたのは、アンドレイ・ルキヤノフ氏による作品。ハート型の中に、もう一つ小さなハート型という面白いデザインだ。当然ながら、大きなハートと小さなハートをそれぞれ折って貼り合わせたのではなく、1枚の紙を折ってこの形に持って行くのである。紙の大きさは20cm×20cmで、アルミホイルの両面にカラペを貼り付けたものを用いている。小さなハートは紙の裏側部分が出るので、薄いピンクのカラペを選んでみた。折紙の難易度はそれほど難しい方ではなく、ゆっくり丁寧に折っても1時間もあれば完成までこぎ着けることができる。忙しい今の時期は、これくらいの工程ですむ作品の方がよさそうだ。

ルキヤノフ氏はハート型が関係する折紙を大量に発表しているユニークな折紙作家で、折紙界におけるハートマークのスペシャリストである。まだまだいろいろな図案を折紙にしているので、機会を見つけてまた折ってみたいと思う。

(折紙モデル: "2 hearts", Andrey Lukyanov, "Love Origami" (e-book) 所収)

昨日の午後から、またこのブログが外から見られなくなっていた。マンションで電気設備の点検をしていたため、一時的に停電していたようだ。事前にアナウンスがあったのに、サーバのIPアドレスを更新するのをうっかり忘れていた。

朝方に少し雪が降っていたが、ちらちらと舞う程度で、積もるようなことはなかった。春が来る前にまだ何回かは雪の日があるだろうが、翌日まで残るような降り方は、もう一回あるかないかというところではないかという気がする。今日は久しぶりにTK大のI先生がいらしたので、4時頃までセミナーをしていた。今週の初めにTK大で行われていたセミナーの様子を聴かせてもらう。K大のMさんが集中講義形式で長時間の講演をされたということで、非常に充実したセミナーだったようだ。参加できなくて残念だった。

8時過ぎに帰宅。

採点終了

| コメント(0) | トラックバック(0)

午前中に線形代数学の担当者でミーティング。それぞれが採点した期末試験の答案を持ち寄り、採点基準などを説明し合った後、担当しているクラスの答案の束を受け取った。これを自室に持ち帰り、すぐ集計する。何度か出してもらったレポートの点数も加え、最終的な成績が確定した。それから、月曜日に行った教職科目の試験と提出物の採点。これも、自分が担当した分は一通り終わった。ほかもいろいろたまっていた雑用を片づけ、年明け当たりから続いていた忙しさがやっと一段落。これで一息つけそうだ。もっとも、来月上旬が締め切りの原稿をまだ全く書いていないし、2つある講演の準備もこれからだ。まだまだ気は抜けない。

8時半過ぎに帰宅。明日は日本海側で雪らしいが、雪雲はこちらにも流れてくるだろうか。

Puttanesca.jpg今日はお昼にパスタをつくった。うちではすっかり定番になっているプッタネスカである。これまでいろいろなパスタにトライしてみているが、つくった回数はおそらく一番多いに違いない。前回やったのは4ヶ月前。オリーブ、ケイパー、アンチョビの各種具材はいずれも保存が利くため、冷蔵庫に常備しておける。だから直前に買い物をする必要がなく、思い立ったときにつくれるというのが大きい。今はベランダのプランターにイタリアンパセリがあり、仕上げにたっぷりかけられるというのも便利だ。

レシピは前と全く同じだが、前回とちょっと違うのはオリーブの種類だ。ブラックオリーブには違いないのだが、今回使ったのはレッチーノ種と呼ばれるもので、ブラックといっても真っ黒ではなく、赤茶けたような色をしたものがほとんどである。だいぶ前に、ギリシャ原産のカラマタオリーブという品種を使ったことがあるが、あれにかなり近いように思う。一口にブラックオリーブといっても、実にさまざまな品種があるようだ。

そういえば、うちのベランダにも何年か前に植物公園で買ったオリーブの鉢が置いてある。トルコ原産のレクーレという品種で、昨年のごろから実をつけ始めた。今も黒く熟した実がいくつかぶら下がっている。ただ、オリーブの実は素人では食べられる状態まで加工することはまず無理なので、こちらはあくまで観賞用である。



BとNで黒のQを召し捕る。Kubbelにはこのタイプの作品が多い。この後で登場する289番とも比べられたい。創られたのは本作の方が先だが、出版は後になった。

最後の期末試験

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝から会議があり、早めに家を出る。今日もお昼まで3時間くらい続いた。その後は、夕方に期末試験が一つ。これで期末試験はすべて終了した。卒業研究も先週終わったし、あとは今日の試験の採点をして成績をつければ、この時期の忙しさがやっと一段落する。毎年ここまでこぎ着けるだけでも大変だが、今年は面倒を見なければいけない4年生の数が多くて特に苦労した。

2週間前に実施した線形代数学の期末試験の採点をこのところの忙しさでずっと後回しにしていたが、今日帰宅する前に頑張ってすべてやり終えた。8時半少し前に帰路に就く。外の冷え込みは厳しく、朝からずっと舞っていた小雪がまだ残っていた。

深夜の腹痛

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日は街中へ出たときにとんかつ屋に立ち寄り、持ち帰りのとんかつをあれこれ買っていった。うちでは揚げ物の頻度はそれほど高くないので、とんかつを食べるのも久しぶり。店頭のどれもがおいしそうに見えて、ロースカツに牡蠣フライ、メンチカツにエビフライ......とついたくさん注文してしまった。実際、帰宅後に妻と二人で食べると期待通りで、おいしいねえと舌鼓を打ちながら全部平らげてしまった。しかしちょっと食べ過ぎだったようで、就寝後しばらくしてからお腹がやたらに痛くなる。顔をしかめながら夜中にトイレに行くことになってしまった。もしかしたら、2個あった牡蠣フライだけは独り占めしてしまったので、罰が当たったのかもしれない。

今日は、ときおり雨が雪に変わる肌寒い一日だった。こんな日に外へ出ても仕方がない。卒論指導で棚上げにしていた仕事を片づけたりして、ずっと家でのんびり過ごしていた。

少し遅くまでベッドでゴロゴロしていた。やはりこんなふうにゆっくりできる日がないと疲れてしまう。日中も久しぶりにのんびり過ごしていた。卒論発表会が昨日終わってようやく一息つけたとはいえ、近日中に片づけなければいけない仕事はまだまだたくさん残っている。しかし、今日のところは少し休みたかった。

夕方に街中まで出かける。買い物などをする前に、まず広島将棋センターに赴いた。4月の詰将棋解答選手権について席主のTさんと打ち合わせをするためだ。今後の段取りについて軽く確認する程度で、打ち合わせは一瞬にして終わった。2009年から毎年やっていて、今回でもう7回目になるので、もうすっかり慣れたものである。

将棋センターとの協力態勢が整ったので、帰宅後、実行委員会に広島地域での開催について連絡する。何とか今年も滞りなくいってほしいものだ。

卒論発表会

| コメント(0) | トラックバック(0)

今朝からまたこのブログに接続できなくなっていたようだ。相変わらず、何の前触れもなくネットワークの調子が悪くなる。今日のうちに気づいてよかった。

今日は朝から夕方まで卒論発表会。ひたすら学生の発表を聴く。自分が指導した学生の発表も4時頃からあった。内心ハラハラし通しだった。7分の発表の後に3分間の質疑応答の時間があるのだが、ここでたいていは押し黙ってしまったりとんちんかんな答えを連発したりして、内心ハラハラし通しだった。毎年、この日はこういう気分を味わうことになる。しかも今年は例年より受け持った学生の数が多く、このハラハラの時間帯からなかなか抜け出せない。やっと自分の受け持った学生の発表が終わったときは本当にホッとした。

これで、ここ数週間で一番時間を費やしていた卒論指導がやっと終わった。ようやく一息、と言いたいところだが、しばらく棚上げにしていた期末試験の採点をやらなければいけない。また、月曜日にはもう一つ期末試験をしなければならず、その採点も直後に急いでやる必要がある。まだ来週いっぱいは忙しい日々が続きそうだ。

ともあれ、今日は疲れた。明日は少し遅くまで寝ていよう。



発表の練習会

| コメント(0) | トラックバック(0)

妻が朝から所用で出かけたので、今日は初めて娘を保育園に連れて行った。半日だけの一時預かりである。3時頃に妻が迎えに行ったが、特にトラブルもなかったようだ。

今日は午後から卒論発表の練習会。学生が一人発表するたびにああでもない、こうでもないと教員から注文が出る。今年は学生の数が多く、1時から始めて終わったのは6時頃だった。その後もプレゼンの資料の手直しをしている学生の様子を見て回ったりしていていたので、他の仕事はほとんど何もできなかった。9時少し前にくたくたになって帰宅。

修士論文発表会

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日書いていた原稿はどうにか書き上げ、今朝依頼先に送信した。少し手直しの必要はあるかもしれないが、ひとまずこれで懸案の仕事が一つ片づいた。しかし、まだまだたくさん残っている。着実に少しずつやっていくしかない。

今日は朝から修士論文発表会。修士課程2年生の発表をずっと聴講していた。午後に一度中座し、教科教育法の授業に回る。今日は模擬授業の日で、先週何度か指導にあたった学生さんが先生役をした。これでこの時間も来週の期末試験を残すのみ。ようやく終わりが見えてきた。

その後はまた修論発表会の会場に戻る。それからは4年生の卒論指導。今日も疲れ切って帰宅した。

今日から2月。あっという間に1ヶ月が経ってしまった。毎年1月は慌ただしいが、今年はとりわけバタバタしていたように思う。

日中は日射しがあって少し寒さも緩んだようだったが、今日はどこへも出かけず家に逼塞していた。年明けから取り組んでいた原稿は先月末が締切のつもりで書いていたが、正確には明日が締切日である。平日にはどうしても時間がとれなかったので、この土日は最後のチャンスだった。先ほどまでにおおよそは書き終えたが、これから見直しをしなければいけない。とはいえ、やっと何とかなりそうな気がしてきて、ちょっとホッとしている。もう少し、頑張ろう。

2015年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このアーカイブについて

このページには、2015年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年1月です。

次のアーカイブは2015年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07