イタリアンパセリとルッコラの様子

| コメント(0) | トラックバック(0)

Rucola.jpgItalianParsley.jpgベランダには現在4つのプランターがある。うち3つは空いていて、先日土を詰めたところ。残りの1つは、昨年から栽培しているイタリアンパセリとルッコラが植わったままになっている。イタリアンパセリは未だに葉をちょくちょく摘んでパスタの彩りに使ったりしており、非常に重宝している。ただ、先月中頃くらいから、明らかに違う形状の葉が生え始めた。細い針のような葉で、ぐんぐんと上に伸びていくのである。今日確認したところ、てっぺんの部分に花芽のようなものがついているのが確認できた。どうやらそろそろ収穫の時期も終わりのようだ。イタリアンパセリは使用頻度が高く、ずいぶんと役に立ったので、今年も新しく種をまこうと思う。

一方、ルッコラの方は、先月から咲いていた花の花びらが少しずつ落ち始めている。よく見ると、インゲンのさやのようなものがいつの間にか姿を現していた。これが熟したときに採種すれば、今年の秋にまた新たに栽培をスタートさせることができる。採種のタイミングが難しいが、もうしばらく様子を見てみることにしよう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1680

コメントする

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログ記事について

このページは、natsuoが2015年5月 2日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Leonid Kubbel's Endgame Study No.295」です。

次のブログ記事は「バジルの植え替えとイタリアンパセリの種まき」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07