バジルを摘芯する

| コメント(0) | トラックバック(0)

Planters150606-2.jpgPlanters150606-1.jpg起きてみると、昨夜の頭痛がまだ残っていて頭が重い。どうやら熱があるようだ。どうも今年は体調を崩すことが多くていけない。

夕方になって少し熱が引いたので、ベランダに出てプランターの様子を見る。バジルの葉が相当大きくなってきているが、よく見ると葉の裏側にかなりアブラムシが付着している。前々からアブラムシがついていることは気づいていて、見つけるたびに霧吹きの水で吹き飛ばしたりしていたのだが、何しろ数が多いのでちょっとやそっとでは埒が明かない。駆除も兼ねて、このへんで一回摘芯をした方がいいのではないかと判断する。それぞれの株について、最初の本葉が出た部分のすぐ上でカットした。

Pizza.jpgアブラムシ対策として、摘芯した後に少しコーヒーがらをまいておく。すでに少しまいてあったのだが、あまり効果が出ていなかった。先日買った害虫防除薬を使えば一発でいなくなることは分かっているのだが、この数週間以内にまた葉を摘む可能性が高いので、できれば農薬の類を使わずに追い出したいのである。またたくさん出てくるようなら、何か次の手を考えよう。

摘芯したバジルを使って、妻がピザをつくってくれた。今年育てたハーブを初めて食べることになる。10株のうち、とにかく巨大な葉をつけるものがあって、その葉はピザの上に置いても圧倒的な存在感を放っていた。妻の母から、旅行先で買ったというトリュフオイルなるものをお土産にいただいていたので、試しに少しかけて食べてみる。濃厚な香りで、一気に高級感がプラスされた。

明日もゆっくり休もう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1712

コメントする

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、natsuoが2015年6月 6日 22:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中間試験」です。

次のブログ記事は「今年の風邪はしつこい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07