2015年11月アーカイブ

詰パラ届く

| コメント(0) | トラックバック(0)

帰宅すると詰パラが届いていた。12月号は短編コンクールという企画が毎年行われており、7手詰~11手詰の比較的短手数の作品がたくさん掲載される。今年は7手詰の特集で、一挙50題がずらりと並んでいた。

最近は趣味に時間を割くことがほとんどできなくなっており、詰将棋もその例外ではない。創るのも解くのもすっかりご無沙汰だ。そんなことではいけないのだが、仕事も相変わらず急いで片づけなければいけないことが山積しているうえ、家では空いた時間のほとんどは子どもの相手をして過ごさなければならない。時間がいくらでもあった学生時代は、遠い昔のことになってしまった。

そうはいっても、7手詰なら少しは解けるのではないだろうか。そう思って今日はしばらく図面を眺め、最初の2問だけ解いた。毎日2問ずつやっていけば、今年中には短編コンクールの作品が全部解けることになる。7手詰といっても作品によっては相当難しいから早晩挫折しそうだが、少し頑張ってみようか。

RucolaSquidPasta.jpgベランダのプランターで育てているルッコラを先週摘み取ってパスタに使ったが、そのときに葉がまだ小さいものは収穫せずに残しておいた。それが1週間で食べ頃の大きさになってきたので、今日もまた摘んでパスタに使うことにした。前回は生ハムと和えたので、今回はイカと合わせてみることにする。ニンニクと唐辛子をオリーブオイルで炒め、適当に切ったイカを加えて少し炒める。それから白ワインを入れてしばらく煮込めばソースは完成。あとはゆでたパスタを和え、最後にルッコラを入れてよく混ぜればできあがり。今回はイタリアンパセリもかなりたくさん摘んで加えてみた。

できてみると、イカが多すぎてパスタを覆い尽くすようなことになってしまった。参考にしたレシピでは2人分の量としてイカを250g使うとあったのだが、あれは内臓や軟骨を取り除くことを見越した量だったのかもしれない。今日は最初から内臓などが取り除かれたイカを買ってきたので、結果的に量が多くなってしまったのだろう。そんなわけで具のバランスは少々悪かったかもしれないが、味はイカやルッコラがそれぞれの味をよく出していて、なかなかおいしく食べることができた。ルッコラの苦みは海の幸とも合うようである。



実戦でこのような駒が残るというのは考えにくい。エンドゲームスタディはもちろん終盤の練習問題という側面もあるが、本作のような作品は、対局とは別の世界を楽しんでいると言えるだろう。

初雪

| コメント(0) | トラックバック(0)

今朝も寒かった。窓の外を見ると、向かいに見える山がうっすら白くなっている。最初は霜が降りているのかと思ったが、それにしては白が鮮やかだ。どうやら夜から明け方にかけて雪が降っていたらしい。うちのマンション周辺はすでにとけてしまっていたが、うちから1キロほど離れたところにある保育園に娘を連れて行ったら、保育園の屋根にうっすらと雪が積もっていた。11月でもう初雪である。県の北部はもうかなり降ったようで、高速道路は軒並み冬タイヤ規制がかかっていた。つい数日前に浜田まで行ってきたばかりだが、あと数日遅かったらアウトだったわけだ。

今日も日中は試験の採点などをして過ごした。今夜も寒いが、雪が降ることはなさそうだ。

採点作業

| コメント(0) | トラックバック(0)

午前中は4年生と卒業研究のセミナー。そろそろ本格的に中身を仕上げていかなければいけないが、形がまとまるにはまだまだ時間がかかりそうだ。午後は線形代数学の担当教員で打ち合わせ。昨日実施した中間試験の答案用紙を各教員が持ち寄り、採点の分担を決めた。その後は帰宅時間まで、担当することになった問題を早速採点していた。今はあれこれやらなければいけない仕事が山積しており、あまり採点に時間を割く余裕はない。集中して一気に終えてしまいたい。

8時頃帰宅。お風呂の後に娘を寝つかせるのは自分の役目だが、ここ数日はなかなか眠りに落ちてくれない。夜にしたい仕事がまるでできないのは困ったものだ。

中間試験

| コメント(0) | トラックバック(0)

天気予報の通り、今朝はぐっと冷え込んだ。冷たい雨がしとしとと降ってくる。これからはこういう日が増えていくのだろう。いよいよ秋も終わりに近づいている。

今日は午前中に線形代数学の中間試験を行った。問題用紙が1枚、解答用紙が6枚だが、解答用紙は左上をホチキスで留めて1束にしたものを配付している。解答用紙が多いのは、問題ごとに別の解答用紙に書かせることで採点をしやすくするためだ。ホチキスで留めるのは配付と回収を少しでも楽にしたいからだが、一方で回収後にホチキス針を全部引っこ抜く作業をしなくてはならない。面倒ではあるのだが、以前、解答用紙をバラバラのままで回収したときに答案が1枚なかなか見つからなくて冷や汗をかいたことがあったので、トラブルを避けるためにやむを得ないと思っている。

午後は3時から会議。2時間半ほどで終わった。

試験問題印刷

| コメント(0) | トラックバック(0)

お昼を食べてから、母を広島駅まで送る。この3日間、かなり娘の相手をしてもらった。娘もたくさん遊んでもらえて満足したことだろう。

その後、勤務先へ回っていろいろ仕事を片づける。まず、明日実施予定の線形代数学の試験問題を印刷。同じ科目を担当する他の先生方と印刷室に集合し、問題用紙と解答用紙をまとめて刷った。それが終わると、専攻会議に出席。5時半過ぎに自室に戻った。その後は、印刷した解答用紙を束ねるなど、明日の準備をする。8時頃帰宅した。

帰るときの風はかなり強くて冷たかった。もう秋というよりは冬の空気を感じる。明日はかなり冷え込みそうだ。

浜田に行く

| コメント(0) | トラックバック(0)

Aquas2.jpgAquas1.jpg昨日から実家の母が泊まりに来ている。せっかくの祝日、少し行楽をしようということになり、浜田の方まで足を伸ばしてきた。まず向かったのは、浜田漁港のそばにある「しまねお魚センター」。ここを訪れるのは8月以来だ。ここは長い間建物内で店を開いていた魚屋が次々に閉店したりして、今ひとつ活気が感じられないような気がしていたのだが、今日は比較的客も多くて賑わっていた。ここで刺身定食をいただいて腹を満たす。母はその後、魚市場でのどぐろの一夜干しを買っていた。

それから9号線を少し東に進み、「しまね海洋館アクアス」へ。この水族館に来るのは昨年の8月以来だ。2時半頃に入って4時半頃までの2時間、様々な海の生き物を見学して楽しむ。娘も、昨年来たときよりは楽しめたようだった。

6時過ぎに帰宅。

RucolaPasta.jpgRucola151122.jpgベランダのプランターで育てているルッコラが、だいぶ大きくなってきた。11日前と比べると生長具合は一目瞭然だ。株によって大小に差はあるが、ほとんどのものは今すぐ食べられるような大きさにまで育っている。ちょうど今日から実家の母が滞在するので、このタイミングで収穫することにした。

収穫したルッコラをどうするか考えたが、結局オーソドックスに生ハムと和えてパスタにした。オイルベースなので、フライパンで炒めるのはニンニクと唐辛子のみ。これにゆでたパスタを和え、さらにルッコラと生ハムを加える。混ざったら皿に盛り、パルミジャーノチーズを削り、黒コショウをかける。いたってシンプルである。しかし、ルッコラの苦みと生ハムの塩気がうまく口の中で溶け合い、なかなかおいしくいただくことができた。

今日だけでだいぶルッコラを摘んだので、たくさん生えていた葉がなくなってプランターがだいぶすっきりした。次に食材として使うのは、またしばらく先になりそうだ。

北の湖の死去

| コメント(2) | トラックバック(0)

昨日流れた北の湖死去のニュースはちょっとびっくりした。もうそれほど元気な状態ではないらしいとは聞いていたが、一方で軍配を差し違えた立行司が出場停止になったり、白鵬が猫だましをやったりといった土俵上のニュースが報じられるたび、北の湖理事長のコメントも必ず添えられていた。だから、そこまで悪い状態だったとは思っていなかったのである。

以前にも書いたことがあるが、私が4歳、5歳のころ、保育園から戻ってくると6時までの間、相撲中継を見ていたことがあった。何日か続けて見ていると、だんだんと力士の名前と強さが分かってくる。鷲羽山はすばしこく動くとか、冨士桜対麒麟児はいつも制限時間いっぱいになる前に相撲が始まってしまうとか、個々の力士の特徴が見えてきた。そのときから、北の湖という力士は結びか結び前に出てきて、とにかくただただ強くて滅多に負けない、という印象だった。

実は数日前に白鵬が猫だましをやってみせたとき、「あれは格下の力士がやるもの」などと言われているのを聞いて思い出したことがあった。かつて相撲中継を見ていたあのころ、かなり上位にいた三重ノ海が猫だましをやったことがあったような気がしたのである。ちょっと調べてみたら、果たして大関時代に猫だましをやっていたのだった。何でこんなことが記憶に残っていたのか不思議である。そのときの猫だましの相手は、北の湖だったという。もう30年以上も昔の話である。

消滅定理

| コメント(2) | トラックバック(0)

今週月曜日に、T大のK先生が登場する番組が放送されるというので録画しておいた。その録画を先日チェックしたのだが、まあ何とも無理のある企画だったと思う。要はK先生がいかにすごい先生かということをバラエティ番組らしく伝えたかったのだろうと思うが、だからといってK先生が証明された「K-Vの消滅定理」がどんなものかを直接説明するよう求めるというのは、さすがに無謀ではなかったか。

消滅定理は、ある状況下である種のコホモロジーが消える、ということを証明した定理である。コホモロジー自体が恐ろしく抽象的に定義されたものであるうえ、「ある状況下」と「ある種の」という部分もきわめて抽象的に設定されたものであるため、本質的な意味をそれほどずらさないままで何らかの具体的なイメージが浮かぶ日常的なものに例えたりすることは、ほとんど不可能といってもいい。番組ではK先生が少し「説明」をされていたが、中身を砕きすぎてもはや消滅定理なのか何なのかよく見えなくなってしまっていたように思われた。K先生もお困りになったのではないだろうか。番組制作側としては、難しそうな感じが伝わればいいと思っていたのかもしれない。しかし、よりによって消滅定理とは、相手が悪すぎた。

また雨の一日

| コメント(0) | トラックバック(0)

今朝も雨。10月のある一時期は、ずいぶん天気のいい日が続くなと思っていたが、このところはすっかりその反対だ。

体調はまだ100%回復したとはいえないように思うが、少なくとも高熱に悩まされる可能性はほぼなくなったようだ。今日は午前中に通常通り講義を行ったが、マスクをしていたほかはすべていつも通りで、特に問題も生じなかった。まだ痰がかなりからむのと、少し鼻水が出やすいことを除けば、ほとんど元通りになってきたように思う。ただ、そう思い込んで油断だけはしないように気をつけたい。

雨は夕方にはやむという予報だったが、実際には6時を過ぎて、あたりがすっかり暗くなってからもまだ激しく降り続いていた。朝方よりむしろ強くなったように思える。帰宅して夕飯をすませたころにようやくあがった。さすがに明日は晴れるだろう。

昨日、今日とこのブログが外から見られない状態になっていたようだ。丸2日近く気づかず、復旧が遅れてしまった。

ようやく復調へ

| コメント(0) | トラックバック(0)

今朝起きたときはもう熱は37度台に下がっていたが、まだ何となく頭が重くてふらふらするような感覚が残っていた。昨日も、これくらいの状態でもう大丈夫だろうと出かけたら、夜になってぶり返してしまったのだった。幸い、今日は講義もない。極力、低空飛行で一日を過ごすことにし、遅く家を出て早めに帰ってきた。昨日は日中は好天だったが、やがて気温が下がってきて帰るときに寒い思いをした。まして今日は朝から冷たい雨が降り続いていたので、セーターを着込むなど防寒にはかなり気を遣った。治りかけに油断は禁物だ。

幸い、今夜の時点ではまた熱が高くなってはいない。明日は講義があるが、それ以外の時間はなるべくおとなしく過ごすことにしよう。

復調はまだ

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝はまだ熱が高かったが、少し寝ていたら急に下がって平熱になった。これなら何とかなりそうということで、お昼から出勤。夕方に一つ講義があったためである。講義自体は特に問題なく終えることができ、授業後の質問にも応対することができたが、いざ帰ろうとするとどうも熱っぽく感じる。帰宅して熱を測ると、果たして38度台に突入していた。

いけない、いけない。今日も早く寝よう。

また体調を崩す

| コメント(0) | トラックバック(0)

徐々に風邪の症状が治まって、今日あたりはほぼ全快しているのではないかと期待していたのだが、朝起きてみると何だか熱っぽい。熱を測ってみると38度を超えている。今日は紅葉を見に行くか、あるいは街中まで買い物に行こうかと思っていたのだが、この体調ではずっと家に逼塞しているしかない。一昨日、昨日と着実に回復していたので、なぜ急にぶり返したのかちょっと不思議だ。もしかしたら、前の風邪とは別のものなのかもしれない。

それにしても、今年は全くよく体調を崩す。もう若くないということか。今日は早く寝よう。

雨の一日

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝から雨の一日。休暇をとった昨日は午後から街中まで出かけたが、今日は夕方に近くのスーパーまで買い物に行ったほかは、ずっと家でおとなしくしていた。風邪の方は、まだ痰のからみが残っているものの、だいぶ落ち着いてきた感じだ。

今日の雨は夕方くらいにはあがったが、昼過ぎにはたたきつけるような激しい降り方になったときがあった。マンションの前の道端に植わっている何本かの街路樹は、今の時期はてっぺんに近いところの葉だけ赤く色づいているのに下半分はまだ緑色のままで、きれいなグラデーションをなしている。だが昼の土砂降りの後にベランダから見下ろしたら、上の方の紅葉した葉だけがほとんど散ってしまっていた。散る準備を始めていたところに激しく雨粒が当たったので、支えきれなくなったのだろう。明日は天気は回復するようだが、このあたりの紅葉はどうなっているだろうか。

街中で紙を買う

| コメント(0) | トラックバック(0)

風邪はだいぶよくなったが、まだ痰がからむのでときどき咳払いをしなければならない。今日は講義も会議もなく、特に学生との約束などもなかったので、一日休暇をとってのんびりすることにした。

最近はやらなければいけないことがどうにも多すぎて、趣味に割く時間がほとんどとれなくなってしまった。チェスは全く指していないし、ピアノもここしばらくはさわっていない。詰将棋も、先日久しぶりに会合に出かけようとしたら、タイミング悪く子どもが熱を出してしまい、残念ながら断念した。やるべきことのリストに優先順位をつけていくと、どうしても趣味活動は後回しにならざるを得ない。

折紙も、今年の後半はあまりやっていない。何を折るかがまず悩みどころである。そこそこのレベルの難しさで、造形が美しくて、なおかつ折るのに適した紙が手元にあるような作品を選びたいのだが、いろいろな作品集を見ても、これはと思う作品がなかなかないのである。あれにしようか、これにしようかと思っているうちに、もう11月になってしまった。年末はいつも来年の干支の動物を折っているので、そろそろその準備をしなければならない。作品は候補が見つかったが、それを折るための紙としていい色のものを持ち合わせていないことに気づいた。

そこで、今日の午後は街中まで出て、東急ハンズで使えそうな紙がないか探してきた。一番いいのはカラペと呼ばれる薄い紙なのだが、この紙は数年前に生産終了となってしまい、その後継となる紙も今はバラ売りはされていない。仕方がないので、和紙のコーナーを物色。和紙なら雲竜紙がベストなのだが、残念ながらほしい色の紙は見つからなかった。やむを得ず、代用品として楮の和紙を購入。これでうまく折れるかどうかは分からないが、何とか頑張ってみようと思う。残る問題は、折る時間の捻出である。

ルッコラの様子

| コメント(0) | トラックバック(0)

Rucola151111.jpgベランダのプランターにルッコラの種をまいてちょうど1ヶ月が経った。種まきからわずか数日で発芽が始まり、その後も順調に育っている。今は双葉に加え、本葉が4枚から6枚くらい出てきた状態だ。あと1,2週間もすれば、まとまった量のルッコラが収穫できるのではないかと思う。去年と比べるとかなり株の量を増やしているから、かなりたっぷり食べられそうだ。

発芽して数日経ったころに何度か間引きをしたのだが、1ヶ月近く経った今ごろになっても小さな芽が新たに顔を出しているのを見つけることがある。おそらく、間引きをした際に根っこの一部が切れて土の中に残ってしまい、そこからまた新たな芽が出たのではないかと思われる。何ともしぶとい生命力だなと感心してしまった。

今日も本調子でない感じ。ただ、一方でひどくなっているわけでもない。扁桃腺の腫れと、37度ちょっとくらいの微熱である。なるべくエネルギーを使わず、静かに行動することにする。幸い、今日は短い会議が一つあるだけだ。

朝のうちにガス会社の人が2人やってきた。先月下旬に、台所で使っていたガスコンロの部品が一部外れてしまい、うまく取り付けられなくなってしまっていた。元々、火の調節つまみが一部破損しており、瞬間接着剤で修復して使い続けていたのだが、そこがまた壊れてしまったのだ。それ以外にもいろいろ調子が悪くなっていたので、この機会にガスコンロを新調することにしていたのである。20分ほどで作業は終わり、ガスコンロがすっかりきれいなものに置き換わった。これまでのものと比べると、タイマー機能もあるし、空だきをするなどして温度が異常に高くなると自動的に火が消える安全装置も装備している。揚げ物をするときの温度指定をすることもできるらしい。台所仕事が今までよりちょっと楽になりそうだ。

少々風邪気味

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日から、朝起きると扁桃腺がちょっと腫れている。また風邪をひいてしまったようだ。先週は娘が風邪をひいていたので、それがうつってしまったかもしれない。妻も咳をしているし、しばらくはみんなおとなしく淡々と過ごすしかない。

今日は朝からぐずついた天気だった。雲が低くどんよりと垂れ込め、一時はかなり強い雨が降った。湿気が高く、日中はあたり一帯が霧に覆われて遠くが見通せない。視界がよくなったのは夕方になってからだった。明日はいい天気になりそうだ。

SakeCreamPasta.jpg今日はお昼にまたパスタをつくってみた。冷蔵庫にキャベツがあったので、鮭と和えてクリームパスタにしてみる。鮭をオリーブオイルで炒め、生クリームとパルミジャーノチーズを加えてしばらく煮込む。最後に切ったキャベツを入れて少し混ぜたら、後はパスタと和えるだけ。それほどの手間ではなかったが、まあまあおいしくできたように思う。おそらく、パルミジャーノチーズをたっぷり加えたのがよかったのだろう。また、仕上げの黒コショウも多めに振ったが、これも味を引き立たせていたように思う。鮭とキャベツがあればできるパスタなので、そのうちまたやってみようと思う。

つくっていて一番感じたのは、鮭の皮は丈夫だということだ。鮭を炒める前に一口大に切ろうとしたのだが、皮の部分は相当一生懸命にならないと切れない。次回やるときは、キッチンばさみか何かを使った方がいいかもしれない。



明らかにフィニッシュのステイルメイトからの逆算で創られた作品だが、3...Qg4+の変化が難解なため、メインラインがあっさりしすぎてややバランスが悪いようにも思える。もっとも、本手順より変化手順の方が長いのは古典詰将棋でもよくあることで、気にするのは野暮なのかもしれない。ただ、仮に実戦なら黒は当然3...Qg4+のラインを選ぶところだろう。

CosmosCloseup2.jpgCosmosCloseup1.jpg最近、新しいデジカメを買った。これまで使っていたものは買ってからもう6年ほど経っており、撮影した写真は1万枚近くになる。まだまだ撮ることはできるが、そろそろ次のカメラを買ってみてもいいかなと思っていた。今年の春頃から、どれにしようかとカタログを見ながら迷っていたが、どうもこれと思えるものが見つからず、この時期までずるずると来てしまったのである。ようやく先日決心がつき、ネット注文で届いたカメラを今月から使い始めている。

今度のカメラは、超近接撮影に強いという特徴がある。顕微鏡モードなるものがあり、このモードにすると被写体に極度なまでに近づいた写真が撮れるのだ。一昨日植物公園に行ったとき、試しに何枚かコスモスのクローズアップを撮ってみたが、確かにおしべとめしべが見分けられそうなほどに小さい世界が見えていた。撮り方を研究すれば、さらにクローズアップした写真も撮れるらしい。プランターのハーブでいろいろ試してみよう。

BasilSeedRaising.jpgプランターで育てていたバジルと大葉は、今はほとんど枯れてしまっている。バジルはまだ葉や花をつけている苗もあるが、大部分はカラカラになった籾殻のような穂がくっついているだけだ。今年のハーブ栽培の目標の一つは、枯れた穂から種を採ること。採種したものを翌年まくことで、栽培を完全に循環させたいというわけだ。しかし、どうやれば効率的に種を採れるのかが分からず、しばらくそのままにしてしまっていた。

最近、いい採種方法があると知り、昨日ちょっと試してみた。穂の部分を苗から切り取り、フリーザーバッグに入れて口を閉じる。そこでひたすらワシャワシャとよく揉み込むと、種が脱穀されて下に落ちてくるのである。やってみるまでは半信半疑だったが、確かに黒い種がかなり落ちてきていることが確認できた。あとはこれを茶漉しか何かで分離すればよいらしい。

大葉も、同じ方法である程度の種がふるい落とされてきた。来年まく分くらいは、これで何とか確保できそうだ。

植物公園に行く

| コメント(0) | トラックバック(0)

BotanicalGarden2.jpgBotanicalGarden1.jpgこの週末は出張していたので、今日は9日ぶりの休日。午前中は家でのんびり過ごす。ただ外は雲一つない快晴で、この好天を家でやり過ごすのはちょっともったいないように思えたので、近場に出かけようということになった。行き先として選んだのは広島市植物公園。前に訪れたのは4年前で、ずいぶん足が遠のいてしまっていた。

植物園の中には様々な草花が植えられており、1年を通じて楽しむことができる。今日は終わりかけのコスモスが花を咲かせているのが目を引いたが、それ以外にも色とりどりの花々があちらこちらで見られた。また温室の中では、独特の葉をつけた樹木や妙な形の果実など、普段なかなか目にする機会の植物を楽しむことができた。もっとも、2歳になったばかりの娘は、植物よりも池の鯉や子供向けのボールプールに興味が行くようで、親もゆっくり花を見て回る時間はそれほどはとれなかった。それでも、晴れた秋の一日の過ごし方としてはなかなかよかったのではないかと思う。

園を出るときに、妻がブルーベリーの苗を買っていた。ベランダがまた少し賑やかになりそうだ。

高知出張最終日

| コメント(2) | トラックバック(0)

高知出張最終日。午前中に2つの講演があり、プログラムがすべて終了した。K大を後にしてはりまや橋まで路面電車で戻り、TR大のI先生、N大のSさんと3人でお昼を食べる。Sさんと別れた後、土産物屋に行ってお土産を物色。そこでI先生とも別れ、それからバスの時間までは喫茶店に入って時間を潰していた。

高速バスが高知を出たのは16時40分。広島バスセンターに着いたのはちょうど4時間後の20時40分頃だった。9時過ぎに自宅に到着。今年の高知出張も無事終わった。

明日がお休みなのは助かる。午前中はのんびりしていよう。

高知出張二日目

| コメント(0) | トラックバック(0)

高知集会二日目。今日も午前2つ、午後2つの講演を聴く。今日もどの講演も面白くて聴き入ってしまった。特に午前の2つ目に行われたS先生の講演は、数学的内容もさることながら、随所に挟むジョークが抜群の切れ味。聴衆からは何度もどっと笑いが起きていた。ああいうのは、狙ってもなかなかできるものではない。

今日の講演がすべて終了した後、TR大のI先生と商店街の中にある居酒屋へ。カツオやカンパチのタタキなど、土佐ならではのものをいただく。個人的には青さ海苔の天ぷらが好きで、高知に行くといつも食べたくなる。同じ味を家で楽しもうと青さ海苔を買って帰ったこともあるが、どうもなかなか再現できない。どうやって揚げているのか、一度聞いてみたいものである。

研究集会は明日まで。夜、広島に戻る予定にしている。

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このアーカイブについて

このページには、2015年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年10月です。

次のアーカイブは2015年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07