能美島に行く

| コメント(0) | トラックバック(0)

連休の最終日、家でごろごろしていてもいいかと思ったが、外を見ると雲一つない快晴。休日にこういう天気なのはそう何日もないのだから、家で何もしないのはやはりもったいないという気がしてくる。つい先日、蒲刈の海を見てきたばかりだが、またきれいな海を眺めてうららかな春の日を楽しむのもいいだろうということで、再び瀬戸内海を見に出かけた。

Noumi2.jpgNoumi1.jpg今回の行き先は能美島。昨年は1月5月8月と3回訪れており、海を見たいときの定番スポットになっている。正午頃に家を出て、1時半前に着いた。ここは入り江になっており、波が全くないといってもいいほど穏やかな浜辺である。ただ、砂浜に打ち上げられているゴミがちょっと多いのが気になった。前に来たときはこんなに落ちていなかったと思う。細いコードの切れ端のようなものが波打ち際に大量に並んでいたほか、プラスチック容器や包装紙などもあちこちにあった。これが今回限りの一時的なことなのか、それとも恒常的な状態になってしまったのかは分からない。前者であってほしいものである。また、浜辺のすぐ近くでかなり大きな建物の建設工事が行われており、その工事の音が始終あたりに響いて、いつもの静謐さがやや失われていたのも、ちょっと残念だった。

海辺に着いたときはちょうど干潮の時刻だったようで、波打ち際には小さな巻き貝がたくさん落ちていた。潮干狩りのようなことをしている人たちも数人いたので、何か採れるのかもしれない。しばらくそのへんを散歩して楽しんだが、今日はやや風が強く、歩いているうちに少し寒くなってくる。今回は早めに帰ろうということになり、まだ日が高いうちに帰路に就いた。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1962

コメントする

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログ記事について

このページは、natsuoが2016年3月21日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Leonid Kubbel's Endgame Study No.322」です。

次のブログ記事は「会議が二つ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07