大葉の発芽

| コメント(0) | トラックバック(0)

OobaGerm.jpg今週の初めに、バジルと大葉の種をまいた。食品トレイに土を敷き詰めるいつものやり方だ。ただ、今週の前半はひどく冷え込んだうえ、種もあまり状態がよくない可能性があり、発芽してくれる確信は持てなかった。実際、昨年の経験で、気温の低さか種の古さが影響して大葉が全く発芽してくれなかったこともあるのだ。1週間くらい様子を見て動きがなければ、あらためて種を買いに行こうかとも考えていた。

しかし、今朝トレイをしげしげと観察して、白い根が顔を見せている大葉の種があるのを発見した。大葉の種は1ミリくらいの大きさでとにかく小さく、最初は白い小石のようにも思えたが、目をこらしてみるとやはり種の中から根が生えている。最初は一つか二つで数えるほどだったが、夜になるとあそこにもここにも白い根が伸び始めているのがはっきり確認できた。昨日、今日と気温が上がり、種の中で眠っていたプログラムが起動したようである。今回まいた大葉の種は昨年栽培した株から収穫したものであり、これで栽培のサイクルが完成したことになるわけだ。

バジルの方も、根が出てきているように見える種が一つ、二つ確認できる。しかし、こちらはもう少し様子を見てみる必要がありそうだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1985

コメントする

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログ記事について

このページは、natsuoが2016年4月15日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「熊本の地震」です。

次のブログ記事は「未明の揺れ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07