大葉を摘芯し、たらこパスタをつくる

| コメント(0) | トラックバック(0)

Planters160528-2.jpgPlanters160528-1.jpgプランターで育てている大葉がだいぶ大きくなってきた。1株につき本葉が8枚くらいつき、葉によっては名前の通りかなり大きくなっている。毎日様子を観察しながら摘芯のタイミングをうかがっていたのだが、今朝見たらもう脇芽も出始めており、そろそろ頃合いのようだ。平日はなかなか作業をしている余裕がないので、今日実行してしまうことにした。摘芯するポイントは、根っこの方から数えて3枚目と4枚目の本葉が生えているすぐ上にする。まずはこれくらい葉を残しておけば、この後生長していくのも難しくないだろう。摘芯後の大葉はちょっとさびしくなったが、2週間もすれば今以上に葉が増えてくれるはずだ。

バジルの方は、3枚目と4枚目の本葉がようやく出てきたというところ。こちらの摘芯はもう少し先になりそうだ。

TarakoPasta.jpgさて、摘芯した大葉は、小さい生えかけのものも含めれば20枚くらいになった。大葉が手に入ったときは、まずはたらこパスタである。たらことみじん切りにした大葉、バター、オリーブオイルをボウルでよく混ぜておく。パスタのゆで汁を少し加えてバターを溶けやすくしておくのがポイントだ。あとはゆでたパスタと和え、千切りにした大葉をのせれば完成。フライパンも使わないので実に簡単なのだが、これがなかなかうまい。たらこの塩気に大葉の香りが加わって実にいい味を出している。バターも多めに入れることでコクが出ておいしくなる。あっという間に平らげてしまった。

また大葉が収穫したらつくってみよう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2022

コメントする

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログ記事について

このページは、natsuoが2016年5月29日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「保育園の参観日」です。

次のブログ記事は「中間試験」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07