バジルの大量収穫

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日はお昼頃に、T大のSさんがお見えになった。研究に関して話をしたいということで、わざわざ広島まで足を伸ばしてくれたのである。4時頃までお互いの研究についてやりとりしたが、こちらの話が彼の役に立ったかは少々怪しい。一方、こちらは彼の研究内容やその周辺の理論についていろいろ最新の情報を知ることができ、大変勉強になった。彼が帰った後は、引き続き4年生のセミナー。午後はずっと数学の話をしたり聴いたりしていたわけで、結構疲れてしまった。

BasilsCropped.jpgPlanters160721.jpg帰宅後、ベランダのプランターの様子を確認しに行く。朝たっぷり水を遣ったせいで、今日はそれほどしおれてはいない。ただ、8株あるバジルの1つが、すでに花芽をつけかけているのを見つけた。放っておくと花が咲いて葉がつかなくなってしまう。それに、に摘芯をしてから1ヶ月が経ち、葉が伸び放題だ。すでに一部の葉は色が薄くなって生気が抜けつつある。これは一刻も早く葉を摘んで使ってしまった方がよいと判断し、急遽収穫をすることにした。それぞれの株からまた摘芯をする形で葉を取っていったところ、1回の収穫量としてはこれまでで最も多量のバジルを集めることができた。早速ここからバジルペーストをつくったが、あまりに量が多くてフードプロセッサーに入りきらず、2回に分けて作業せざるを得なかった。これで、もうこの夏にジェノベーゼソースが不足することはないだろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2068

コメントする

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログ記事について

このページは、natsuoが2016年7月21日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「しなびた大葉」です。

次のブログ記事は「ジェノベーゼパスタをつくる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07