大葉の虫食い

| コメント(0) | トラックバック(0)

Ooba160728-2.jpgOoba160728-1.jpgプランターで育てているハーブのうち、一番元気があるのは相変わらず大葉である。毎日、弁当のおかずの底に敷くために2枚ほど摘んでいるのだが、6株あると摘むペースより新しい葉が生えてくるペースの方が速いため、一向に枯渇する気配がない。今日は夕飯にカツオのたたきが出たので、これにも大葉を切って散らしてもらった。今月は結構な枚数を食べているはずだ。

ただ、今日の夕方に水遣りに出たときにちょっと気になる徴候を見つけた。新しく生え始めた葉に、虫食いのような穴があるのを見つけたのである。それも1株ではなく、全体の半数以上で若葉が食い荒らされたようになっている。犯人がどこにいるのかは分からなかったが、穴の空き方からして病気ではなく、虫に食われたように見える。このまま被害が広がるようだと、今の大葉三昧も終わりになってしまう。明日以降、よく様子を観察しよう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2074

コメントする

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログ記事について

このページは、natsuoが2016年7月28日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Leonid Kubbel's Endgame Study No.333」です。

次のブログ記事は「詰パラとプロパラが両方届く」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07