乾燥バジルをつくる

| コメント(0) | トラックバック(0)

Basil160812-2.jpgBasil160812-1.jpgベランダのプランターで育てているバジルは、先月に大量収穫してからは葉を摘まずに育てていた。しばらくは新しい葉があまり生えてこず、今シーズンはこれで終わりかもしれないと思っていたが、最近になってだいぶ茂ってきていた。毎日水遣りをしながら観察していたが、ここへ来てただの葉ではなく、花芽らしきものが登場しているのに気づく。バジルや大葉は、花が咲いたらもう収穫はおしまいである。せめて8月いっぱいまでは葉が採れる状態にしておきたいので、今出ている花芽は切り取ってしまうことにした。

花芽を切りやすいところでカットすると、葉も何枚か摘むことになる。バジルペーストはまだ前につくったものが大量に残っている。何にも使わないのはもったいないので、今日は試験的に乾燥バジルをつくってみた。収穫した葉をキッチンペーパーで挟み、電子レンジで加熱することで水分を飛ばす。これをすり鉢ですりつぶす。乾燥させる時点で葉がだいぶ縮んでしまい、できあがった粉末状のバジルはほんのひとつまみになってしまった。これはドレッシングに和えて今日のうちに食べてしまったが、この状態なら長期保存もできそうだ。つくりかたは分かったので、また葉が収穫できそうならやってみよう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2087

コメントする

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、natsuoが2016年8月12日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「世羅高原農場に行く」です。

次のブログ記事は「松江フォーゲルパークから玉造温泉へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07