酢豚をつくる

| コメント(0) | トラックバック(0)

Subuta.jpg今日はまた何かつくることにした。パスタは昨日食べたばかりだったので、中華で行くことにする。しかし餃子は何回もしているし、青椒肉絲も最近やったばかり。何か新しいものを、ということで妻から提案されたのが、酢豚だった。確かに、酢豚は定番中華料理なのにまだやったことがない。早速レシピをいろいろ調べてみるが、人によってつくりかたが少しずつ違う。基本的には豚肉を揚げたうえで甘酢あんとからめるのだが、和える野菜の種類や火の入れ方もさまざまだし、豚肉を揚げないですませるというレシピも多い。どうやろうか迷ったが、結局豚肉は下味をつけてからちゃんと揚げ、一方で野菜はレンジで加熱するだけで手早くすませることにした。

豚肉はモモ肉のかたまりを切り、醤油や酒で下味をつけたうえで片栗粉をまぶす。これを軽く揚げてから、電子レンジで加熱したニンジン・ピーマン・タマネギと合わせて炒め、別につくっておいた甘酢あんと和えればできあがり。少なくとも、見た目はそれっぽくなった。味もまあまあ悪くなかったが、一番の反省点は、野菜の加熱が足りなかったということ。特にニンジンがまだ堅く、特有の青臭い感じがややまだ残っているように感じられた。次につくるときは、このへんをよく検討することにしよう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2091

コメントする

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

このブログ記事について

このページは、natsuoが2016年8月16日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「終日在宅」です。

次のブログ記事は「アザミウマの駆除」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07