詰四会に行く

| コメント(0) | トラックバック(0)

11時頃に家を出た。今日は詰四会の開催日である。今は急いでやらなければいけない仕事が目白押しで、本当は少しでもそれを進めた方がよいのだが、半年に一度しか行われない詰四会に行かないのも惜しかった。

会場の宇多津に着いたときはもう1時を過ぎていた。今日も外は蒸し風呂のような暑さである。今日の参加者は自分を入れて9人。今回は詰四会の会合が20回に達したということで、「20」というお題が出されていた。しかし、そのお題に沿った作品はまだそれほどたくさん集まっていない様子である。そこで、詰四会は発足10年だからということで、「10」にちなんだ作品もOKということになる。そこで思い出したのが、3年前の詰備会のときに創っておいた試作品だ。あのときは詰備会の発足10周年ということで、やはり「10」がテーマだった。しかし他に好作がたくさん集まったので、自作はお蔵入りにしていたのである。一応そういう「つくりおき」はあると言ったら、何だかそれを作品展に出すという話になってしまった。はっきり言って何の取り柄もない駄作なので、せめてもう少し面白くできないかとその場でいろいろいじってみたが、錆びついた頭でちょっと考えたくらいではどうなるものでもない。顰蹙を買うことになりそうだが、まあ何年も作品を出さないまま完全に忘れ去られるよりはいいかもしれないと思うことにした。

会合は5時に終了。今日は久しぶりに2次会にも参加した。その場で、祝賀詰に関する相談がなされる。実は今回の参加者の一人であるKさんが最近ご結婚されたそうで、そのお祝いの詰将棋を創ろうというのである。自分も以前同じようにお祝いしてもらったので、これは何とかやらなければいけない。ただ、自分にはなかなか難しそうな文字が割り当てられてしまった。できるかどうか分からないが、いろいろ考えてみよう。

7時過ぎの特急で帰路に就いた。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2095

コメントする

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、natsuoが2016年8月21日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ツクツクボウシの鳴き声」です。

次のブログ記事は「コガネムシの幼虫」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07