ブロッコリースプラウトの栽培

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日の夕飯のときに、ブロッコリースプラウトを食べた。このから水耕栽培で育てている。育成容器に種をまくと、1週間くらいで食べられるようになる。今は月曜日の夜か火曜日の朝に種をまき、翌週の日曜日か月曜日の夕飯で食べるというサイクルになっている。週1回はブロッコリースプラウト、という習慣がすっかり定着してきた。

月曜日の夜に種をまいた場合、翌日の夜に水を替え、それから後は朝晩の一日二回水を替える。金曜日の夜までは光が当たらないよう容器に覆いをかぶせておき、土曜日の朝からは窓辺に置く。2日間で葉が緑色になり、スプラウトらしくなったところでいただく。だいたいこういう流れでやっている。種をまいた直後は、育成容器に入れる水量に気をつけないと種がメッシュ状の底面から浮かび上がってきてしまう。しかしいったん根が出れば、あとはとにかく水さえ替えていればよいから簡単だ。

ブロッコリースプラウトは身体によい、という話はよく見るのだが、それが眉唾でないとしても、この程度の量を週1回食べた程度では、目に見えてよい効果があることなど期待しない方がよいだろう。まあ悪くはないはず、というくらいに構えておいた方がよい。とりあえず、この間の健康診断の結果が出るのを待とう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2097

コメントする

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログ記事について

このページは、natsuoが2016年8月23日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コガネムシの幼虫」です。

次のブログ記事は「詰将棋作品集の鑑賞」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07