祝賀詰の試行錯誤

| コメント(0) | トラックバック(0)

先月、詰四会で祝賀詰の課題を出されてからというもの、時間が少しでもあれば何か形にならないかとあれこれ考えているのだが、どうもよさそうな鉱脈が見つからない。詰め上がりを適当に設定して逆算していくのだが、自由度の高い詰め上がりがなかなか作れず、すぐに行き詰まってしまう。せっかく創るからには面白いものを、という当初の意気込みは次第にしぼみ、内容はともかく、とにかく何か一つまとめられれば、というくらいの気分になってきている。

ふと思い立って、同じ字形で過去にどんな作品が発表されているか、データベースを調べてみた。自分では詰み形をいろいろ検討したつもりでいたが、先人の作品を見てみると、思ってもみなかった構成のものが次々に出てくる。なるほどと感心させられるものも多く、まだまだ修行が足りないと痛感させられた。

もうしばらくは、いろいろ試行錯誤してみようと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2110

コメントする

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログ記事について

このページは、natsuoが2016年9月 8日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大葉の花が咲く」です。

次のブログ記事は「Leonid Kubbel's Endgame Study No.338」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07