回鍋肉をつくる

| コメント(0) | トラックバック(0)

Hoikoro.jpg今日は妻の帰りがちょっと遅くなることになっていたので、夕飯を何かつくることにした。手早くできて腹にたまるものということなら、中華がいいだろう。ちょうど最近青椒肉絲をやったところだから、今日は回鍋肉にした。豚肉とキャベツ、それにネギが少しあれば何とかなるし、何しろ切ってゆでて炒めるだけだから簡単だ。本当なら唐辛子や花椒を入れて辛みを利かせるのだが、今回は3歳の娘が一緒に食べるので、申し訳程度にほんの少し花椒を入れるだけにとどめておいた。

始めてすぐ、合わせ調味料をつくろうとして甜麺醤があまり残っていないことに気づく。今さら買いに行くのも時間がもったいない。仕方がないので、瓶底にへばりついて固形化しているものを掻き出して何とか間に合わせることにした。そのほかは特にトラブルもなく完成。一緒に、ネギとタマゴのスープもつくった。

甜麺醤が足りなくて味がまとまっていないのではないかと心配したが、食べてみると一応回鍋肉らしくなっていた。辛さはないが、これはこれで悪くない。また手早くつくりたいときの選択肢としてとっておこう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2173

コメントする

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

このブログ記事について

このページは、natsuoが2016年11月19日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Leonid Kubbel's Endgame Study No.345」です。

次のブログ記事は「のんびりした休日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07