プッタネスカをつくる

| コメント(0) | トラックバック(0)

Puttanesca2.jpgPuttanesca1.jpg今日はお昼にプッタネスカをつくった。につくったのはおそらく昨年の8月で、1年以上も間が空いたことになる。以前は、自分がつくるパスタの中では一番の定番で、毎月のようにやっていた時期もあった。こうもやらなくなったのは、やはり子どもの影響が大きい。このパスタはオリーブ、ケイパー、アンチョビと塩分が強いものを入れるからどうしても塩気が強くなるし、唐辛子の辛さもある。幼い子どもが一緒に食べるメニューには適さないように思われたのである。加えて、トマトソースがそこら中に飛び散ってしまうのではないかという懸念もあった。しかしもう3歳、たまにはいいだろうと考えたわけだ。

今回は塩分に配慮して、アンチョビの量はかなり減らした。また唐辛子も細かく切ることはせず、割らないでそのままソースと和えるだけにした。パスタとソースを和えて皿に盛り、ベランダのプランターからイタリアンパセリをたっぷり摘んできて散らす。やはりこのパスタは赤と緑のコントラストがポイントだ。

久しぶりに食べたが、悪くない味だった。トマト系のソースは、それほど大きく失敗する可能性がないので安心してつくれる。娘もまあまあ食べてくれていた。また機会があればつくってみよう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2177

コメントする

2016年12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、natsuoが2016年11月23日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「聖の青春」を見る」です。

次のブログ記事は「Leonid Kubbel's Endgame Study No.346」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07