餃子をつくる

| コメント(0) | トラックバック(0)

Gyoza.jpg昨日はパスタをつくったばかりだが、今日は妻からまた餃子をつくってほしいとリクエストがあったので、再び台所に立つことになった。カレーとパスタと中華を代わる代わるやっているが、振り返ってみると、餃子をリクエストされることが一番多い気がする。今年に入ってからもうこれで5回目だ。

普通は餃子というと挽肉のほかにニンニクやニラなどいろいろ入れることが多いが、自分がつくるときは中身は豚挽肉とキャベツとショウガだけ。シンプルだが、これで十分おいしい。醤油やオイスターソースで味をつけておくので何もつけなくても食べられるが、たいていは黒酢をつけて食べる。最近はもうあまりやり方を変えず、いつもこうやることにしている。

今日は火を止めるタイミングが悪かったのか、餃子を平鍋からうまく引きはがせず、何個は皮が完全に破れてしまった。それでも、味には何の変わりもない。28個もつくってしまったが、3人できれいに平らげた。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2180

コメントする

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

このブログ記事について

このページは、natsuoが2016年11月27日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「またルッコラとベーコンのパスタをつくる」です。

次のブログ記事は「詰パラ届く」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07