大葉とバジルの種

| コメント(0) | トラックバック(0)

Seeds.jpgベランダのプランターで今育てているのはルッコラとイタリアンパセリだけだ。夏までたくさん摘むことができた大葉とバジルは、とっくに収穫の時期を終えている。大葉は9月にはもう葉の色が失われて枯れた感じになった。しばらく放っておき、10月下旬に種を採ることができた。一方のバジルは、花が咲くところまでは行ったものの、そこから時計が止まったようになってしまい、変化を見せなくなった。おそらく、気温が下がったせいだろう。最近になってようやく黒い種が房の中にいくつかあることを確認できたので、先月下旬にいくつかの花殻をまとめて採取した。

今日は、大葉とバジルそれぞれから花殻などを除き、種だけを抽出して小袋にまとめた。大葉は相当な量の種を得ることができたので、来年の種まきは問題ないだろう。バジルはちょっと量が少なく、また種も正常に発育しているかどうかが明らかでないので、来年にこれを使えるかどうかは分からない。春になったら「試しまき」をしてみることにしよう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2186

コメントする

2016年12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、natsuoが2016年12月 3日 23:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Leonid Kubbel's Endgame Study No.347」です。

次のブログ記事は「雨の日曜日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07