書評の読者

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日の夜中から、またこのブログにつながらなくなっていたようだ。ネットワーク自体はつながっていたのだが、IPアドレスが変わってしまっていた。今はもうおそらく大丈夫だろう。

朝、勤務先に着いて車を降りると、ちょうど同じタイミングで同僚の先生が到着されて歩いてこられた。建物に入ろうとするとき、「先生が書評されている本、みんな買って読んでいますよ。どれも面白いですね」と声をかけられる。所属する専攻が違うこともあってなかなかお話しする機会がない先生で、ご専門も数学とは違うので、まさかS誌に出た書評を読まれているとは思わず、かなりびっくりしてしまった。

書評を見ていただいている方が身近にもいるということはうれしいことだ。一方で、思わぬ方が読者であることもあり得る以上、いい加減なことは書けないな、とあらためて自分に言い聞かせた。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2201

コメントする

2016年12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、natsuoが2016年12月20日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Leonid Kubbel's Endgame Study No.349」です。

次のブログ記事は「今年最後の講義」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07