Leonid Kubbel's Endgame Study No.353

| コメント(2) | トラックバック(0)



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2234

コメント(2)

久しぶりに解けました。いつもは白の手ばかり考えますから、「2.Be3 まで白の勝ち?」なんて思ってしまい、2...gxf2 に時間がかかりました。白も黒も頑張る作品は好きです。

コメントありがとうございます。
私も、黒によい手がある作品に惹かれます。
詰将棋でも、攻方に妙手があるだけでなく、玉方に絶妙の受け方が飛び出したりする作品は非常に魅力的なように思います。

コメントする

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、natsuoが2017年1月26日 23:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今年度最後の講義」です。

次のブログ記事は「短編詰将棋の鑑賞」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07