2017年2月アーカイブ

ツイていない日

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は夕方までは取り立てて変わったことのない日だったが、帰宅してからツイていないことが二つも続けて起きて少々気落ちしてしまった。一つ目は、ガス給湯器が急に故障してしまったことである。朝は確かに動いていたはずなのだが、なぜか急にお湯が出なくなってしまった。これでは、風呂が沸かせない。点滅しているエラー番号を調べてみても、どうやら「サービス依頼」しか解決策がないらしい。しかしすでに時間が遅く、対応窓口は営業を終了していた。今夜は風呂に入れないが、仕方がない。

もう一件、がっかりしたことがあった。実は今日の夕方、同僚のO先生がテレビに出演するという情報があった。O先生はルービックキューブの達人であり、世界大会にも何度も出場して上位に入賞するほどの腕前である。ローカル番組ではあるが、テレビから取材を受けたということだったので、今日は録画予約をしておいたのだ。帰宅後、早速再生してみる。地域の情報番組なのだが、いつになっても出てこない。あれれ、おかしいなと思っているうちに、最後まで行ってしまった。そこで初めて分かったが、録画したのは「みんなのテレビ1」という番組で、O先生が出たのはその直後の「みんなのテレビ2」だったのだ。がっかりである。まさか同じ名前の番組を2つ続けてやるとは思わなかった。

まあ、ツイていない日というのはあるものだ。こういうときはさっさと寝よう。



Kubbel円熟期の作品で、さすがに読みが入っている。

VongoleBianco.jpgアサリを買ってきたからボンゴレビアンコをつくってほしい、とリクエストがあり、急遽台所に立った。ニンニクをたっぷり刻んで唐辛子とともにオリーブオイルで炒めると、何とも言えないよい香りがたちのぼる。最近はあまりやっていないが、以前インドカレーづくりに凝っていたときも、具材を炒め始めたときのクミンシードの香りがたまらなかった。香りは食べるときのみならず、つくるときにも重要なファクターである。

仕上げに、ベランダのプランターに植わっているルッコラとイタリアンパセリを少し散らした。ルッコラはもう葉の形状が変わってきており、花を咲かせるモードに移行しつつあるようだった。今シーズンの収穫は、今日が最後だろう。イタリアンパセリの方も、このところの寒さで新しい葉がほとんど生えてきていない。こちらもそろそろ打ち止めにした方がよさそうだ。もうしばらくすれば、次の種まきの時期が来る。

ボンゴレビアンコはアサリがたっぷりでなかなかおいしかった。ボンゴレロッソに比べるとつくる頻度が低く、1年に一度やるかやらないかというくらいなのだが、もう少し頻繁につくってみてもいいかもしれない。

満11年

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は勤務先で、来年度の講義で使う演習問題の作成と、来週に迫った講演の準備をしていた。どちらも早く片づけなければいけないのだが、なかなかめどが立たない。特に講演の方はもう準備している時間が少なくなってきた。もうほとんど日がないが、何とか空いた時間に頑張らないといけない。

自宅サーバを立ててブログを初めて書いてみたのが、2006年の2月25日だった。今日で満11年ということになる。最近は時間がほとんどとれず、以前にもまして気の利いたことが書けなくなってきた。あれこれ考えて書いて、ふと数年前のブログを見たら、全体の文章の流れから個々の言い回しまでそっくりなエントリを見つけたことも何度かある。自分の思考パターンからは、結局のところ逃れられないようだ。

そんなわけでマンネリ化しつつある気もするが、もうしばらくは続けていこうと思う。

雛人形

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日もぐずついた天気だった。夕方から晴れるという予報だったが、帰るころにはまだ小雨がぱらついていた。

昨日、押し入れから雛人形を出してきた。妻が子どものときに買ってもらったという、年季の入ったものだ。前に出したのはおそらく3年前の雛祭りの時期。一昨年と昨年は、下手に持ち出したら壊されかねないと思って控えていた。3歳になった今はもう、「壊れやすいからさわらないで」という言葉の意味を理解してくれる。言葉で意思疎通ができるというのはやはり大きい。

うちには市松人形もあり、せっかくなのでお雛様と一緒に並べてみた。娘は早速、親しげに話しかけたりしている。来週の金曜日まではお雛様と一緒に置いておこう。

朝方はまだよい天気だった。出勤前にまずコンビニに立ち寄り、自動車保険の保険料を支払う。さらにその足で郵便局にも行き、詰将棋解答選手権の会場参加費とプロパラ年会費の振り込み、それにお年玉付き年賀ハガキの切手シート交換をしてきた。年度末は何かと出費が多くなる。

勤務先の同僚の先生がこの3月で定年を迎えられるということで、今日の午前中は最終講義を聴いた。研究室も専門分野も違うので言葉を交わす機会はそれほどはなかったとはいえ、自分が赴任したときからずっとおられた先生なので、退職されるというと感慨深いものがある。午後は、来週に迫った講演の準備をしていた。

夕方、外に出るとかなり強く雨が降っている。豪雨というほどではないが、ザーザーという形容がふさわしい降り方だ。気温も朝に比べるとぐんと高くなり、何となく生暖かい。真冬なら、こういう雨が降ることはほとんどない。やはり春は近づいている。

研究室見学会

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は研究室見学会なるものがあった。3年生はこの年度末に各研究室に配属され、4年生の間はそれぞれの研究室で卒業研究に取り組む。その配属先研究室を決めるために、3年生が少人数のグループになって各研究室を見て回るのである。彼らがやってくるたびに、卒業研究の内容や1年のスケジュールなど、一通りの説明をしなければならないのだが、同じことを何度も繰り返していると結構くたびれてしまう。全部終わって3時頃に自室に戻ったときは、特に大したことをしたわけでもないのにくたくたになっていた。

夕方まで、少し研究の計算を進めてから帰宅。

春一番

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日はやや荒れ模様の天気だった。朝から雨が降り、風も強い。天気予報では、西日本は暴風が吹くところもあるとのことだったので、吹き降りになることも覚悟していた。日中はTR大のI先生がお見えになり、研究に関する打ち合わせや相談をいろいろ行う。研究に関する計算をする過程で生じた疑問点をいくつか解決することができ、大変有意義だった。

広島では幸い、風の強さはほどほどというくらいですんだ。むしろ東日本の方が大変だったようだ。いわゆる春一番だろう。また一歩、春が近づいてきた。

ピザの夕食

| コメント(0) | トラックバック(0)

Pizza.jpg今日もよい天気だったが、ちょっと急ぎの仕事があって勤務先に行かなければならなかったので、行楽には出かけず家で過ごしていた。仕事の外出は午後の2,3時間で、いったん帰宅したのち、今度は家族3人で近くのスーパーまで買い物に出かける。だいぶ日が長くなってきており、6時過ぎに帰るときはまだほんのり明るさが残っていた。

夕食には、妻がピザをつくってくれた。小麦粉から生地をつくり、いろいろな具材を並べる。生地を麺棒でのばす作業と、タマネギやコーンを散らす作業は、娘も頑張って手伝っていた。生地の形は少々不格好で円形からはほど遠いが、食べる分には何の問題もない。3人できれいに平らげた。見た目ではあまり分からないが、アンチョビがかなりいい味を出していた。

ここ数日、妙に暖かい。今日は少し風も強く吹いていた。もう一回か二回、寒の戻りはあるだろうが、着実に春が近づいてきているのを感じる。少なくとも、先月のような大雪はもうなさそうだ。

今日は終日、家で過ごしていた。先月も書いたが、最近、個人の詰将棋作品集や昔の詰パラを引っ張り出してきては眺めている。今日も本棚から何冊か持ってきて、いろいろな作品を鑑賞していた。そうやって見て回っているのは、もちろん自分自身の楽しみのためでもあるが、それだけではない。この春から、詰将棋に関する記事をS誌に書くことになったので、その下調べをしているのである。こうした連載を自分などが担当してもよいのかという戸惑いはあるが、やるからにはあまりいい加減なものを出すわけにもいかない。とにかく、下手なことを書いてボロを出さないようにとは思っている。

卒業研究発表会

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は朝から夕方まで、ずっと卒業研究発表会。4年生の発表を座って聴き続けた。自分の担当した学生の順番は、夕方の一番最後。正直なところヒヤヒヤしたが、何とか無事終わった。

部屋へ戻って一息ついていると、もう保育園に行く時間になっていた。今日は結局発表聴講のほかには何もできなかったが、何はともあれ、これで卒研指導からしばらく解放される。これから年度末までは、今まで先延ばしにしていた仕事をどんどん片づけていこう。

今日は忙しかった。午前中は教職科目の成績のつけ方について担当教員で集まって打ち合わせ。なかなか話がまとまらず、思ったより時間がかかった。お昼をすませると、午後は卒業研究発表会のリハーサル。4年生と明日の本番と同じ部屋に行き、プログラムと同じ順番で通してやってみる。ここ数日は練習と発表資料の修正を繰り返していたが、いよいよ大詰めだ。さらにそれが終わると、今度は3年生向けの研究室説明会に出席。研究室に配属されるとどういう卒業研究を行うことになるのかについて、ごく簡単に説明した。

全部終わって部屋に戻ってきたのは4時頃。それから帰宅するまでは、新年度に使う演習問題の作成をしていた。明日と明後日もいろいろあって大変そうだが、今週を乗り切ればやっと一息つけるだろう。



レイモンド・スマリヤンが亡くなったというニュースを知った。2月6日に97歳で息を引き取ったという。大往生といってもいいお年だが、確かにそれくらいになっていてもおかしくない。自分がまだ十代のころに親に買ってもらった本には、もうあのガンダルフのようなヒゲを生やした顔の写真が出ていたような気がする。

スマリヤンの本はずいぶん買った。本当のことだけを言う騎士と嘘しか言わない悪漢が住んでいる島の話や、本当か嘘か分からない命題が書かれたいくつかの箱の話など、スマリヤン独特の魅力的な設定で語られるたくさんの論理パズルによって、自分は論理というものの面白さを初めて実感できたように思う。子どもの時分にあれらを読みふけっていなければ、もしかしたら今は違う仕事をしていたかもしれない、という気すらする。そこらへんのパズル本やクイズ本では決して感じられないようなワクワク感があった。

スマリヤンに何とも言えない近しさを感じるのは、彼が優れたピアノプレイヤーであり、一流のマジシャンであったことも大きい。そんな才能もあると知ったのはだいぶあとのことだったが、自分の趣味とことごとく重なっていることに驚いた。今になって思うが、スマリヤンの本を見て楽しんでいたせいで、興味のベクトルがいつの間にか似たような方向を向いてしまったのではないだろうか。もしかしたら、自分が思っている以上に、彼の著作には影響を受けているのかもしれない。

Peperoncino.jpg今日はお昼にペペロンチーノをつくった。ニンニクをカリカリになるまで炒め、冷蔵庫にあった舞茸とさつまクインという鹿児島産のキノコ、それに少量のハムを唐辛子と加えた。ベランダのプランターにまだ少しイタリアンパセリが残っていたので、彩りとして少し散らした。まあまあおいしくできたように思う。

実は、ペペロンチーノは土曜日のお昼にほぼ毎週のようにつくっている。和えるのはたいてい舞茸とベーコンだ。今日は入れるものが普段と少し違ったが、やることは全く同じである。しょっちゅうつくっているから、さすがにこれはすっかり慣れた。カリカリになったニンニクが好きなので、いつも多めに入れること、さらに野菜の水分を吸ってしんなりしてしまわないように、ニンニクを炒めたらいったん取り出しておくこと。これはいつも気をつけている。あとは適当に炒めていれば、向こうの方から味がついてくる。これからもちょくちょくやることになるだろう。

車の定期点検

| コメント(0) | トラックバック(0)

また雪が相当積もっているのではないかと危惧していたが、起きてみるとそれほどでもなかった。ときおりチラチラ落ちてくるのだが、すぐ日も出るので全く残らない。一歩山陰側に入るとかなり降っているようだが、先月の大雪のときとは違い、今回はこのへんにはそれほどたくさんは雪雲が流れてきていないようだ。

夕方から車のディーラーのところまで出かけ、定期点検を受けてきた。保険の手続きも一緒にすませる。その後、近くのショッピングモールで衣類などを買ってから帰宅。

今日は帰宅時にかなりバタバタしてしまった。採点作業と卒論発表会の事前指導で遅くなり、慌て気味に勤務先を出る。この時間に出れば保育園にギリギリ間に合うというタイミングだ。ところが、駐車場に行ってみると車が真っ白になっている。雪が降っていたことをうっかりしていた。あわててフロントガラスの雪を払うが、すでにガチガチに凍り付いていてなかなか落ちてくれない。ある程度払ったところであきらめて走り出そうとするも、思った以上に視界を遮られていることに気づいてすぐ停車し、車内を暖めつつ再度しつこくガリガリとこそぎ落とす。やっとフロントガラスはきれいになったが、この作業にかなり手間取り、保育園のお迎え時間に間に合わなかった。少々延長料金を払うことになるが、こういう日は仕方がないだろう。

何とかそうやって帰宅したところで、今度は勤務先に忘れ物をしてきたことに気づいた。今はとにかくしなければいけない仕事が山積みなので、週末に少しでも進めるべく持って帰るつもりだったのである。明日取りに行くことも考えたが、今夜のうちにたくさん積もると、車を出すのが難しくなるかもしれない。やむを得ず、雪のちらつく中をもう一度勤務先に戻る羽目になった。何とも慌ただしくて落ち着かない金曜日だった。

忙しい日々

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日の午後から、またこのブログが見られなくなっていたようだ。実は昨日の3時頃に、居住しているマンションで点検のために停電することになっていた。そのときにIPアドレスが変わってしまったのだろう。

今週と来週はとにかく忙しい。昨日実施した期末試験を大急ぎで採点しなければいけないし、来週に迫った卒論発表会の練習に同席して学生にアドバイスもしなければならない。それに加えて、来月初めの講演の準備や今抱えている原稿の執筆もある。そういえば、査読の仕事も抱えているのだった。意識して時間を有効に使う必要がありそうだ。

今日は朝から忙しかった。午前中は線形代数学の期末試験。特に大きなトラブルもなく終了。お昼をすませたあと、回収した答案用紙を問題番号別に整理する。何だかあまりできがよくなさそうで、採点結果がどうなるか少々心配だ。

その後、来年度の各種委員を決める会議に出席。さらにそのあと、線形代数学の担当教員の会議に出て、それぞれが採点する答案用紙の受け渡しをする。成績を確定させる日まであまり余裕がないので、これからの数日間のうちに大急ぎで採点をすませなければならない。

それからは部屋に戻ってしばらく自分の研究で出てくる計算のチェックや、来年度使う演習問題の作成などをしていた。6時頃に勤務先を出て保育園に行く。娘を迎えて家まで送り届けたあと、今度はその足で宇品に向かった。今日は大学院生時代の同期のH君がC大からいらしており、その懇親会に参加するためである。H君が広島に来るのは2014年12月以来だ。あのときは雪がひどく、予定していた牡蠣の店が臨時休業しているというアクシデントがあった。今日はそのリベンジである。ほかにW大とY大からもいらしている先生がおり、ホストのM先生も入れて5人でしばらくあれこれ語り合った。

9時頃に店を出たところで、他の方たちと別れて帰路に就いた。あれこれこなした一日だった。

期末試験週間

| コメント(0) | トラックバック(0)

天気予報では晴れる時間帯が多いとされていたのだが、何だか今日はずっとすっきりしない空模様だった。朝方の雨は、夕方の一時期には霙交じりになっていた。この感じだと、また雪の降る日があるかもしれない。

今週は期末試験週間。今日はまず、夕方に教職科目の期末試験があった。受験者は十数名だったが、一人インフルエンザで欠席。このところ、インフルエンザで休む学生や教員の話をよく聞く。一応予防接種は受けているが、自分は何とかやられずに乗り切りたいものだ。

詰四会に行く

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日の好天とは打って変わって、朝から雨。今日は詰四会が宇多津で行われていることになっていた。詰将棋の会合は、岡山で行われる詰備会と、宇多津や松山で行われる詰四会になるべく顔を出すようにしている。11月の詰備会はあいにく参加できなかったので、今日は何としても行くつもりだった。

会場に着いたのは1時過ぎ。ちょうど周辺の道路の交通を規制して行っていたハーフマラソンの催しが終わったところらしく、係員らしき人たちがたくさん出て後片付けをしていた。11月の詰備会では16名も参加されていたと聞いていたが、今日の参加者は自分を入れて7名。やや集まりが悪かったのは残念だった。今の時期は皆さん忙しいのかもしれない。

前回の詰四会では祝賀詰を創るように言われていたのだが、この半年あれこれ試行錯誤してみたものの、人に見せられるようなレベルの作品は結局こしらえることができなかった。祝賀詰は、結婚が決まった人をお祝いするために、奥さんになる方のお名前の形に駒が並ぶ詰将棋を創る。幸い、自分が創ることになっていた文字は、Hさんがちゃんと作品を持ってきてくれていた。ほかの文字についてもよい作品が集まったようで、特にそのうちの1作については、今回の会合中にみんなで検討することでさらに完成度が高くなった。

2次会には、自分を含めて5人が出席。7時頃に失礼して帰路に就いた。

大久野島に行く

| コメント(0) | トラックバック(0)

ここのところ、週末はどちらかというと天気が悪くなることが多かったが、今朝は快晴だった。今日は妻も仕事が休みだったので、どこか行楽に出かけようということになる。昨日のうちから、一度行ってみようと話していたのが、瀬戸内海に浮かぶ島、大久野島である。ここはたくさんのウサギがいる島として知られている。家からは実は1時間ちょっとくらいで行けるのだ。

Okunojima2.jpgOkunojima1.jpg島へ行くには、忠海(ただのうみ)港から船で渡るしかない。行きがけにガソリンスタンドに立ち寄って給油したせいで、到着が少し遅くなってしまった。予定していた便より1本遅い11時20分の船で海を渡る。島の桟橋に到着すると、もうあちこちにウサギがモゾモゾしている。観光客用のバスに乗って休暇村まで移動し、レストランでお昼をすませてしまうと、早速そのへんのウサギに近づいてみた。ここでは、ウサギには自由にエサをやってよいことになっている。ただし、エサは島で販売されているわけではなく、自分で持ってこなくてはならない。妻が家からキャベツを持ってきていたので、これをちょっとちぎるとワラワラとウサギが集まってくる。娘も大はしゃぎでウサギと戯れていた。

Okunojima4.jpgOkunojima3.jpg大久野島は、ウサギの島としてだけでなく、戦前・戦中に毒ガスを製造する工場が置かれていた島としても知られている。島のあちこちには、当時の貯蔵庫や発電所が廃墟となって残されているほか、休暇村の近くには毒ガス資料館もある。今回はあまりじっくり見ることができなかったが、こういう負の歴史の残骸とかわいらしく動き回るウサギが同じ風景の中に存在しているというのが、何とも興味深かった。

4時前には忠海港に戻り、帰路に就いた。また日をあらためて訪れてみたいと思う。

卒論提出日

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝方、指導している4年生に会うと、すぐ卒論を提出に行かせる。昨日のうちに、最終版の印刷と製本をすませておいたのだ。こういうのは、提出締切ギリギリになって何かトラブルが起きることが少なくない。重大なミスが見つかったり、突然プリンタが故障したり、全く予想していないことが突然起きるようにできているのである。幸い、今回は特に何事も起こらず提出できたのでホッとした。もっとも、これでまだ終わりではなく、2週間後に卒論発表会が控えている。それが終わるまではまだ落ち着かない。

午後は少し時間ができたので、自分の研究に少し時間を使うことができた。6時過ぎに勤務先を出て保育園へ。今日は鬼がやってきたようで、娘は大泣きしていたそうだ。帰宅後の夕飯は手巻き寿司で、調子に乗って口に運んでいたら食べ過ぎで苦しくなってしまった。



上の手順は底本に書かれているものだが、1.Re3 Kf5の変化で2.g4?としたときは2...Bf8! 3.Bxf8 Qxg2 4.Be7+ Kg7とするのも有力なようだ。また、1.Re3 Kf5 2.g4? Bh8? 3.Kh6には3...Qd8より3...Qd7の方がよいかもしれない。いずれにしても、本作の完全性に影響を与えるものではない。

今日から2月

| コメント(0) | トラックバック(0)

つい先日、新しい年が来たと思ったのに、もう2月になってしまった。早いものである。2月は1月よりもっと逃げ足が速い。毎日を無為に過ごさぬよう気をつけなければいけない。

学生の卒業研究もいよいよ大詰め。すでに研究内容を1ページにまとめた要旨の原稿の締切が先週あり、今週末はいよいよ本編の締切である。今日は午前中と夕方に学生と会い、内容について最終的なチェックと修正を行った。締切日にあれこれ直すのは避けたいので、明日までには完成させてほしいところ。その後は卒研発表会の準備である。もう少しの辛抱だ。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このアーカイブについて

このページには、2017年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年1月です。

次のアーカイブは2017年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07