Leonid Kubbel's Endgame Study No.354

| コメント(2) | トラックバック(0)



上の手順は底本に書かれているものだが、1.Re3 Kf5の変化で2.g4?としたときは2...Bf8! 3.Bxf8 Qxg2 4.Be7+ Kg7とするのも有力なようだ。また、1.Re3 Kf5 2.g4? Bh8? 3.Kh6には3...Qd8より3...Qd7の方がよいかもしれない。いずれにしても、本作の完全性に影響を与えるものではない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2240

コメント(2)

1...Kf6 は2.Be7+ があるから1...Kf5 が正解だろう、と安易に考えたのが失敗でした。
いつも不思議に思うのですが、「間違った」と判明すれば、その瞬間、2.Be7+ 以下の手順も1...Kf5 以下の手順もスラスラっと「見え」ます。
犯罪やスキャンダルもきっとそうでしょう。発見された瞬間に良心が湧いて後悔したりする。

コメントありがとうございます。
対局でも詰将棋でもプロブレムでも、分かったあとで見ると、
何でこんな簡単な手が見えなかったんだろうと思うことはよくありますね。
でも、見えないんですよねえ。

コメントする

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

このブログ記事について

このページは、natsuoが2017年2月 2日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今日から2月」です。

次のブログ記事は「卒論提出日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07