大久野島に行く

| コメント(0) | トラックバック(0)

ここのところ、週末はどちらかというと天気が悪くなることが多かったが、今朝は快晴だった。今日は妻も仕事が休みだったので、どこか行楽に出かけようということになる。昨日のうちから、一度行ってみようと話していたのが、瀬戸内海に浮かぶ島、大久野島である。ここはたくさんのウサギがいる島として知られている。家からは実は1時間ちょっとくらいで行けるのだ。

Okunojima2.jpgOkunojima1.jpg島へ行くには、忠海(ただのうみ)港から船で渡るしかない。行きがけにガソリンスタンドに立ち寄って給油したせいで、到着が少し遅くなってしまった。予定していた便より1本遅い11時20分の船で海を渡る。島の桟橋に到着すると、もうあちこちにウサギがモゾモゾしている。観光客用のバスに乗って休暇村まで移動し、レストランでお昼をすませてしまうと、早速そのへんのウサギに近づいてみた。ここでは、ウサギには自由にエサをやってよいことになっている。ただし、エサは島で販売されているわけではなく、自分で持ってこなくてはならない。妻が家からキャベツを持ってきていたので、これをちょっとちぎるとワラワラとウサギが集まってくる。娘も大はしゃぎでウサギと戯れていた。

Okunojima4.jpgOkunojima3.jpg大久野島は、ウサギの島としてだけでなく、戦前・戦中に毒ガスを製造する工場が置かれていた島としても知られている。島のあちこちには、当時の貯蔵庫や発電所が廃墟となって残されているほか、休暇村の近くには毒ガス資料館もある。今回はあまりじっくり見ることができなかったが、こういう負の歴史の残骸とかわいらしく動き回るウサギが同じ風景の中に存在しているというのが、何とも興味深かった。

4時前には忠海港に戻り、帰路に就いた。また日をあらためて訪れてみたいと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2242

コメントする

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

このブログ記事について

このページは、natsuoが2017年2月 4日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「卒論提出日」です。

次のブログ記事は「詰四会に行く」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07