レイモンド・スマリヤン死去

| コメント(0) | トラックバック(0)

レイモンド・スマリヤンが亡くなったというニュースを知った。2月6日に97歳で息を引き取ったという。大往生といってもいいお年だが、確かにそれくらいになっていてもおかしくない。自分がまだ十代のころに親に買ってもらった本には、もうあのガンダルフのようなヒゲを生やした顔の写真が出ていたような気がする。

スマリヤンの本はずいぶん買った。本当のことだけを言う騎士と嘘しか言わない悪漢が住んでいる島の話や、本当か嘘か分からない命題が書かれたいくつかの箱の話など、スマリヤン独特の魅力的な設定で語られるたくさんの論理パズルによって、自分は論理というものの面白さを初めて実感できたように思う。子どもの時分にあれらを読みふけっていなければ、もしかしたら今は違う仕事をしていたかもしれない、という気すらする。そこらへんのパズル本やクイズ本では決して感じられないようなワクワク感があった。

スマリヤンに何とも言えない近しさを感じるのは、彼が優れたピアノプレイヤーであり、一流のマジシャンであったことも大きい。そんな才能もあると知ったのはだいぶあとのことだったが、自分の趣味とことごとく重なっていることに驚いた。今になって思うが、スマリヤンの本を見て楽しんでいたせいで、興味のベクトルがいつの間にか似たような方向を向いてしまったのではないだろうか。もしかしたら、自分が思っている以上に、彼の著作には影響を受けているのかもしれない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2250

コメントする

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

このブログ記事について

このページは、natsuoが2017年2月13日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キノコのペペロンチーノをつくる」です。

次のブログ記事は「Leonid Kubbel's Endgame Study No.355」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07