2017年3月アーカイブ

年度末

| コメント(0) | トラックバック(0)

あっという間に2016年度最後の日を迎えた。もう桜のつぼみも緩んできているというのに、今日の冷え込みは厳しかった。夜半から降り始めた雨も一向にやまない。夕方に勤務先を出るとき、西側に見える小高い山を見たら、山頂近くにうっすら雪がうっすら積もっているのが見えた。冬将軍の最後の抵抗だろう。

今日はお昼過ぎまで演習問題の作成作業をして、その後はひたすら部屋の片付けをして過ごした。机のあちこちに積み上がった書類の山を分別していく。過去の授業で使った資料の余りなどが多いが、開けもしないで放置してあるダイレクトメールもかなり出てきた。どうせ読まないのなら、届いたそばから捨てていけばよいのだ。新年度は、もう少し意識して部屋をきれいに保つことを心がけよう。

夕方までに、机の上はだいぶ片づいた。まだ少し作業が残っているが、それはまた来週に。

LeverPasta.jpg妻が仕事で遅くなるというので、何か夕飯をつくっておこうと思い立つ。またパスタがいいと言われたが、先週、出張前にボンゴレビアンコを、さらにそのもう少しにウニクリームパスタもつくったばかり。どうしようか迷ったが、少し違う味なら飽きも来ないだろうということで、久しぶりに鶏レバーのパスタをつくってみた。につくったのは昨年の2月。1年以上も間が空いてしまった。フライパンに火を入れてからはそう大変でもないのだが、その前に鶏レバーの下処理をしなければいけないので、どうしても腰が重くなるのである。よく洗って血や脂を取り除いてから牛乳につけて臭みを取るのだが、実際のところ、どの程度洗ってどの程度頑張って血の塊を除去すればいいのか、よく分からないでやっている。まあ今回も適当に処理したが、食べてみて臭みを感じるようなことはなかったので、うまくいったのだと思いたい。

パルミジャーノチーズはたっぷり散らした。イタリアンパセリと唐辛子は、味よりは彩りの意味合いが強い。まあまあ思っていた通りにつくれたので満足。

カワセミを折る

| コメント(0) | トラックバック(0)

OrigamiKingfisher2.jpgOrigamiKingfisher1.jpg折紙でカワセミを折ってみた。実は少し前にほぼ折り上がっていたもの。モデルの作者は萩原元氏で、紙は24cm×24cmのタント紙を用いている。今月初めに帰省していたとき、実家近くの公園で散歩していたら、池の畔にカワセミがいるのを見つけた。カワセミの姿を生で見るのは初めてだったが、さらにそのカワセミが水面に突進して小魚を見事に捕まえるところまでをしっかり目撃することができたのだ。テレビなどで狩りの様子を見たことはあったが、実際に自分の目で見ることができたのは幸運だった。それで、広島に戻ってから早速これを折ってみることにしたのである。折り始めてみると、完成するまでにそれほどは時間はかからなかった。

実際のカワセミは、背中は青色なのに対してお腹はきれいな橙色をしており、そのコントラストが実に美しいのであるが、折紙ではそこまで再現することは難しい。それでも、獲物を探してじっとしている様子がよく出ているのではないだろうか。萩原氏は本作だけでなく、カワセミが獲物を見つけて飛び立ったところ、獲物に向かって急降下しているところ、そして獲物をくわえて水面から上昇するところの折紙も作成されている。4体並べると、狩りの様子が再現されるのである。この凝りようは並みではない。時間があれば、ほかのポーズも折ってみたいと思う。

(折紙モデル:"Kingfisher", 萩原元 "Spirits of Origami" (Passion Origami Collection) 所収)

広島に帰宅

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日もS大で行われている学会に行く。少しましな天気になるのでは、という期待は脆くも打ち砕かれた。朝起きてみると土砂降りである。相変わらずひどく寒い。幸い、ちょうど出かけようとしたころに少し降りは弱まったが、それでもザーザーと形容するのがよいくらい降っていた。おまけに、バスがなかなか来ない。来たら来たで、今度は道路が渋滞していてなかなか進んでくれない。バスの中も混んでいて、濡れた傘やカバンを押しつけられそうになるのには閉口した。ようやく駅に着いてからも、電車があちこちで少しずつ遅れていたため、会場到着が予定より大幅に遅れてしまう。やはりS大は遠い。

会場に滞留していた時間はそれほど長くなく、お昼過ぎにはもう引き揚げることにする。駅前でラーメンを食べたあと、再び電車に乗って東京駅へ。3時少し前の新幹線に乗った。何とも皮肉なことに、ちょうど東京を去ろうとするまさにそのタイミングで雨がやみ、雲がようやく切れてきた。どうも明日は平年並みの気温に戻るらしい。新幹線の車内も相当混雑しており、広島に着くまでデッキに立っている乗客がいたようだった。

7時半頃、無事自宅に到着。今回の出張は、とにかく天気に恵まれなかった。

朝早く起きて、日本数学会年会の行われているS大へ向かう。日曜日ということで電車は空いていたが、何しろ寒い。3月も下旬になって、こんな冷たい雨に降られるとは予想していなかった。

会場には予定通りの時間に到着。一般講演をしばらく聴講した後、書籍売場を少し見て回る。お昼はいったん駅前まで戻り、適当に定食屋に入ってすませた。

1時から数学教育学会の分科会に出席。その後代数学分科会に回り、代数学賞の授賞式と受賞記念講演を聴講する。師匠であるK先生の話もしっかり聴くことができた。

終了後、会場に来ていたHくんと駅前のイタリアンレストランで夕飯。学生時代の思い出話に花が咲いた。8時半過ぎに店を出て帰路に就く。最後まで冷たい雨はやまなかった。

東京に移動

| コメント(0) | トラックバック(0)

午前中のうちに買い物へ行く。いったん家に帰り、昼を食べて一服してから1時40分頃に出発。予定していたより1本早い新幹線に乗り、東京へ向かう。車内はそれほど空いてはいなかったが、幸い隣の座席はずっと空席のままだったので、ゆったり過ごすことができた。

実家の最寄り駅にたどり着き、外に出たときにずいぶんと空気が冷たいのにびっくりする。広島ではだいぶ暖かくなってきたので、春分の日を境にコートを着るのをやめていた。東京でも暖かくなってきていたはずだが、ここ数日だけはひどく冷え込むようだ。おまけに、明日は冷たい雨が降るらしい。どうもタイミングが悪いが、仕方がない。

明日と明後日は、S大で行われる学会に赴く予定。

VongoleBianco.jpg帰宅した妻から、アサリを買ってきたからこれを使ってパスタをつくってくれと言われる。ボンゴレロッソよりボンゴレビアンコがいいとのこと。早速台所に立った。

ボンゴレビアンコはちょうど1ヶ月前にもやったばかり。そのときは砂抜きが面倒で、買ってきたものをそのまま使ったら、やはり何度かガリッときた。やはり楽をしてはいけない。今日は横着せず、しっかり塩水をつくってアサリを浸しておいた。あとはいつも通り。ニンニクはたっぷり多めに使ってみじん切りにした。ベランダのプランターにはまだイタリアンパセリがほんの少し残っていたので、使えそうな葉をいくつか摘んでくる。あとはオレガノも少し振り入れた。

今回もまあまあうまくできた。アサリも砂抜きがうまくいって、ガリッとくることはほとんどなかった。しかしアサリはいい。それ自体もおいしいが、何といってもカパッと口が開いたときに流れ出るエキスがうまい。これがオリーブオイルと合わせると素晴らしい味になる。これからが旬、また近いうちに楽しみたい。

謝恩会に出席

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は勤務先の卒業式と謝恩会があった。卒業式には出席しなかったが、学科ごとに行われる学位記授与式には顔を出してみた。ついこの間、1年生で線形代数や微積を教えたと思った人が、もうリクルートスーツで学位記を受け取っている。サイクルがどんどん早くなっていくようだ。

夕方から、街中のホテルで謝恩会に出席。立食パーティー形式で、中央のテーブルにある食べ物を皿に盛ってきては隅っこの丸テーブルに戻り、この1年面倒を見た学生と談笑する。同じ研究室の学生で将棋好きがいると分かり、早速詰将棋を少し紹介してみたら結構面白がってくれた。こんなことなら、もっと早い時期に詰将棋談義をしておくんだったと少し後悔する。

8時半頃に宴は終了。バスセンターまでぶらぶら歩き、9時過ぎのバスで帰宅。

ラジノリンクス

| コメント(0) | トラックバック(0)

だいぶ暖かくなってきた。天候や時間帯によってかなり気温が変動するため、着ていくものが難しくなってきている。先週までは冬のコートを着込んでいたが、今日はセーターにジャケットを羽織っただけで出かけた。来月になれば、もっと薄着にする必要があるだろう。

今日の夕飯はサンマだった。身をほじくっていくと、内臓のあたりから赤い糸くずのようなものが出てくる。にも書いたラジノリンクスという寄生虫である。サンマを食べると、2回に1回は入っているように思う。初めて見たときはちょっと気色悪く感じたが、昨年、鯛の口中から出てきたタイノエというグロテスクな寄生虫を見たあとでは、むしろかわいらしいとすら感じるようになってしまった。



底本では2手目の黒の応手から分かれる2つの変化が並置される形になっていたが、ここでは棋譜再生の都合上、片方をメインラインとして扱っている。単純なステイルメイト、ピンされた駒がいるステイルメイト、そしてパーペチュアルチェックと、黒の応手によって分岐したラインのゴールとして3つのドローの形態が味わえる。

実はKubbelは当初、白の黒マスビショップをe7に置いていた。だがこの初形だと、ステイルメイトを全く含まない解が独立した形で生じてしまう。すなわち、1.Rd6 (次に2.Bd6でQを取るスレット) 1...Qe5 2.b8Q+ Qxb8 (2...Kxb8 3.Bd6+) 3.Rd7+ Ka8 4.Bb7+ Ka7 5.Bc8+という手順である。作者が意図していなかったこの手順は、Tijdshrift van den NSBの1907年11月号に掲載された。今回紹介した修正図は、1925年のKubbelの作品集で与えられたものである。

AsaZoo2.jpgAsaZoo1.jpg春分の日らしく、今日は春らしいぽかぽかとした陽気になった。三連休なのに、一昨日も昨日も特に遠出もせずに過ごしてしまったので、今日くらいは行楽に出かけようということになり、久しぶりに安佐動物公園まで足を伸ばしてきた。に行ったのはおそらく昨年の2月で、ほぼ1年ぶりの訪問ということになる。

着いたのはお昼過ぎだったが、すでに第1・第2駐車場は満車になっており、かなり遠くの第3駐車場に誘導された。園内はいたるところ家族連れで大賑わい。入口近くのベンチに座り、遠くに見えるシマウマやキリンを眺めながら軽いお昼をすませる。それからはいろいろ動物を見て回った。特に長居をしたのが家畜動物とふれあえるエリアで、娘はヒツジのふわふわの毛がすっかり気に入ったようだった。さらにこのエリアにはアスレチックのようによじ登れるネットやチューブ状のすべり台などが設置されており、子どもたちに大人気だった。娘も面白くて仕方がないようで、動物そっちのけで何回もネットをよじ登って遊んでいた。

アスレチックでエネルギーを使い果たしたのか、その後はぐったりしてやがて昼寝を始めてしまったので、3時半過ぎには引き揚げることにした。ドラッグストアとスーパーに立ち寄って買い物をしてから帰宅。午後から少しずつ雲が増えてきていたが、雨が降り出したのはちょうど家に帰ったすぐあと。なかなかよい時間の使い方だった。

CheeseCake.jpgSeaUrchinPasta.jpg今日はウニクリームパスタをつくった。ウニはとにかく高いので、普段はよほどの安売りになっているウニを見つけたときでなければまず手は出さないのだが、今日使ったのは北海道産のかなり高級なウニ。実は先日実家に帰省した際、ウニの缶詰を持たせてもらったのである。これはパスタにしたらきっとおいしいに違いない。ウニの他にはニンニクとタマネギだけを入れ、生クリームとバターで濃厚に仕上げた。

こんな贅沢なものを使っていれば、おいしくないわけがない。ただ、もしかしたら別の日につくった方がよかったかもしれない、とあとから反省した。というのも、今日は娘にも手伝ってもらって、午前中にチーズケーキをつくっていたのである。こちらも当然ながらチーズをたっぷり使っており、デザートとはいえかなり腹にたまる。ウニクリームパスタのあとにこのケーキを食べたら、乳製品のオンパレードで少々胃がもたれ気味になってしまった。個々がおいしくても、これではもったいない。今度から気をつけよう。

夕方に公園へ

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日は少し体調が悪いと感じたので、いつもより早めに勤務先を失礼した。保育園に娘を迎えに行った後、帰宅して熱を測るとやはり高くなっている。鼻水とくしゃみも止まらなかったので、早めに床に就いた。

今日が休みでゆっくり寝ていられたのは幸いだった。十分寝られたせいか、今朝にはもう平熱に戻っており、調子も悪くない。まだ鼻水やくしゃみはあったが、午後になるとそれもだいぶ治まってきた。明日も休みだし、この分なら完全に復調できるだろう。

今日は夕方から、近所の公園に出かけた。本当はその公園の近くにある小さな梅苑で梅を見るつもりだったのだが、行ってみたら梅苑の入口に柵が置かれていて入れなかったのである。公園では子どもたちがたくさん遊んでおり、娘が加わろうとすると女の子が一人話しかけてきてくれた。まだ小さいのに、コミュニケーション能力が高いなあと感心。自分が子どものころには、知らない子が公園にいても話しかけるなんてことはとてもできなかったように思う。その子と何度も一緒にすべり台をすべったりして、娘もかなり楽しんだようだ。

日が山に隠れたところで引き揚げる。スーパーで買い物をして6時頃帰宅。

少々風邪気味

| コメント(0) | トラックバック(0)

今週に入ってから風邪をひいて鼻水をよく出していた娘は、今朝にはだいぶよくなった。今日は保育園にお弁当を持って行くことになっており、楽しみで仕方がないという様子で出かけていった。

入れ替わるように、こちらはだんだん鼻水が出るようになった。目もしょぼしょぼするし、くしゃみも止まらない。もしかしたら花粉症なのかもしれないが、おそらくそうではなく、単に風邪をどうやらうつされたようだ。まあ週末にはよくなるだろう。

昨日は誤植に気づいてひどくがっかりさせられたが、ツイていないことはそれだけではなかった。

一つ目は、妻がネットショップで購入し、昨日届いた衣類である。色もサイズも問題なくてなかなかいい買い物だと思ったのだが、よく見たら襟の部分にうっすらと黄色いシミがついているのである。せっかく手元にきたのに、また送り返して別のものに交換してもらうことになった。面倒だが仕方がない。

もう一つ、うちではずっと生ゴミ処理機を使い続けてきた。購入したのが2005年の10月だから、もう11年以上ゴミを放り込み続けてきたことになる。昨日、皿洗いを終えてから生ゴミをまとめて処理機に入れ、いつものように電源ボタンを押したところ、パチンと乾いた音がして電源ランプがすぐ消えてしまった。何度押しても、コンセントを抜き差ししても、反応が変わる様子はない。どうもすぐには直りそうもない。まあ11年も稼働させ続けてきたのだから、ついに寿命が来たということだろう。

一つ一つはよくある話でどうということもないのだが、誤植発覚の件とも合わせて次から次に起きたので、何だか呪われているような気になってしまった。まあこういう日もある。打って変わって、今日は特に何事もない穏やかな一日だった。

まさかの誤植

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日はがっかりするようなことが続いた。具体的には、自分が関わった本や記事に誤植があるのを見つけるということが、2つ連続して起きたのである。1つ目は来年度から使う解析学のテキストで、演習問題の記述に誤りがあるのを見つけた。見直したつもりだったのに、とがっくりしていたが、夕方になってもっとショックを受ける誤植に気づいてしまった。昨日書いた「数学セミナー」の記事で、こともあろうに自分の勤務先が書かれた部分に誤植があったのである。もしかして異動されたんですか、と知り合いからたずねられるまで、間違っていることに全く気づかなかった。勤務先の情報を書き入れたのは自分ではないが、校正刷りが来たときに気づかなければいけなかったのだ。何よりもまず詰将棋の図面に誤りがないかということばかりに気をとられ、ひたすら自分の原稿の内容ばかり見直していた。誠に迂闊というほかない。詰将棋を語っているわりに、どうもツメが甘くていけない。仕方がないので、次号に訂正を入れてもらおう。

今日はほかにもツイていないことがあったが、その話はまた明日以降に。

詰将棋の世界

| コメント(0) | トラックバック(0)

帰宅すると、「数学セミナー」の4月号が届いていた。早速パラパラとページを繰ってみると、少し前に送った原稿が出ている。今号から、詰将棋に関する連載をするのである。最初に話をいただいたときは、自分のような下っ端が偉そうに詰将棋の講釈をたれるなんて身の程知らずではないかと思ったし、今でもそう感じていないわけではない。ただ、将棋関係の雑誌やメディアではなく、こういう媒体に詰将棋の話題が載るということは、あまりないことだろう。せっかくこうした機会が訪れたのだから、詰将棋とその周辺の世界の入口付近を案内するくらいはできるかもしれないと思い、やってみることにした。

それにしても、読者層としてどれくらい将棋や詰将棋に親しんでいる人を想定すればよいかが難しい。単なる終盤の練習問題ではない、詰将棋としての面白さをいろいろ扱おうとすると、どうしても話が長くなる。専門誌ではないのだから、あまり突っ走るわけにはいかない。しかし、一般的な入門書のような内容ばかり書いて、詰将棋というのはこんなものか、と思われるのも癪だ。そのへんのバランスをどうするかが悩ましいと感じている。

ルッコラの花

| コメント(0) | トラックバック(0)

Rucola2.jpgRucola1.jpg先月、ボンゴレビアンコをつくったときにプランターのルッコラを少し摘み取ったが、もうこれで今シーズンの収穫は終わりだろうと思った。すでに葉の形が変容し始めていたからである。実際、3月に入ってから中心部の茎が真っ直ぐ伸び始めていた。まだ寒い日もあるのだが、この植物は春の訪れを実に敏感に感じ取る。

今朝ベランダに出てみると、いくつかの株のてっぺんに白い花がついているのを見つけた。昨日見たときには気づかなかったので、一日の間に一気に進んだようだ。まだつぼみに近い状態だが、この分なら数日できれいに咲きそろうだろう。

回鍋肉をつくる

| コメント(0) | トラックバック(0)

Hoikoro.jpg今日は回鍋肉をつくった。前につくったのはおそらく11月だ。豚小間切れ肉とキャベツ、それにネギを少し加えて醤油と甜麺醤で味をつけるというのがいつものやり方である。今回もそのつもりでいたのだが、午前中に近所のスーパーまで買い物に出たとき、うっかりネギを買ってくるのを忘れてきてしまった。冷蔵庫の中を見て見ると、古くなったネギの切れ端があるだけ。ないよりはましと思って少しだけ使ったが、キャベツに紛れてどこにあるか分からなくなってしまったので、必要がなかったかもしれない。娘も食べるので、今回も唐辛子は入れず、炒める油に花椒の粉を少し加えるだけにしておいた。

回鍋肉は、簡単にできるのに肉も野菜もたっぷり入ったおかずになるので、手早く何かつくらなければいけないときにうってつけだ。適当にやってもそれらしくなってくれるので、気楽な気分でできる。またそのうちやってみよう。次はネギを買うのを忘れずに。



底本では、黒の8手目からの2つのラインが並置されていたが、ここでは棋譜再生の都合上、片方をメインラインとして扱っている。本作は生前には発表されなかったようだが、やや大味な印象はあるものの、白黒双方に見せ場があり、それほど悪い作品でもないように思う。

普段通りの日

| コメント(0) | トラックバック(0)

今朝は寒く、少し雪がちらついていた。雪雲の切れ端が近くを通るたびに、ひらひらと白いものが落ちてくる。しかし、日が高くなるにつれて青空が広がり、やがて雲一つない快晴になった。

このところイレギュラーな日々が続いていたが、今日は久しぶりにすべてが普段通りの日。会議などもなく、ずっと部屋で過ごした。ためにためていた仕事をずっとやっていたが、まだまるで終わる気配がない。明日も引き続き取り組むことになりそうだ。

3泊4日の実家滞在最終日。今回は天気にはあまり恵まれず、一昨日も昨日も雨が降ったりやんだりの天気だったが、今朝は雲一つない快晴になった。ただ、気温は低い。今日は全国的に寒かったようだ。

予定では11時半の新幹線に乗るつもりだったが、総武線快速のダイヤが大きく乱れており、予定よりかなり遅れてしまった。あの人混みの中、子どもを抱きかかえつつキャリーバッグを押すのはそれなりのエネルギーと時間を要する。結局、予定から40分遅れの12時10分発の新幹線で出発した。

5時頃に無事広島の自宅に到着した。一服したあと、家族を残して一人再び出かける。S大のK先生が広島に出張で来られているので、牡蠣の店でも行きましょうと約束をしていたのである。7時から9時半頃まで、牡蠣のコース料理をいただきながらあれこれお話しした。店を出て電車通りに出たところでお別れする。

やや強行軍だったが、何とか予定通りに行動できた。3月に入ってから出張と帰省が続き、さらに給湯器の故障という思わぬトラブルまで加わってちょっと大変だったが、やっとこれで一段落だ。明日からしばらくは平常運転に戻れるだろう。

水鳥の観察

| コメント(0) | トラックバック(0)

Junsaiike2.jpgJunsaiike1.jpg今日は妻が仕事で出かけたので、両親と娘と自分の4人で留守番をしていた。あいにく雨が降っており、日中は実家でおとなしくしている。夕方になって雨がやんだので、近くの公園までみんなで散歩に出かけた。この公園は細長い池があり、水辺にさまざまな鳥がやってくる。両親はこのところこの池によく散歩に来ているそうで、いつの間にか水鳥にやたらと詳しくなっていた。娘もいろいろな鳥が見られて、それなりに楽しんだようだ。雨上がりで足場は悪いところもあったが、あちこちに梅の花も咲いていて、自分にとってもよいリフレッシュになった。

実家に移動

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日からしばらく、実家に滞在する。娘が生まれてから家族で行くのは、これが初めてだ。新幹線にかなり長時間乗らなければならないため、何かトラブルが起きないかが心配で、これまでは行くのを控えていた。3歳になって言葉によるコミュニケーションがかなりはっきりできるようになってきたので、思い切って一度行ってみることにしたのである。

1時少し前の新幹線に乗って東京へ。車内でサンドイッチの昼食をすませたあと、娘はおとなしく昼寝をしてくれた。その後も特にトラブルもなく、夕方に無事実家に到着。祖父母に遊んでもらって娘も満足したようだった。

保育園の発表会

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝方、9時過ぎに家族そろって家を出て保育園へ向かう。今日は0歳~2歳児クラスの発表会なるものが行われるのである。去年も娘は参加していたが、自分は見に行くのは初めてだ。

発表は0歳児クラスから。もちろんまだ何か出し物をやるというよりは普段の保育の様子を紹介するというのに近いが、それでも保育士の先生の呼びかけに反応したり、手をあげて笑ったりするだけで会場が和んだ空気になっていた。続く1歳児クラスでは、もう少し発表らしきことができるようになる。中には勝手にはしゃぎ回ったり大声で叫び続けたりという子もいるが、この時期ならそれもご愛嬌だ。

最後の2歳児クラスは、それまでと打って変わって劇仕立ての出し物ができるようになる。やはりこの年になると、言葉でのコミュニケーションがかなりできるようになることが大きいのだろう。うちの子も、結構タスクを忠実にこなしていてちょっと安心した。

終了後、3人でぶらぶら家まで歩いて帰る。日射しが暖かく、もう春の陽気を感じた。

広島に帰宅

| コメント(0) | トラックバック(0)

KG大の研究集会2日目。やはり自分の講演が終わったのでだいぶ気が楽だ。午前中の講演は2つ。Nさんによる2つ目の講演は、今回初めてのプロジェクタ講演だった。昨日の自分の講演も、部分的にでもプロジェクタを使った方がよかったのかもしれない。お昼は昨日に引き続き、T大のTさんと食べる。久しぶりに落語の話などをして楽しんだ。

午後はM先生の講演まで聴いたところで失礼する。新大阪駅で名物の豚まんを買ってから新幹線に乗った。帰宅は7時半過ぎ。給湯器の故障がどうなっているかが気がかりだったが、幸い今朝の修理で無事復旧したとのことで、温かいお湯に浸かることができた。これで懸案事項が片づいて一安心。

梅田で講演

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日と明日は梅田で行われる研究集会に参加する。まだ暗いうちに起き、身支度を調えてから7時過ぎのバスで広島を出発。疲れがあまり取れておらず、あまり調子はよくなかったが、とにかく出かけないわけにはいかない。新幹線の中でも、あまり講演の準備はできなかった。

研究集会の会場には十分余裕を持って到着した。講演開始は10時半からで、午前中の講演は2つ。お昼は、T大のTさんとそば屋に入った。午後の講演は3つで、その2つ目が自分の講演。やはり準備不足がたたってあまりできはよくなかったように思う。もっとも、終わってからうまくいったと思えるようなことは、実際のところほとんどない。いつも反省、反省である。

今日の講演がすべて終わったあと、TR大のI先生とすぐ近くのとんかつ屋に入る。7時過ぎには別れてホテルに入った。やっと温かいシャワーを浴びることができたときは、生き返ったような心地だった。自宅の給湯器は、今日も壊れたままのはずだ。明日修理が無事行われることを祈りたい。

給湯器の故障

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日も大変な日だった。例の給湯器の故障問題が結構面倒なことになってしまった。夕方に修理の担当者が来て、これでやっと解決すると思いきや、予想していなかった部品が壊れていたため、今日中には直せないという。その部品が届くのが遅くても明後日ということで、これで今日も明日も風呂を沸かせないということになってしまった。自分は明日から1泊2日で出張だが、残る家族は明日もお湯を沸かせない状況で夜を過ごさなければいけない。これはかなりの不便である。

実は、給湯器は故障しているものの、ガスコンロや暖房は問題なく作動する。そこで今日は、鍋ややかんを総動員して片っ端からお湯をつくり、浴槽に注いで少しでも風呂らしくしようと粘った。しかし結局、多少のぬるさを感じるくらいのお湯にするのが精一杯。頑張って入ったが、当然ながら寒かった。

明日は早朝に出発して10時過ぎには大阪に行かねばならない。午後には講演もある。前日くらいは準備にもっと時間を割きたかったが、給湯器問題でそれどころではなくなってしまった。もう明日は、無難にすんでくれれば十分という気分である。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このアーカイブについて

このページには、2017年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年2月です。

次のアーカイブは2017年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07