Leonid Kubbel's Endgame Study No.358

| コメント(0) | トラックバック(0)



底本では2手目の黒の応手から分かれる2つの変化が並置される形になっていたが、ここでは棋譜再生の都合上、片方をメインラインとして扱っている。単純なステイルメイト、ピンされた駒がいるステイルメイト、そしてパーペチュアルチェックと、黒の応手によって分岐したラインのゴールとして3つのドローの形態が味わえる。

実はKubbelは当初、白の黒マスビショップをe7に置いていた。だがこの初形だと、ステイルメイトを全く含まない解が独立した形で生じてしまう。すなわち、1.Rd6 (次に2.Bd6でQを取るスレット) 1...Qe5 2.b8Q+ Qxb8 (2...Kxb8 3.Bd6+) 3.Rd7+ Ka8 4.Bb7+ Ka7 5.Bc8+という手順である。作者が意図していなかったこの手順は、Tijdshrift van den NSBの1907年11月号に掲載された。今回紹介した修正図は、1925年のKubbelの作品集で与えられたものである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2282

コメントする

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、natsuoが2017年3月21日 23:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「安佐動物公園に行く」です。

次のブログ記事は「ラジノリンクス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07