タカラダニ

| コメント(0) | トラックバック(0)

Takaradani.jpg今月に入ってから、ベランダのプランターの上を小さな赤い点が動いているのを目にすることがある。今日も大葉のプランターの縁を歩いているのがいた。体長1ミリにも満たないような小さな虫だが、よく見ると足が8本あり、昆虫ではないことが分かる。少し調べてみたところ、どうやらこれはタカラダニというダニの一種らしい。4月後半から5月に現れ、梅雨の時期になるといつの間にかいなくなってしまうという。実際、毎年連休明けくらいになるとこれがうろちょろするのを目にしていた。雨がよく降るようになると姿を見なくなるというのも経験通りなので、間違いないだろう。

ハーブに水をたっぷり遣るためにコケが生えている部分があり、おそらくはそれが目当てでやってくるのだろうと思われる。大発生するなら何とかしなければとも思うが、たまに1匹か2匹歩いている程度で、ハーブにも人間にも取り立てて害はないらしい。自然にいなくなってくれるのを待っていようと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2329

コメントする

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、natsuoが2017年5月13日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Leonid Kubbel's Endgame Study No.363」です。

次のブログ記事は「餃子をつくる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07