吾妻山に行く

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日から今日にかけて、1泊2日で広島県北部にある吾妻山に行ってきた。滞在中はネットワークにつながらなかったのでこのブログも更新できなかったが、天気に恵まれてなかなか充実した滞在になった。

Azumayama2.jpgAzumayama1.jpg昨日の11時過ぎに家を出て、1時頃には宿泊先の吾妻山ロッジに到着。宿の前はなだらかな草地が広がっており、まずは木陰のベンチでゆっくりお昼を食べる。それがすむと、まず近くの小高い丘に登って宿舎側を見下ろす。宿舎と草原と池、遠くの山々、そして青い空と白い雲が一望の下に見渡せて、素晴らしい眺めだった。それから、意を決して吾妻山に向けて登り始める。宿からは所要時間40分で登れるということだったが、何しろうちは3歳児同伴だから、そううまくいくわけがない。まあ行けるところまで行って、適当なところで引き返そうというつもりだった。登り始めは日が照りつけてさすがに暑かったが、木が生い茂っているところまで山道を登ると少し楽になる。勾配や段差が急なところは娘を抱っこしつつ上がっていったが、じきに音を上げるだろうと思っていた娘が結構頑張って自力で登り続けてくれたので、ついに山頂まで達してしまった。てっぺんまで行くのは無理だろうと思っていたので少々びっくり。下りは登りより危険なところも多いので抱っこも増えたが、いつの間にずいぶん体力がついたなとちょっと感心した。

宿で夕飯をすませたあと、もう一度草地に出る。夕方には雲が増えてきていたので夜空を見ることは難しいだろうと思っていたが、見上げてみると降るような星空が広がっていた。雲一つなく、全天無数の星である。高校生のころ、地学部員として東京の光害から逃れるべく房総半島の先までよく出かけたものだが、これだけの夜空を見ることはなかなかできなかったように思う。それくらい、昨夜の空は素晴らしいものだった。天の川もまさに川のようにくっきりと浮かび上がっていたし、流星もいくつか目にすることができた。これほどまでによい状態の星空を鑑賞できたのは誠に幸運だった。

今日の話はまた明日に。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2415

コメントする

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、natsuoが2017年8月20日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「明日からお出かけ」です。

次のブログ記事は「旅行記の続き」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07