2017年12月アーカイブ

大晦日

| コメント(0) | トラックバック(0)

大晦日。午前中のうちにすぐ近くで野菜などを買おうと、義母、妻、娘と4人で出かける。ところがあてにしていた店が今日はお休み。しかたがないのでその場で話し合い、駅前まで出て買い物と昼ご飯をすませてしまうことにした。

義母の家に戻ったのは1時半頃。しばらくのんびりしていると、近くに住む義兄一家が訪ねてくる。今年の正月以来、ほぼ1年ぶりの再会で、男の子二人もまた大きくなっていた。しばらく団欒を楽しんだあと、義兄たちはいったん夕飯の買い物へ。戻ってきてから寿司と年越しそばの夕飯になった。娘も1年前と比べるとコミュニケーションをとるのがうまくなったようだ。8時半頃に義兄一家は帰っていった。

さて、これで2017年も終わり。何だかバタバタしているうちに終わってしまったという感じだ。新しい年は、時を無為に過ごさず、少しでも充実した日々にしていきたいと思う。

それでは皆様、よいお年を。

神戸に移動

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日から3泊4日の予定で、神戸にある妻の実家に滞在する。昨年も12月30日から1月2日までお邪魔させてもらっており、年末年始を神戸で過ごすことが慣例化しつつある。

出発したのはお昼頃。高速道路は順調で、ほとんど混雑するところもなく快走できた。反対側の下り車線は事故渋滞と思われる長い車列が2カ所で発生していたので、もし今日が1月2日だったら大変な時間がかかっていたことだろう。昨年と同じように、吉備SAでの休憩を挟み、5時頃には神戸のお宅に到着することができた。娘はSAでも大人が食べる肉うどんを平らげ、夜もしゃぶしゃぶの肉や白菜をパクパクと食べていてなかなか元気な様子。おばあちゃんに遊んでもらって満足したようだった。

PorkTomatoRucola.jpgベランダのプランターで育てているルッコラが、まただいぶ葉を増やしてきた。寒さが厳しくなってからは生長のスピードも遅くなり、葉もこぢんまりとするようにはなったが、それでも枯れることなく生き続けてくれている。バジルや大葉がもたないこの寒さを耐えてくれるのは助かる。

収穫したルッコラを添え物にして、豚肉のソテーをつくってみた。昨年の10月、一昨年の2月と、1年に1回のペースでやっている。つくるといっても、することといえば豚の肩ロース肉のかたまりを買ってきてフライパンで焼くだけだ。あとはルッコラとマリネにしたトマトを添えれば終わりである。シンプルだが、豚肉とルッコラの相性がよく、なかなかおいしい。豚肉を焼く前に炒めておいたニンニクがまたよかった。

できれば、また来年の年末につくることにしよう。

年賀状の作成

| コメント(0) | トラックバック(0)

雲は出ていたが、今日も穏やかな天気の一日だった。ここ数日は、寒さも緩んで過ごしやすい日々が続いている。妻も今日で仕事納めとなり、明日からは家族そろっての冬休みに入る。

年賀状は25日ごろまでに出すことが推奨されているらしいが、うちではそんなに早く用意したことがない。今年もまだ作成していなかったが、ようやく今日とりかかった。すでに通信面のデザインはだいたいこしらえてあったので、あとは宛先や差出人をミスのないように印刷して一筆添えるだけ。だけ、といっても、これがどうにも時間を食う。結局夜までかかったが、どうにか全部書き終えた。あとは投函するだけだが、まあ明日の朝でよいだろう。

Puttanesca.jpg風邪は少し痰がからむくらいで、もうほとんどよくなった。今日は妻の仕事が遅番とかで出勤が午後からだったので、お昼にパスタをつくることにした。オイル系の簡単なものにしようと思っていたが、冷蔵庫を見るとベーコンも具になりそうな適当な野菜もない。その代わり、瓶詰めのオリーブ、ケイパー、アンチョビが少しずつ残っていたので、ホールトマトを使ってプッタネスカをつくってみた。

何年か前は、プッタネスカは一番の定番メニューで、数ヶ月に一度はつくっていたような気がする。ただ、唐辛子を入れるので少し辛くなること、トマトソースなので衣類にソースが飛び散りやすいことから、子どもが親と同じものを食べるようなったころからめっきり登場回数が減ってしまっていた。前につくったのは昨年の11月、その前は一昨年の8月で、1年に一回のペースだ。

トマトソース系のパスタは大きく失敗する可能性がほとんどなく、どうやってもそれらしいものができる。このところ料理では失敗が続いていたので、こういうときにはうってつけだ。今日も大変おいしくいただくことができた。

仕事納め

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝起きるとまだ本調子ではない感じだったが、出勤してお昼を食べたくらいからはほとんど不調を感じることはなくなった。どうやら峠は越えたようだ。さすがに、風邪をひくのは今年はこれで終わりにしてもらいたいものだ。

今日は午後に4年生と卒業研究の相談をした。以前の休日出勤の代休を取る必要があり、明日と明後日はお休みにしたため、これが今年最後の出勤。年明けも予定通り、1月4日までお休みにした。

クリスマスの朝。うちにもサンタクロースが来て、娘にプラレールの基本セットを置いていった。自分も子供のときに確かこれを買ってもらっていたように思う。息の長いおもちゃだ。

土曜日から現れている風邪の症状がまだ残っている。今日は鼻水、それに少し微熱も出てきた。全快までにはもう少しかかりそうだ。

朝起きてみると、昨日ののどの痛みはかなり引いたが、やはりまだ本調子ではない感じだった。外を見るとどんよりとした曇り空。こんな日は出かけてもしかたがないので、家で年賀状の図案を作ったりしてのんびり過ごしていた。

夕方に近くのスーパーで買い物。午後に降り出した雨は、そのころにはザーザーと形容した方がいいくらいの降りになっていた。寒くて、しかし雪になるほど気温が低いわけでもなく、ただ冷たい雨が降るだけというのは始末に悪い。やはり今日は遠出しなくてよかったようだ。

夕飯はジャガイモのグラタンをつくったが、食べてみるとジャガイモがずいぶんと固かった。最初に電子レンジで温める時間が足りなかったようだ。どうも昨日のプリンケーキといい、今日のグラタンといい、電子レンジやオーブンを使うところで失敗が多い。フライパンや鍋を相手にしている方が向いているのかもしれない。

昨日、何とかこの冬を乗り切りたいと書いたばかりだが、朝起きてみると何だかのどが痛い。これは風邪を引いてしまったか。昨日の今日でこれだから世話はない。まあ症状はのどだけで熱もだるさもないからインフルエンザではないだろうと思うが、これからの数日はあまり無理をせずに過ごした方がよさそうだ。

今日は日中、プリンケーキをつくっていた。これは去年のクリスマスシーズンにもつくったものである。そのときはまあまあうまくいったので、今回も何とかそれらしいものができるだろう、と高をくくっていた。ところがこれが大失敗。プリンの部分が固まりきっておらず、カラメルソースと合わさって溶け出すように崩れてしまった。必要な材料を入れているから味はプリンになっているが、さすがにこの見た目でプリンはないだろう、とがっかり。昨年はうまくいったのに、何がいけなかったのか。ケーキの台座部分を厚くしすぎたため、オーブンの熱がプリン部分に伝わりきらなかったということは考えられる。ともあれ、今回の失敗を次回の反省に生かそう。

のどの調子は悪いしプリンケーキは失敗するしで、何だかどうもぱっとしない一日だった。

今日も天気は快晴。しかし娘の通う保育園ではインフルエンザが現在流行中で、欠席する園児が増えてきているようだ。今日は同じクラスの子が7人も休んでいた。21人のクラスだから実に3分の1である。うちは今のところ親も子もいたって元気だが、もしかしたら2週間ほどに受けた予防接種の効果が出ているのかもしれない。ただ、予防接種をしていてもかかることはあるようなので、油断しないで何とかこの冬を乗り切りたい。

今日は、朝に会議があったほかはずっと自室で過ごした。来週は火曜日くらいまで出勤して年末の休みに入るつもりでいる。

長い会議

| コメント(0) | トラックバック(0)

今朝も寒かったが、上を見上げると雲一つない青空。このところ雲の多い日が続いていたので、これだけ晴れ渡るのは久しぶりな気がする。

今日は午前中はぶっ通しで長い会議。お昼をすませたあと、午後は4年生と会って卒業研究の進捗状況を聞く。そろそろ追い込みにかからないといけない。

さて、明日も朝一番で会議がある。これをこなせば、会議の類いは今年は終わり。もう一踏ん張りだ。

今年最後の講義

| コメント(0) | トラックバック(0)

水曜日なので講義が二つ。午前中の線形代数学、午後の大学院生向け講義だが、どちらもきりのいいところまで終えようとして、最後はやや急ぎ足になってしまった。何年やっても時間配分は難しい。

これで今年の講義はおしまい。今年の初めは1月4日にいきなり講義があったが、今度の年明け最初の講義は1月10日で、少し余裕がある。

狐の嫁入り

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日寒い日が続く。今日は雪こそ降らなかったが、冷たい雨が降ってきたかと思うと日差しが出て、晴れたかと思うと雲が出るという変わりやすい天気。風がかなり強く、荒れ模様だった。日差しがありつつ雨も降ってくるという「狐の嫁入り」の状態の時間もしばらく続いていた。

朝方、娘を歯医者の定期検診に連れて行った。それが終わって保育園に預けたあとに勤務先へ。研究のために必要な文献を読んでいたが、あまりはかどらずに一日が終わってしまった。明日は講義が二つあって忙しいが、何とか時間を見つけて続きがしたい。

豚トロ

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝はまた雪がちらついていた。夜の間に降った分が少し欄干に積もっていたが、雲間から日が一瞬差すと、たちまちすっかりとけてしまった。

夕方に買い物に出かけたほかは家でのんびり過ごしていた。夕飯は焼肉。娘は豚トロの焼肉が好きで、スーパーに行く前から豚トロを買ってと何度も繰り返していた。肉売場に行ってみると、しゃぶしゃぶ用のセットが出ている。店側としても、雪が降るような寒い日は焼肉よりこういうものの方が売れると見ているのだろう。せっかくだから久しぶりにしゃぶしゃぶでも、となりかけたのだが、娘が「豚トロがいい!しゃぶしゃぶいやだ!」と半狂乱になって泣き叫ぶので、予定通り焼肉ということになった。まあまあしゃぶしゃぶは次の週末にでもとっておこう。

Bouillabaisse.jpg今日はブイヤベースをつくってみた。正確には、ブイヤベースのようなものをつくってみた、と言った方がいいのかもしれない。具材が本場とは一部違うからだ。魚介類の鍋であることには違いない。

ムール貝が近くのスーパーにないことは分かっていたのだが、今日はなぜか有頭エビどころかブラックタイガーもバナメイも店頭になく、小さなむきえびのパックしかなかった。しかたがないのでそのむきえびとアサリ、イカ、それにタラを買って帰る。家ではまずニンニク、タマネギ、ニンジン、セロリをみじん切りにし、ニンニクで香りを出してから残りの3種をじっくり炒めた。そこにサフランを加えた水と白ワインとトマト缶を加え、タラとイカとエビを投入。少し煮込んでから砂出ししたアサリも入れてさらに煮込む。最後にベランダから摘んできたイタリアンパセリを散らした。工程としてはこれだけで、思ったほどの手間ではなかった。

ムール貝と有頭エビがないと見栄えの点ではぱっとしないが、味としては悪くなかった。ほんのちょっとだけ入れたサフランの香りがしっかりついている。ニンジンとセロリがベースになったスープもよかった。またそのうちやってみよう。



白がb6で捨駒をすることにより、d8-a5のラインを遮断する。Kubbelは、本作のテーマは白と黒の双方のQがスイッチバックするところにあると指摘している。

夜の頭痛

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨夜はそろそろ就寝しようというころになって頭痛がひどくなった。今朝も少しだけ頭痛が残っているような気がして調子があまりよくないように感じたが、出勤してみると特に問題なくタスクをこなすことができた。今日は水曜日なので、午前中は線形代数学、午後は大学院生向けの講義。午後の講義は直前で講義内容を少し変更したりしたのでかなり慌ただしかったが、何とか対応できた。

睡眠時間が足りていないか、あるいは睡眠が浅くなっているのかもしれない。と、こんなことを書いていながら今夜もちょっと遅くなってしまった。早く寝よう。

雪の朝

| コメント(0) | トラックバック(0)

Snowflakes.jpg今朝起きて外を見ると、やはり雪が降っていた。夜の間、降ったりやんだりを繰り返していたようで、ベランダの欄干の上にも積もっている。近づいてみると、雪の結晶が十重二十重に積み上がっているのが見える。ゆっくり観察していたかったが、何しろ寒くてしかたがないので、写真だけ撮って急いで室内に戻った。

雪が降ると4歳の娘はもちろん大喜びだが、こちらは車の運転のことをいつも心配していなくてはならない。車道の路面が白くなるほどたくさん降ると、徒歩で通勤や保育園の送り迎えをすることを考えないといけなくなる。今日は幸いそこまでの降りではなかったのでいつも通り出かけたが、今シーズンは雪が多いと予想されているらしいので、そういう日もあるかもしれない。

夕方からまた雪が降り始めた。夜のうちに降った分は解けないだろうから、明日は外が白くなっているかもしれない。

夕飯は鍋だったが、育てていたブロッコリースプラウトが大きくなったので、育成容器から出して箸休めに食べた。冬場は育たないのかと思っていたが、こういう寒い時季でも何とかなるようだ。もっとも、種をまいてから食べられる大きさになるまでかなり時間がかかる。夏場なら播種から収穫まで6日くらいしかからないが、今回は確か月初めに種をまいたから、11日くらいかかっていることになる。気温が低いこともあるが、日照時間がとにかく短いので、葉が緑色に変わるまでが長い。とはいえ、2週間に一度でも食べた方が身体にはよいだろう。

先週の日曜は行楽に出たが、今日は天気が悪かったこともあり、近くのスーパーに買い物に出たほかはずっと家でのんびり過ごしていた。

Carbonara.jpgこういう日は料理でもするに限る。まず昼はカルボナーラをつくってみた。具として加えたのは、スライスしたパンチェッタ。一昨日、ベトナム料理店に行ったあとで立ち寄った食料品店で見つけて買ったものだ。本当なら厚切りがよいのだろうが、スライスしたものでもパンチェッタならきっとおいしいに違いない。いつもより長めに炒め、カリカリになるようにした。卵は全卵を2個用い、生クリームも少しだけ投入。パルミジャーノチーズもたっぷり足した。卵ソースはフライパンには入れず、ゆでたパスタとパンチェッタをボウルに入れて和えるだけにする。卵がモロモロにならないためには、これくらいで十分だ。最後に黒コショウを散らして完成。にフジッリでやってみたときはあまりうまくいかなかったが、今回はまあまあおいしくつくれたような気がする。ただ、娘は黒コショウの刺激が強すぎたようで、あまり食べてくれなかった。大人より少なくしたので大丈夫だろうと思ったのだが、今はまだ慎重にしないといけないようだ。

Chinjaorosu.jpgおやつの時間には、妻と娘が協力して、テレビの料理番組で紹介されていたクッキーをつくってくれた。それをいただいてから、夕飯はまた自分が台所に立つ。今度は中華がいいとリクエストがあったので、久しぶりに青椒肉絲をつくってみた。前にやったのはだったから、ほぼ半年ぶりになる。あのときはタケノコも入れたのでだいぶボリュームがあったが、今回は牛肉・ピーマン・タマネギのシンプルな構成にした。本来の青椒肉絲は牛肉もピーマンと同じように細切りにするのだろうが、何度やっても牛肉をピーマンのようにきれいに切れたためしがない。まあうちで気楽につくる分には、小間切れ肉でやっても問題はないだろう。一緒に卵の中華スープもつくり、3人できれいに平らげた。

予防接種

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は夕方、子供を近所の小児科に連れて行った。体調を崩したわけではなく、インフルエンザの予防接種を受けさせに行ったのである。元々は先週、保育園の発表会が終わったその足で予防接種をしてしまうつもりでいたのだが、ワクチン不足で出直さざるを得なかった。8日の金曜日にワクチンが届きますと言われていたので、今日行くことは前から決めていた。

土曜日に予防接種を予定していた人は多かったようで、朝は予約でいっぱい。午後も早い時間帯は先客で埋まっており、夕方にようやく順番が回ってきた。ワクチンがもうなくなったと言われないかが心配だったが幸いそんなことはなく、希望すれば親も受けてよいということだったのでお願いする。娘はかなりいやがっていたが、まあこれは誰しも通る道なのでしかたがない。頑張ったご褒美ということで、スーパーでプリンを買ってから帰宅した。

ベトナム料理

| コメント(0) | トラックバック(0)

通常ならもちろん出勤日だが、今日はお休みにした。先月に休日出勤や休日出張をしており、その分の代休をどこかで取ることになっていたためである。幸い、今日は講義も会議も特に予定がなかった。

妻も仕事が遅番だということで朝は家にいたので、せっかくだからお昼を食べに行こうということになった。少し前に、娘のために録画したアニメにベトナム料理の食料品店が登場したのを見てから、ベトナム料理の店に一度行ってみようという話をしていた。少し調べてみると、今年の夏にオープンした店が白島駅の近くにあるのを発見。早速足を伸ばしてきた。

東南アジアの料理というのは、なかなか食べる機会がない。特にベトナム料理となると、最後に食べたのがいつだったかも定かでない。今回は定番のフォーと揚げ春巻きをいただいたが、普段口にしないエスニックな味わいを楽しむことができて満足した。たまには新しい店を開拓するのも悪くないものだ。

Snow.jpg昨日は夕方から夜にかけて少し雪が舞っていた。日中に降った雪はすぐとけてしまうが、夜の雪は残る。果たして今朝起きて窓の外を見ると、木々がうっすらと白く雪化粧していた。雪はそのときもまだ少し降り続いていたが、家を出るころには日差しが出てきて、やがて雪雲をどこかへ吹き飛ばしてしまった。葉っぱの上の雪もたちまち消えた。

今日は水曜日なので講義が二つ。午前中の講義は線形代数学で、2週間前の中間試験の採点結果を各自に伝える。講義を終えると急いで部屋に戻って弁当タイム。弁当箱を洗ったり歯を磨いたりしていると、もう次の講義に行く時間だ。二つ目の講義を終えて戻ってくるとやっと一息つけるが、それから何か作業しようと思っても、たいていぐったりしてしまっていてあまり仕事にならない。今日も大したこともできず帰る時間になってしまった。

永世七冠達成

| コメント(0) | トラックバック(0)

寒い一日だった。朝もほんの少し白いものがちらついていたが、夕方から夜にかけてはもう少しはっきり降ってきた。今シーズンの初雪だ。積もるところまで行くかは分からないが、明日の朝は少し白い世界にはなっているかもしれない。

今日は羽生善治棋聖が第30期竜王戦第5局で渡辺明竜王に勝ち、4勝1敗で竜王のタイトルを奪取すると同時に、前人未踏の永世七冠を達成した日になった。9年前、3連勝のあとの4連敗で永世七冠にあと一歩届かなかったときは、きっと羽生さんならすぐチャンスは来るだろうと思った。実際、2年後に挑戦権を獲得して竜王戦にまた登場したのだが、このときは前ほどの激闘には至らず敗退してしまった。そしてその後は、挑戦者になれない年が何年も続く。もしかして、永世七冠を実現するチャンスはもう来ないのかという気も少しだけしていた。実際、去年あたりからは年間勝率も5割台に落ち、若手相手に苦戦することが増えてきていた。もし、今年の竜王戦で敗退していたら、もう永世七冠の達成はできなかったかもしれない。よくここで決めてくれたものと思う。

まあ永世七冠などということは、今後当分起きるわけがないし、少なくとも自分が生きている間に実現することはあり得ない。この偉業達成の瞬間に同時代の人間として生きて立ち会うことができたというのは、何とも幸運なことだと思わずにはいられない。



底本では2手目の黒の手からの手順が並置されていたが、ここでは棋譜再生の都合上、片方をメインラインとして扱っている。本作は実際は1939年に創られたものである。

大久野島に行く

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日に続き、今日も天気は快晴。せっかくの行楽日和なので、先月行きそびれた大久野島まで足を伸ばそうということになった。

Okunoshima2.jpgOkunoshima1.jpg大久野島には忠海港から船で渡ることになる。船の時間はお昼前後は11:30、12:00、12:20があり、12:20が終わると次は2時半過ぎまで便がない。家を出たときは12:00に間に合うかもと思っていたが、途中思わぬトラブルがあったりして思ったより時間を食い、忠海港に着いたときはもう正午をだいぶ回っていた。結局、保険のつもりでいた12:20の便に乗船することになった。

大久野島に来たのは今年2月以来。ここはたくさんのウサギがいることで有名な島だ。桟橋に着くとシャトルバスに乗って休暇村に移動し、そこでお昼をいただく。それから、持ってきた白菜を少しずつちぎってはそのへんにいるウサギにやって回った。ウサギは前に来たときよりやや数が少ないように感じたが、それでもあちこちにうろうろしている。娘もだいぶ楽しんだようだ。暖かな日差しが注ぐ瀬戸内海は今日も穏やかだった。

3時半過ぎの船で忠海港に戻る。帰りに少し買い物に立ち寄り、6時半頃帰宅した。

今日は娘が通う保育園の発表会があった。会場はすぐ近くにある公民館。うちは会場設営の準備を手伝うよう頼まれており、ほかの保護者より少し早めに家を出た。9時半頃になると、年少・年中・年長の園児とその保護者が続々と集結。大集会室はぎっしり埋まった。せっかくの娘の晴れ舞台だからと、うちも張り切って最前列の砂かぶり席を確保。これでビデオ撮影も完璧と思っていた。ところが、これが大きな誤算だった。

発表会で、年少クラスは劇と歌、それに合奏を披露する。劇は特に問題なかった。いったん幕が下り、再び幕が上がったとき、まずいことに気がついた。前から2列目に立っている娘をちょうど覆い隠すような位置にほかの子が立っているのである。普通なら、座る位置をほんの少しずらせばいいだけなのだが、左も右もほかの保護者がぴったりくっついて座っており、ほとんど動くことができない。それでも後方の座席ならば、身体を少し左右に傾けるだけで何とかなっただろう。しかし最前列に座ったのがあだとなり、少しくらい上体をずらしたくらいでは全くカブりを解消できないのである。妻が座っている側がまだ少しでも顔が見えそうだったので急遽ビデオカメラを渡して撮影してもらったが、何だか落ち着かない気分のうちに出番は終わってしまった。まあ娘は歌や合奏をそつなくこなしていたからよかったが、この手の行事のときはこういうことがあるということを考えておかないといけないと反省した。

RucolaPasta.jpg終了後、娘と合流。いったん家に戻ったあと、お昼は少し奮発してお寿司を食べに行った。今日は天気はよかったが、何しろ朝のうちにイベントがあったので、午後はそのまま家でのんびりすることになった。

夕飯は、家にあるもので軽くすませようということになり、ベランダのプランターで育てているルッコラを使うことにする。つい最近、ルッコラと生ハムのパスタをつくったばかりなのだが、同じようなものでもよいと妻が言うので、冷蔵庫に残っていたベーコンと生ハムをあえてまたパスタにしてしまった。カリカリになるまでよく炒めたベーコンとルッコラも、なかなか相性がよい。ルッコラが生えてくればまたそのうちつくろう。

ルッコラの葉

| コメント(0) | トラックバック(0)

ベランダのプランターで育てているルッコラは、先週だいぶ摘み取って使ってしまったが、そのときに残しておいた葉がまた大きくなってきた。11月最後の数日は比較的暖かい日が多く、そのおかげで少し生育がよくなったのかもしれない。しかし今日からはまた気温が下がり、いよいよ本格的に冬が訪れようとしている。今ある分を摘んでしまったら、もうあまり大きな葉は出てこないだろう。

RucolaPlanter.jpgそういえば、今回はルッコラを植えるにあたって一つ実験をしていた。にも書いたが、ルッコラの葉を見ていると、形が2種類あることに気づく。ほとんどは大きな切れ込みがいくつも入っているが、十数株に一つくらいの割合で、切れ込みがほとんどない葉ばかり生えてくる株がある。これには遺伝的な要素があるのかどうかが気になっていた。そこで今年は、手前の列は切れ込みのある葉が生えている株から採った種を、奥の列は切れ込みのない葉が生えている株から採った種をまいてみた。これで生えてくる葉がきれいに分かれれば、遺伝性があるということになる。

だが今出ている葉をチェックしてみると、切れ込みがない形をしているものは、奥の列の真ん中あたりにある一株だけで、ほかはみんな切れ込みありの葉のようだ。となると、どうやらこれは遺伝的なものではなく、それぞれの株が生み出す種の中には、数パーセントの確率で切れ込みのない葉のルッコラが出るものが混ざっていると思われる。なぜかは分からないが、1割弱の種からは違う形の葉が生えてくるというのは面白い。ルッコラにとっての左利きのようなものなのかもしれない。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

このアーカイブについて

このページには、2017年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年11月です。

次のアーカイブは2018年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07