2018年1月アーカイブ

東京出張

| コメント(0) | トラックバック(0)

1泊2日の出張から帰宅。サーバのIPアドレスが変化していたようで、出先からアクセスできず、ブログの更新もできなかった。

今回の東京出張は散々な目に遭った。出発前に心配していた雪は結局大したことがなく、空港までは車で行くことができた。現地のH大に着くまでも予定通り。ところが、ここからが大変だった。講演を聴き始めたころから、鼻水が止まらなくなってきたのだ。ホテルに戻ってからはいよいよひどくなり、じっとしているとポタポタ落ちてしまう。ティッシュを当ててもたちまちぐしゃぐしゃになってしまってどうしようもない。ホテルで普段できない作業や計算をいろいろやろうと思っていたのに、全く何もできず早々にベッドに潜ることになった。

今日もその状況はほとんど変わらなかった。昨日は2つ、今日は5つの講演を聴講し、大変勉強にはなったのだが、何しろ鼻水が止まらないのでまるで集中できない。ティッシュを使い切りそうになったので昼休みにコンビニで補充したが、それもどんどん消化していく。鼻水のひどい風邪をひくと2日くらいは悩まされるが、それが研究集会参加とぴったり合ってしまった。

講演は予定では5時までだったが、午前の講演が長引いたせいで全体が後ろにずれ、全部終わったのは5時40分頃だった。急いでH大を出て羽田空港へ向かう。夕方の電車は混雑しており、特に品川駅での京急電車の人の多さは相当なものだった。昔は何とも思わなかったが、広島暮らしが長くなった今ではどうにも疲れを感じる。まして風邪をひいていればなおさらだ。

広島空港には10時少し前に降り立った。心配していた雪はなし。ちょうど皆既月食の時間帯だったが、雲を通して赤い付きがごくかすかに見えただけだった。

11時少し前に帰宅。風邪のせいで大変だったが、何とか無事に帰ってこられてよかった。

明日から出張

| コメント(0) | トラックバック(0)

久しぶりに雪のない朝で、やっと雪雲が消えたかと思ったら、保育園に娘を送ったころにまたちらちら舞い始めた。今年はよく降る。

4年生の卒論の締切がいよいよ今週末に迫り、今日は一番遅れている学生の分の直しを大急ぎでやっていた。何しろ、明日と明後日は出張でいないので、今日のうちにだいたいはできあがった状態になっていなければいけない。ゴールは見えてきた気がするが、まだ気は抜けない。

今日の夕方の教職科目で、今期の授業はすべて終わった。来週は期末試験週間になる。

明日と明後日は1泊2日で東京出張なのだが、現地に少しでも長く滞在するため、今回は飛行機での移動にしている。空港へは車で行けばよいから楽だと思っていたのだが、ここへ来て何とも悩ましいことになってしまった。明日と明後日、空港までの道で雪がどれくらい降るかが読めない。特に心配なのが水曜日だ。現在の天気予報では、朝は-7度まで冷え込むと予想されている。広島に帰ってくるのは水曜日の夜遅くだが、気温が低いことに変わりはないだろう。リムジンバスに乗ってもよいが、行きも帰りもかなり余計に時間がかかることになる。いずれにしろちょっと疲れそうだが、何とか頑張るしかない。

詰四会に行く

| コメント(0) | トラックバック(0)

今朝も雪だった。気温はやはり低いものの、数日前のような凍てつくような寒さではなかった。雪も落ち方が早く、少し霙っぽくなる時間帯もあった。

今日は詰四会に出かけた。岡山駅でお昼をすませ、四国へ渡る特急に乗車。瀬戸内海を渡る間に雪は雨に変わり、宇多津駅に降りたときはそれもほぼやんでいた。会合の出席者は9人で、いつもと比べるとやや少なめ。まあ雪の降るような寒い日に遠方からやってくるというのは、かなりエネルギーがいることには違いない。いつも顔を見せている方があまりおらず、その代わりに初めて参加された方もいた。会合の場ではプロパラに出ていたプルーフゲームをSさんと考えていたが、とうとう時間内に解けずじまいに終わる。どうも近ごろ、頭が錆びついていていけない。

5時に会合が終わり、皆で会場を出る。松山から来られていたHさんはそこで別れ、残りの8人で2次会へ。7時過ぎまで、飲み食いしながら詰将棋にまつわるあれこれをお話しした。

7時半過ぎの特急に乗って岡山へ。もう雪はすっかりやんでいた。新幹線、在来線、バスを乗り継いで10時少し前に帰宅。

Puttanesca.jpg今朝も夜明け前に雪が降っていたようで、ベランダの欄干の上がまたうっすらと白くなっていた。日中はもう何も落ちてこなかったが、気温はまだまだ低いので、明日以降もどうなるかは分からない。

今日は妻のリクエストでお昼にプッタネスカをつくってみた。前につくったのは先月27日で、ぴったり1ヶ月前だ。それまでは1年に1回程度のペースだったが、娘の食べ方が上手になってきてトマトソースをあまり服に飛び散らせなくなってきたので、これからはまた頻度が高くなるかもしれない。冷蔵庫での保存が利くオリーブとケイパー、アンチョビ、あとはトマト缶があれば簡単につくれる。ニンニクもたっぷり入れてしまったが、トマトソース系は具材の分量がかなり適当でもそれほど影響が出ずに味がまとまるから気が楽だ。今日もおいしくいただくことができた。

今朝も起きてみると、やはり雪がちらついていた。雪雲がもう何日も居座り続けている。降りが弱いから積もることはないが、日陰の雪は完全に消える前にすぐ次が供給される。上空が青空でも、どこからともなく白い点が舞い降りてくる。結局今週は、最初から最後まで雪だった。

気温は相変わらず低いが、昨日の朝よりはほんの少し高いように感じた。一昨日と昨日ははっきり氷点下だったが、今朝は0度あるかないかくらいか。実は娘が氷をつくりたいと主張して、昨夜は風船と牛乳パックに水を入れてベランダに出しておいた。朝に確認したら、風船の中身は凍って卵形の氷ができていたが、牛乳パックの中はほとんど水のままだった。

今日も朝早くから会議があり、その後はまた4年生の卒業研究の指導。帰りはまた小雪が降る中を保育園へ急いだ。今週は厳しい寒さもあり、少々疲れた。明日はゆっくりしよう。

今日も雪

| コメント(0) | トラックバック(0)

今朝も凍てつくような寒さ。実際、じょうろの中の水は完全に凍っていた。雪も夜から降り続いていたが、幸い降りはそれほど強くなく、路面は日陰が白くなっている程度。おそるおそるだが、今日も車で出かけた。

午前中はお昼まで長い会議。午後は4年生の卒論指導で時間が全部つぶれてしまった。明日には卒論の内容をまとめた要旨の原稿を提出しなければならず、さらに来週末には本論文の締切が来る。実は来週は出張があって何日か出勤できないので、事実上今週までにだいたい書き上げさせないといけない。今の時期は毎年大変だが、今年はとりわけ忙しく感じる。まあ何にしろもう少しだから、何とか頑張ろう。

6時過ぎに家を出る。雪はもうやんでいた。明日も寒そうだが、今日よりは少しましになるだろう。

極寒の一日

| コメント(0) | トラックバック(0)

Snowflakes.jpg予報通り、今日はとにかく寒い一日だった。雪は夕方頃までずっと降り続いていたが、砂のように一片が小さくてさらさらしていた。幸い、お昼からは日も出たので、路面が凍るようなこともなかったが、それにしても厳しい冷え込みだった。もしかしたら、今日が1年の中で寒さのピークなのかもしれない。

水曜日は講義があるが、それも今日が最終日。実は昨日からのどの調子が悪く、枯れたような声しか出なくなってしまったのだが、午前中の線形代数学も午後の大学院生向け講義も何とか乗り切った。しかし、その後に続いて4年生に卒論指導をしたときは、なかなか声が出なくてまいった。明日にはよくなっているだろうか。

朝方、ベランダの欄干に積もっていた雪を接写してみたら、六角形の雪の結晶の様子をはっきりとらえることができた。気温がもう少しでも高ければ、こんな形はすぐにとけて消えてしまうだろう。久しぶりに中谷宇吉郎を読み返してみたくなった。

強風のち雪

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝、窓の外は晴れていた。昨日の雪もおおかたとけているようだ。今日はもう穏やかな天気になるのかなと思ったら、これが大間違い。とにかく風が強い。道路上を木の葉が舞い、ゴーッという風の音とともに何かが飛ばされてガシャンとぶつかるような音が聞こえてきたりする。運転していても、横風を受けてハンドルに力がかかるのを感じることがあった。

勤務先に到着し、卒論提出の近づいた学生の指導をしながらふと外を見ると、いつの間にか雪が降りしきっている。あんなに晴れていたのに、いったいどこから雪雲がわいてきたのだろう。しかも、一時は強風にあおられて吹雪のようになることもあった。夕方には少し小降りになったが、夜になってもまだ完全にはやんでいない。天気予報によれば、明日は最高気温も氷点下のようだ。昨日は雪で車が走れないのではと心配したが、本当に心配すべきなのは明日かもしれない。

雪が降るという話だったが、起きてみると雨の様子。これじゃ大したことがなさそうだね、と話していたら、パンを食べているうちに霙に変わり、出かけようというときには白いものが落ちてくるようになった。しかも降りが激しく、たちまち周りの景色が一斉に雪化粧し始める。これは積もるのも早そうだ。

娘を保育園に送ってから勤務先に着いたが、しばらく仕事をしてから窓の外を見たら、猛然と降りしきる雪で真っ白になっている。このまま降り続ければ、車を動かすことは到底できなくなるだろう。まだ路面が見えている今のうちに慎重に帰り、家に車を置いてきた方がよいのではないか、と考えた。幸い、午前中は講義や会議の予定もない。急いで駐車場に向かい、フロントガラスに積もった雪をスノーブラシで払うと、ゆっくり運転しながら自宅までいったん帰った。それからは徒歩で今来た道を逆戻り。バスに乗ってもよかったが、寒い中をじっと立って待っていたくなかったし、たまには運動した方がよいだろうということもあった。こういうときは、家と職場がそれほど遠くないのは本当に助かる。雪の中をてくてく歩き、無事職場に戻ってきた。

ところが、お昼頃には降りが弱くなり、やがて雨に変わってしまった。2時頃にはそれもやみ、いつの間にか雲も切れて晴れ間がのぞき始める。こうなると雪が消えるのは早い。あっという間に景色から白い色が消え、見慣れた風景になっていく。こんなことなら、わざわざ車を置いてくる必要はなかった。気にせず仕事を続けていればよかったのだ。

気を回しすぎて余計なことをしてしまったが、まあ日頃していない運動ができたからよしとしよう。ただ、帰りは保育園のお迎え期限の時刻が迫っていたこともあり、バスに乗ってしまった。

森林公園に行く

| コメント(0) | トラックバック(0)

ForestPark2.jpgForestPark1.jpg休日なので家族そろって日が高くなるまでのんびりしていたが、朝食をとりながら話しているうちに、せっかくなのでちょっと出かけようということになる。空は雲が出ているが、太陽が雲に出入りしているくらいで、雨が降りそうな様子はない。そこで、午後から広島市森林公園というところに行ってみることにした。広島市には、安佐動物公園・広島市植物公園・広島市森林公園という3つの施設があり、3園共通の年間パスを購入すると駐車場代だけで何度でも入ることができる。動物園と植物園は何度か行ったことがあり、森林公園だけが未訪問だった。ここには昆虫ばかりを展示している「こんちゅう館」という施設がある。娘も4歳になったから、そろそろこういうところを面白いと思えるようになっただろうという思いもあった。

ForestPark4.jpgForestPark3.jpg森林公園に着いたのは2時頃。駐車場から遊具のある広場を横切ってこんちゅう館に入る。展示スペースには枯れ葉や花に擬態する虫や七色に輝くクワガタムシなど、普通には見られない昆虫がたくさん展示されており、興味深く感じるものが多かった。さらにこの日は、昆虫を実際にさわれるコーナーが特設されており、ヘラクレスオオカブトや花カマキリの赤ちゃん、ナナフシなどを手にのせてもらうという体験をすることができた。娘もそれなりに楽しんだようだ。さらにその後、500匹の蝶が飛び回るパピヨンドームという温室に入る。花が咲き乱れる部屋のあちこちで蝶がひらひらと舞う不思議な空間で、なかなかほかでは体験できない面白い場所だった。

こんちゅう館を出たあと、広場にある遊具で娘をひとしきり遊ばせる。娘にとっては、昆虫観察よりもまだこちらの方が興味を引かれるようだ。やがて日が傾いてきて寒くなってきたので、4時頃には駐車場に戻り、帰路に就いた。

初めて行ってみたが、なかなか面白いところだった。またそのうち足を運んでみようと思う。

Lasagne.jpg昨日、妻がラグーのパスタをつくってくれた。その残りがまだだいぶあったので、今日はそれを使ってラザニアをつくってみようと思い立つ。今週の日曜日にときどき利用している食料品店を訪れたとき、たまたま安売りしていたラザニアを買ってあった。

何しろラグーがもうできているので、こちらでやるのは食材は重ねて並べることだけだ。牛乳と小麦粉とバターでベシャメルソースをつくっておく。そしてラザニアを皿に敷き詰めてはラグーをならすようにのせ、ベシャメルソースをかけてからパルミジャーノチーズを散らす。これを繰り返して積み重ねていく。本当は5層、6層と重ねていくつもりだったのだが、4層くらいで皿からあふれそうになってしまってストップした。あとはオーブンで焼けばできあがりだ。

ラグーをつくってもらっているので自分でやったとはいえないが、なかなかおいしくいただくことができた。



底本では黒の4手目からの2つのライン(4...g1Qと4...Qxf4)が並置されていたが、ここでは棋譜再生の都合上、片方をメインラインとして扱っている。本作はKubbelの死後発表されたもので、創作されたのは1939年である。

講義が二つ

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝起きると、外は霧が垂れ込めて真っ白になっていた。数百メートル先のビルもぼんやりしている。気温は妙に生暖かい。これが2月なら春の近づいているサインだと感じるところだろうが、さすがにまだ早すぎる。一時的なものだろう。

今日は水曜日なので、講義が二つ。来週が通常講義の最終日で、その2週間後に期末試験が来る。卒業研究の方もいよいよ提出締切が間近に迫ってきた。卒業研究発表会が、今年は2月16日に予定されている。期末試験の採点も、ちょうどそのころまでに終わらせないといけない。これからの1ヶ月間がとにかく気を抜けない時期だ。トラブルなく乗り切れるようにしたい。

朝方は晴れ間も出ていたが、次第に雲が多くなり、勤務先から帰るときには小雨がぱらついていた。天気が悪くなるのとともに空気も妙に生暖かくなってきた。数日前の厳しい寒さが嘘のようだ。

子どもを寝つかせて居間に戻ってきてから、口さみしくなってピーナッツをポリポリと何粒かかじっていた。ピーナッツには赤紫色の薄皮がついている。自分はこの薄皮は食べないものだとずっと思っていた。自分が子どものころ、親も必ず薄皮は外して食べているのを見ていたのだ。ところが妻は、薄皮ごと食べるという。薄皮を食べるなんてと思ったが、どうやらあれはポリフェノールがどうとかで、食べた方が身体にもよいということになっているらしい。それを知ってからは考えを変えて、今は薄皮ごと口に放り込むようにしている。最近はこの味にも慣れてきた。

そういえば、巨峰やピオーネなどの粒の大きいブドウは、私は皮ごと食べるのが好きである。リンゴも、皮つきのままで食べるとますますおいしいように感じる。だが妻は、そういう果物を皮ごと食べることはあまりしないようだ。皮食う人も好き好き、というところか。

また1週間が始まる。今日は夕方に教職科目の模擬授業があり、その準備で少し忙しかった。終わるとすぐ自室に戻り、荷物をまとめて保育園へ。ぐずぐずしているとお迎え期限の時刻を過ぎてしまう。夕方の5コマ目に予定がある日はいつも気が抜けない。

お年玉つき年賀はがきの当選番号が発表されたので、さて今年は何枚当たっているかなとチェックする。年賀はがきの抽選では、最下等の切手シート以外当たったことがない。実家にいたころにそのもう一つ上が当たった記憶はあるが、それはもう相当昔の話だ。

切手シートは結局いつも使わず、引き出しに眠ったままになっている。調べてみると、古いものでは前の戌年だった2006年のものもあった。そこから当たった切手シートの枚数を年ごとに数えてみたら、2,1,2,3,1,0,0,1,2,4,5,2となっていた。途中、2年連続で外した年があったものの、だいたい1枚は当たっている。一昨年の5枚はまぐれとしても、この感じならまあ1枚か2枚は引き当てるだろうとふんでいたのだが......。何と今年はゼロ。2012年以来、6年ぶりにノーヒットに終わってしまった。まあ、今年はほかのところで運を使うのだと思うことにしよう。

雪雲はようやく去り、今日は朝から晴れ渡った。まだまだ寒いが、それでも気温は少し高くなったようで、じょうろの中も凍ってはいなかった。

Gyoza.jpgCeleryBaconTomatoPasta.jpg今日は昼も夜も台所に立った。まず昼は、セロリとベーコンのトマトソースパスタをつくってみた。実は先月ブイヤベースをやってみたときに買ったセロリの残りが、ずっと冷蔵庫に入ったままになっていた。すでに葉が黄色く変色してきていたのだが、まだ食べられそうではあったので、パスタの具に使ってみることにしたのである。セロリは茎をまず食べることが多く、葉の部分は使い方が難しいが、今回のベーコンとトマトソースとの組み合わせはなかなかよいと感じた。セロリの香りが入るだけで、挽肉を入れてもいないのにミートソースの雰囲気が少し出てくるような気がする。今後も余ったセロリがあれば、こうやって使うのは悪くなさそうだ。

続いて夜は定番の餃子。こちらはいつも通り、豚挽肉とキャベツだけのシンプルなもの。普段はショウガのみじん切りも入れるが、娘が辛くていやだというので、今回は省略した。前回つくったときは、餃子が鍋にくっついてしまってかなり形が崩れてしまったが、今日は非常にうまくいき、ほぼ無傷の状態で皿に並べることができた。どうも前回は、水の量が多すぎたようだ。水分をしっかり飛ばすことが大事なようである。

今日は昼も夜もまあまあのものがつくれて満足だった。

今日も雪の日

| コメント(0) | トラックバック(0)

雪は昨日まで、と昨日書いたが、まだ雪雲は残っていたようで、今日は午後からときおりちらちら降ってきた。特に夕方のある時間帯は少し降りが強くなったが、幸い積もるほどの勢いはない。ただ気温はかなり低く、今日も水を張っておいたベランダのじょうろはカチカチだった。

夕方から街中に出かける。将棋センターにちょっと立ち寄って一言挨拶。今年の詰将棋解答選手権も何とか協力していただけそうだ。それから仕事を終えた妻と合流し、文房具や本などの買い物。ファミレスで夕飯をすませて帰宅した。

寒い一日

| コメント(0) | トラックバック(0)

起きて外を見ると、やはり雪はさほどでもなかった。昨日の朝より少ないくらいだ。もうこれから先は晴れるようなので、しばらくは車が出せるか心配したりしなくてもよいだろう。

それにしても今日は寒かった。保育園では前日に仕込んでおいたお皿の水が凍っていたようで、娘も楽しんだようだ。水だったはずのものがカチカチになっているのを見るのは、確かに初めてならかなり面白いだろうと思う。結局、夜になるまで気温は0度周辺のままだった。

さて、今週もいろいろあって大変だったが、明日は少しゆっくりできる。よく休もう。

雪の一日

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は一日中雪になるという予報が数日前から出ていたので、今朝はどれほど積もっているかが少し気がかりだった。カーテンを開けてみると、ベランダの欄干の上にはうっすら積もっているものの、道路は路面がまだ少し見えており、心配していたほどではない。やがて日も差してきたので、普段通り車で出かけることにした。

雪は日中もそれほど降らなかったが、6時過ぎに保育園へ娘を迎えに行くときはやや強く降ってきた。娘は大喜びだったが、夜になってまた降りが弱くなったので、この分なら明日の朝も大したことはないかもしれない。



底本では6手目の黒の手からのラインが並置される形で書かれていたが、ここでは棋譜再生の都合上、片方をメインラインとして扱っている。チェックの手が多く、詰将棋に非常に近い創り方である。

回鍋肉をつくる

| コメント(0) | トラックバック(0)

3連休は日を追うごとに天気が悪くなってきた。一昨日、宇部に移動した朝は快晴だったが、昨日は少し雲があり、今日は雲が低く垂れ込め、雨が降ったりやんだり。街中に出ることも考えたが、結局近所のケーキ屋とスーパーに夕方出かけただけで終わった。

Hoikoro.jpg冷蔵庫にキャベツが余っていたので、夕飯は回鍋肉をつくってみた。スーパーに行ってから決めたので、帰宅していざ始めようとレシピを見たら、ネギを買っていなかったことに気づく。タマネギがたくさんあるから代わりに使ったら、と妻から助言を受け、今日は豚小間切れ肉、キャベツ、タマネギでやることにした。娘も食べるので、唐辛子はなし。ただし、炒め始めるときに花椒は少し加えた。

食べてみた感じでは、タマネギでも全く問題はない。回鍋肉は甜麺醤の味が強く、ネギかタマネギというくらいの違いは自分の鈍感な舌ではよく分からない。辛みが全くないのはちょっと物足りない気もするが、まあこれは仕方がない。なかなかおいしくいただくことができた。

回鍋肉は短時間で簡単にできるので、今後もよくつくることになるだろう。

研究集会終了

| コメント(0) | トラックバック(0)

研究集会2日目。同じホテルにTR大のOさんが宿泊されていたので、同乗をお誘いして一緒にU高専へ行く。今日は昨日より講演が始まるのがやや早く、1時過ぎまでに3つの講演があった。

すべてのプログラム終了後、W大のK先生が街中の土産物屋に行かれるとのことだったので、車に乗りますかとお誘いする。車を止めると、まずK先生が目をつけていたラーメン屋に入る。注文をして待っていたら、偶然TH大のI先生が入ってこられたので、期せずして大御所の先生お二人と昼食をともにすることになった。

食べ終えたところでI先生とお別れし、K先生と土産物店へ。それから駐車場に戻り、車でK先生を宇部空港までお送りする。その足でこちらも帰路に就いたが、途中サービスエリアで休憩しつつのんびり行ったので、帰宅は5時半過ぎになった。

宇部に出張したのは今回が初めてだったが、やはり車での移動はかなり便利だった。

宇部に移動

| コメント(0) | トラックバック(0)

宇部で行われる研究集会に参加するため、朝8時頃に家を出る。今回は場所が近いので、車で行ってみることにした。距離にして150キロくらいだから、先日の神戸行きに比べれば半分程度の距離だ。特にトラブルや渋滞もなく、余裕を持って目的地のU高専に着くことができた。

講演は午前2つ、午後3つ。お昼はすぐ近くのラーメン屋ですませた。最後の講演者は、TH大のO先生である。今回の研究集会は、O先生の還暦をお祝いするという意味合いがあることは聞いていたが、何と今日がまさにO先生の還暦の誕生日なのだそうだ。大御所クラスの先生の還暦を記念した研究集会はよく開かれるが、誕生日の日にちまでぴったり合わせて開催されるというのはかなり珍しいだろう。

終了後、車で駅前のホテルまで移動。一服してから歩いて懇親会会場へ向かう。7時から2時間、あれこれ話して楽しんだ。9時過ぎに懇親会は終わり、歩いてホテルに戻る。研究集会は明日までの予定。

仕事始め

| コメント(0) | トラックバック(0)

1週間以上も冬休みにしていたが、いよいよ今日から仕事始め。保育園に娘を送り届けてから出勤する。またいつもの日々が始まる。

今日は4年生の卒業研究の指導と、教職科目の授業で模擬授業の先生役をする3年生の指導にかなりの時間を割いた。ほかにも休んでいる間に細かい仕事がたまっており、それを片づけるだけで一日が終わってしまった。まあ、何もせずにぼうっとしているよりはずっと生産的だったといえるかもしれない。

明日からは3連休だが、1泊2日で出張の予定が入っている。気を抜かないで行きたい。

イヌを折る

| コメント(0) | トラックバック(0)

OrigamiDog2.jpgOrigamiDog1.jpg毎年、年末年始は新しい年の干支の動物を折紙で折ることにしている。今年はイヌ。年賀状のデザインに使うため、実際には年末までにほぼ折り上げていた。

イヌの折紙はもちろんたくさんあるし、実際にに折ったこともある。ただ、今回は干支としてのイヌなので、日本犬らしい姿の作品を折りたかった。選んだのは小松英夫氏の作品。紙のサイズは24cm四方で、アルミホイルの両面にカラペを裏打ちした紙を用いている。小松氏の作品はサルを折ったとき以来だが、くるっと巻いた尾が適度なリアリティをもってうまく表現されており、干支の折紙として折るにはぴったりだと感じた。折り工程にも特に難しいところはなかったように思う。

このところ、折紙を折れないでいるが、今年はもう少し時間を確保していきたいと思っている。

(折紙モデル:「犬」、小松英夫「小松英夫作品集」(おりがみはうす)所収)

天気予報では曇りということだったが、朝起きてみると日が差している。これなら行楽に出かけてもよいのでは、ということになり、昨年1月に凧揚げをした宇品の波止場公園にまた行くことにした。まずは昨年訪れた宇品のファミレスでお昼をすませるという計画だったが、行ってみるとあのファミレスは影も形もなくなっていた。ネットで調べてみると、昨年1月末で閉店したとのこと。つまり、昨年行ったのは閉店直前のタイミングだったわけだ。仕方がないので、そのへんにあった別のお店に入ってお昼にした。

Ujina.jpg2時頃に宇品波止場公園に着く。今日は変な天気で、晴れているかと思うと急にパラパラと雨粒が落ちてくる変わりやすい空模様だったが、幸い本格的に崩れることはなかったので、凧揚げを実行することにした。波止場公園は広島港に隣接しており、脇には「パラダイスの塔」なる巨大な円錐状の塔が立っている。港には豪華客船などが入港することもあるが、今日は巨大なリフトを2基備えたタンカーのような巨大な船が入っていた。昨年もそうだったが、娘は凧揚げに大はしゃぎ。糸を持って走り回るのだが、やはりそう簡単には上がってくれない。もっとも、自分にとっても結構難しく、案外うまくいかない。3人の中では妻が一番上手だった。

娘が走りすぎてぐったりしてきたところで凧揚げは修了。帰りに初売りをしている衣料品のチェーン店に立ち寄ることになったが、五日市の方にかつてあった店に久しぶりに行ってみたところ、どこにも見当たらない。調べると、何とここも数年前に閉店したとのこと。「知っている店に久しぶりに行ってみたら閉店していた」ということが2回もあるという、不思議な日だった。そのまま帰るのも悔しいので、その足でアルパークに行き、少し買い物をしてから帰路に就いた。

広島に帰宅

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は神戸滞在最終日。朝のうちに、近所の公園で少し娘を遊ばせる。義母宅に戻ると、ほどなくしてまた義兄一家が訪ねてきてくれたが、今日のお昼はほかの親戚宅に行くことになっているとのことで、正午を少し回ったところでお別れした。それから義母、妻、娘と4人でお昼ご飯。ローストポーク、白菜とニンニクを使って簡単にパスタをつくった。

2時過ぎに義母宅を失礼し、広島への帰路に就く。対向車線は事故で相当混雑していたが、下り車線は一部流れがやや悪いところがあった程度で、はっきりした渋滞に巻き込まれるようなことはなかった。途中の福山SAで一度休憩するのも昨年と同じ。娘はぐずることもなく、食べるときも遊ぶときも元気だった。最近は本当に手がかからなくなったと思う。

7時頃に無事帰宅。今回の神戸行きもトラブルなく終わった。

謹賀新年

| コメント(0) | トラックバック(0)

謹賀新年。今年もよろしく。

午前中は義父が眠る墓園へ行って墓参り。義兄一家と墓園で合流し、墓参りのあと近くの寺に車2台で移動して初詣。義兄たちとはそこで別れ、いったん義母宅に戻っておせち料理のお昼ご飯をすませた。それから、垂水にあるアウトレットモールまで足を伸ばす。ここは、昨年の年末年始の滞在では大晦日に訪れたのだった。そのときは妻のスカートを買ったが、今日は特にめぼしいものがなく、結局何も買わずに帰路に就く。駐車場を出る車が多くて混雑しており、駐車するときよりずっと時間がかかった。

夕方に帰宅すると、朝に別れた義兄一家がまたいらしていた。みんなそろって夕飯を食べ、集合写真を撮る。8時過ぎに義兄たちは帰って行った。新年の一日目は賑やかに終わった。

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このアーカイブについて

このページには、2018年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年12月です。

次のアーカイブは2018年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07