2018年3月アーカイブ

白雪姫

| コメント(0) | トラックバック(0)

2017年度最後の日。どんなふうに過ごそうかと思っていたら、娘が熱を出してしまった。秋から冬にかけてはほとんど体調を崩すことがなかったが、こうやって暖かくなってきたときの方がやられやすいのかもしれない。自分自身も、4月から5月にかけては調子が悪くなることが多いと感じる。

ともあれ、午後から医者に連れて行ったりしたほかは、ケーブルテレビのチャンネルで放映されていたディズニーの「白雪姫」を娘と見たりしてのんびりしていた。それにしてもこの映画、1937年制作とのことで、つまりつくられたのは80年以上前なのである。そこまで古かったのかとちょっと驚いてしまった。

年度末

| コメント(0) | トラックバック(0)

いよいよ年度末も押し詰まってきた。月曜日に広島を発つときはまだほとんどつぼみの状態だったサクラは、今朝はもうほとんど満開である。ここ数日の陽気で、開花が一気に進んだらしい。この週末は花見日和になりそうだ。

娘の通う保育園では、年度が替わる時季を迎えてバタバタと新しい体制への準備が進んでいる。今年度でほかの保育園に異動される先生が一人、また退職される先生が一人おられるということで、今日はその離・退任式があったようだ。この保育園が開園したのは17年か18年くらい前で、最初は今回職を離れるお二人と3人の園児だけでスタートしたらしい。お世話になった方がこうしていなくなるのは、やはりちょっと寂しいものである。

シンポジウム最終日。今日も暖かく、歩いていると汗ばむほど。サクラはどこも満開だった。午前中は大御所M先生の講演の続き。昼食は昨日一昨日とは別の店に行った。午後はYさんの連続講演の最終回と、N大のMさんの講演。これでシンポジウムのプログラムがすべて終了した。今回は始めから終わりまで全部講演を聴いたが、勉強になることも多く、なかなか有意義だったように思う。自分の講演だけはどうも感心しなかったが、反省しつつ頑張っていくしかない。

全部の講演が終わると、大急ぎで駅に戻り、帰路に就いた。東京駅で駅弁を買う予定だったが、買いたかった弁当屋ですぐ前のお客が買う弁当を迷いに迷ってなかなか決めてくれない。18時10分発の便にはどうしても乗りたかったので、あきらめてホームへ向かった。車内販売を待っていたがなかなか現れず、豊橋を過ぎたあたりでしびれを切らして自分から買いに行く。7時半頃にやっと夕飯にありつけた。

11時頃帰宅。今年度最後の出張も何とか終わった。

シンポジウム三日目。午前中にまず大御所M先生のご講演。相変わらずのパワフルな講演だった。お昼はみんなで昨日と同じ中華料理屋に赴く。午後はまずK大のYさんの連続講演があり、そのあとに自分の出番が来た。毎度のことながらどうもパッとしない感じではあったが、とにかくこれで終わってホッと一息。

夕方にみんなで柏に移動して懇親会。総勢10名でアットホームな雰囲気だった。M先生とKG大のM先生がお帰りになったあと、残りの8名で2次会に行き、さらにもう少しあれこれ歓談。日付がそろそろ変わろうというころに店を出て散会した。

CherryBlossoms.jpgシンポジウム二日目。今日はホスト役のTR大の先生たちに会議の予定があるとかで、午後2時半までのプログラムだった。終わるとすぐ会場をあとにする。帰る前に喫茶店で少し明日の準備をした。

午前の講演が終わり、参加者みんなで中華料理屋に行ってお昼ご飯をすませたあと、キャンパス内のサクラを見に行った。昨日広島を出るときに見たサクラはまだほとんどつぼみの状態だったが、東京のサクラはもうほぼ満開に近い。気温も暖かで過ごしやすく、花も気持ちがよさそうに見える。このあとも当分よい天気が続くらしいから、今年は雨に花を散らされることがない分、少し長く楽しめるかもしれない。

今日から東京出張。7時過ぎに家を出る。8時少し前に広島駅から新幹線に乗ったが、新大阪あたりまではかなり混雑していた。天気は快晴で、新富士駅を通過するころは富士山をきれいに眺めることができた。

シンポジウム会場のTR大に着いたのは1時過ぎ。今回はシンポジウムといっても内輪の勉強会のようなもので、講演者と聴講者を合わせても10人しかいないこぢんまりしたもの。K大のYさんの連続講演を中心に、一つ一つの講演時間が通常より長めに設定されている。今日はYさんとK大のMさんの講演を聴講した。

初日の講演が終わったあと、みんなで柏に移動して夕飯。9時半頃散会した。

明日から出張の予定だが、何だか少し風邪気味。のどの違和感といい鼻水といい、まだ大したことないが、これからもっと悪くなる兆しなのではないかという気もして少々心配だ。1月末の東京出張では鼻水がひどくて散々な目に遭った。どうしてこうもタイミングが重なるものか。まあ今回はあまりひどくならないでいてくれることを願う。

今日は、夕方に買い物に出たほかはずっと家で過ごした。詰将棋解答選手権チャンピオン戦の様子もときおりチェックする。もう藤井聡太六段は一人だけ突き抜けた世界に行ってしまっているようだ。対抗できるとしたらWさんだったかもしれないが、今回は参加を見送られたようで残念。それにしても、こんなことになるなら、6年前の詰将棋全国大会で見かけたときに一言くらい話しかけておくんだった。羽生さんのタイトル獲得数に迫ることができる棋士はもう現れないのではとも思っていたが、藤井六段のこの強さを見ていると、もしかしてこの人ならという気になる。

さて、明日より出張。日程がタイトでちょっと大変だが、何とか頑張ろう。帰宅は木曜日の予定。

賑わう公園

| コメント(0) | トラックバック(0)

週の前半の悪天候が嘘のような青空が、昨日今日と広がっている。来週の天気予報を見ても、傘のマークが全く出てこない。気温も日を追うにつれて上がりそうだ。サクラは今はまだほころんだつぼみが少しあるくらいだが、この数日で一気に花が開くだろう。

娘が公園の遊具で遊びたいというので、お昼ご飯のあとに車で出かけた。最初は大きな遊具のある公園まで足を伸ばしたのだが、着いてみると駐車場が完全に埋まっている。本格的に春が訪れた土曜日の昼下がりでこの陽気ときては、公園で子どもを遊ばせる親が増えるのも当然だろう。あきらめて、もう少し近所にある小さな公園へ移動する。こちらは人が少なかったが、ブランコやすべり台で遊んでいるうちに徐々に家族連れが増えてきた。うちと同じように、大きな公園に入りきらなかったグループなのかもしれない。そろそろ潮時と思い、3時くらいに自宅へ戻った。

学位記授与式

| コメント(0) | トラックバック(0)

勤務先では今日、卒業式が行われていた。その後は学科ごとに分かれて学位記授与式。わいわいがやがやいう中、「学位記、某、以下同文です」が繰り返され、流れ作業のように学位記が渡されていく。何十人もいるから、こんな感じになるのも致し方ない。自分のことを思い返してみると、博士課程の学位記授与式は記憶にあるが、学部卒業のときはどこでどんなふうにいただいたのだったか、どうもよく思い出せない。21年前のこととなると、いろいろな記憶がだいぶ色あせてきてしまっている。

夕方、T大のT君より電話。12月にK先生の古稀を祝う研究集会を行うつもりとのこと。これでまた出張の予定が一つ決まってしまった。

3日続いた雨がようやくあがり、今日は久しぶりに日が差した。朝方はまだ雲が多かったが、午後にはそれも消えて青空が広がる。ただ気温はまだ低くて、外に出るときはコートかジャンパーを着ないと少し肌寒い。それでも、これでやっと春が本格的にやってきたという気がする。折しも、今日は広島でサクラの開花宣言があったようだ。月末には見頃を迎えているだろう。

今日も研究室にずっと逼塞していた。来週に講演しなければいけないことになっているので、その準備である。東京や大阪で講演するときには毎度のことだが、今回もまた新幹線の中で必死にあがくことになりそうだ。

雨続きの日々

| コメント(0) | トラックバック(0)

一昨日は一日中雨、昨日も一日のほとんどの時間帯で雨がぱらついていた。そして今日も、朝から晩まで全く降り止まず。3日連続で雨というのは、梅雨の時季でもそう多くはない。しかも今日はかなり強くザアザアと降ることもあった。気温も低くて肌寒い。もっとも、関東の方では雪が降ったらしいから、それに比べればまだましかもしれない。

夕方に将棋センターに赴き、詰将棋解答選手権について現在の参加申込者数を確認する。ほぼ例年と同じくらいの人数は集まりそうだ。



発表されたのは死後だが、創作されたのは1937年。黒のQへのディスカヴァードアタックが、3つの変化それぞれで現れる。黒の手に応じて、d1-h5の斜めのライン、4段目、3段目のそれぞれのラインでアタックが生じる仕掛けになっている。

雨の一日

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨夜は娘を寝かしつけに行き、そのまま眠り込んでしまった。ちょっと疲れがたまっていたのかもしれない。

今日は朝から雨だった。夕方になるころには、さらに降りが強くなっていた。天気予報によれば、今週は天気が悪い日が多いようだ。広島ではまだサクラは開花していない。暖かいところではもう咲き始めたそうだから、月末にはきっとこのへんでも見られることだろう。

PuddingCake.jpgPescatore.jpgペスカトーレをつくってみた。相変わらず料理というとパスタばかりつくっているが、食べるのもつくるのも好きなのである。今回は、タコ、イカ、エビ、アサリという構成にした。トマトソースなので、どうやっても味が決まるから、大きく失敗するということはない。今回もおいしくいただくことができた。ただ、イカやエビは、もう少し火を通す時間を短くした方がいいのかもしれない。フライパンに投入するタイミングをずらすか、一度フライパンから取り出して炒める時間を調整したらどうかとも思う。

今日は妻の誕生日ということもあり、プリンケーキもつくってみた。昨年12月にやってみたときはプリン部分が固まらずにケーキが完全に崩壊してしまったが、今回は幸い形をキープさせることに成功。何とかケーキらしい状態にはすることができた。いつかリベンジを果たそうと思っていたので、これで一区切り。

寒の戻り

| コメント(0) | トラックバック(0)

やはり今朝はまだ天気が悪いままだった。保育園での小遠足はやはり中止になっていた。たとえ雨がやんだとしても、足下がぬかるんでいるから、座って弁当を食べたりするのは難しかっただろう。

午後になったら晴れるのかと思っていたが、夕方になっても陰鬱な空のままだった。気温がぐっと下がり、2月上旬に戻ったのかと思うような寒さ。風も強く、ときおりビューッという音が聞こえる。本格的な春が到来するまでは、ときどきこういう寒の戻りがあるのだろう。

下り坂の天気

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日はよい天気だったが、今日は朝から曇り空。夕方までは何とかもったが、夜になって雨が降り始めた。天気予報によれば、明日の朝までは続くようだ。娘の通う保育園では、明日は近くの公園まで行ってお弁当を食べる小遠足が予定されているのだが、出発前までに雨がやんでくれるだろうか。

今日はずっと勤務先の自室で研究に関する計算などをして過ごした。この時期は講義も会議もなく、束の間の安息期間というところ。来月になればまた自転車操業の日々がやってくる。今のうちにやるべきことを少しでも進めておかないといけない。

週末、実家に帰っていたとき、押し入れの中に古いフォトアルバムがあるのを見つけた。アルバムといってもバインダースタイルの立派なものではなく、カメラ屋で現像してもらったときにおまけでつけてもらう小冊子のそれである。中を見ると、撮影されたのは1987年の夏で、海やプールで泳いでいる様子が写されていた。

懐かしいなと思って見ているうちに、あることに気がついた。自分が写っている写真は、すべて両手に腰を当てたポーズをとっているのである。庭であろうが海岸であろうがプールであろうが、どこで撮られた写真であっても、1枚の例外もなく、腰に手をやっているのだ。どう考えても、これは意識的にやっている。つまりこのころの自分は、この格好が「決まっている」と思っていたようである。30年経った今から見ると、何とも滑稽でしかない。

1987年といえば、当時中学2年生。確かに、かっこつけたくなる年頃ではある。いつの間にか、ずいぶん前のことになってしまった。

ルッコラの花

| コメント(0) | トラックバック(0)

RucolaFlowers2.jpgRucolaFlowers1.jpg先週からだが、ベランダのプランターで育てているルッコラが、いつの間にか花を咲かせていた。ニョキニョキと茎がまっすぐ伸び、白い花がいくつも見えている。金曜日に東京へ向かう前に見たときは、まだ花をつけている株は一つだけだった。このところ、日中はだいぶ暖かくなってきているので、ルッコラも敏感に春を感じ取っているらしい。植物というのは本当によくできているなといつも感心する。

4月になれば、またバジルや大葉の種をまく時季になる。そろそろ今から準備をしておこう。

広島に帰宅

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝方、母とともに病院へ車で赴き、退院した父を乗せて帰ってくる。何とかこれで一区切りついて一安心というところ。お昼はまたパスタで、昨日買っておいたオリーブなどを使ってプッタネスカをつくった。

1時過ぎに実家を出て広島への帰路に就く。14時半東京駅発の新幹線に乗ったが、もう少し遅い便になっていたらかなり大変な目に遭っていたかもしれない。16時過ぎに静岡と浜松間で停電が発生し、東海道新幹線はそれから2時間くらい運転を見合わせていたらしい。停電の影響を受けてストップしたのは、多分自分たちが乗った便のすぐ後ろからだろう。巻き込まれなくてよかった。

7時半頃帰宅。明日からはまた通常営業だ。

UmeBlossoms.jpgPorciniPasta.jpg現在、実家に滞在中。お昼に何かつくることになり、乾燥ポルチーニが余っているのを見てポルチーニのパスタをつくってみた。ポルチーニのパスタというとこれまではクリームパスタばかりだったが、今日は初めてのオイル系。入れているのはポルチーニとニンニクとパセリだけというシンプルなものである。ポルチーニの香りが立っているので、これくらい簡単なものでもパスタらしくはなっていたように思う。やはりポルチーニの戻し汁が入ることが大きいようだ。

その後、近所の公園を散歩。ちょうど梅の花が見頃を迎えており、あちこちで花を楽しむことができた。

夕方に病院へ赴き、父を見舞う。明日、退院できることになった。

実家に移動

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は自分も妻も休みをとってあった。娘も保育園はお休みし、家族そろってお昼過ぎに家を出て東京へ向かう。実家の父が先月末から体調を崩しており、その見舞いに行くためである。夕方に病院に着き、いろいろと現在の状況について話を聞いた。経過が順調なら近々退院できるとのこと。

見舞いを終えたあと、母も一緒に4人で駅前のイタリアンで夕飯。9時半頃に実家にたどり着いた。日曜日まで滞在する予定。



黒のKが盤の端から端まで大移動し、最後に美しいメイト形になる。Nを支えにしたQの追い回し、そして最後のQ捨ては、古典詰将棋の龍追い部分をそのまま抽出してきたような創り方である。終わりの数手は、Troitzkyによる先行作と類似している。参考までに、Troitzkyの作品も紹介しておく。





会場予約

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日に続いて晴天の一日だった。気温は朝のうちはまだ低く、寝室の窓はいつも結露がついている。

今日も日中はずっと勤務先の自室で過ごした。2時頃、広島将棋センターのTさんから、詰将棋解答選手権の会場を無事予約できたと連絡が入る。これでとりあえず一安心。あとは当日に滞りなく会場責任者としての仕事を行うだけだ。昨年から将棋は何かと話題になることが多いので、今年は参加者数にも影響があるかもしれない。

一昨日は夕方まで四国にいたが、ずっと空には雲がなく、気温も高くて素晴らしい天気だった。それが、昨日起きてみると朝から土砂降り。一日中降り続き、車道もところどころに水たまりができてスピードを落とさなければいけないほどだった。そして今朝、起きて窓の外を見るときれいな青空が広がっていた。一日ごとにびっくりするほど天気が変わっていて、まるでオセロのようだ。

今日はずっと勤務先の自室で過ごした。研究に関する計算をあれこれやってみているのだが、時間ばかりかかってなかなか前へ進まない。何とか根気よく続けたい。

瀬戸内海の景色

| コメント(0) | トラックバック(0)

小旅行の2日目。昨日は今ひとつの空模様だったが、今日は素晴らしい青空が広がっていた。気温もぐんぐん上がり、持ってきたコートはもちろん、ジャケットやセーターも着るかどうか迷うくらいの陽気だ。やはり旅行において天気の要素は大きい。

SetouchiToyo2.jpgSetouchiToyo1.jpg宿泊先をチェックアウトしたあと、車を駐車場に置いたままにして散歩をする。林の中をのんびり歩いて浜辺に出ると、美しい瀬戸内海の景色が広がっていた。白い砂浜と青い海がどこまでも続いている。海の水はおそろしくきれいでまるで濁りがなく、砂浜にもゴミが全くといっていいほど落ちておらず、空にも雲はほとんど見えない。あたりにはほとんど誰もおらず、聞こえるのは穏やかな波の音だけだ。すべてのものの純度が高い世界だった。娘も気に入ったようで、海水をさわってみたり、砂浜を掘ってみたり、いろいろ楽しく遊んでいた。

だいぶ長い間砂浜に滞留していたが、お昼近くなってようやく駐車場に戻ろうと歩き出す。下りてきたときと別のコースをたどると、河津桜が植わっているエリアがあった。本家の河津町では今日の陽気でほとんど満開らしいが、今日見かけたサクラは五分咲きから八分咲きというところ。それでもピンク色の花が青空に映えてなかなか美しかった。

朝の散策のつもりがずいぶんと長居をしてしまい、車に乗ったときにはもう12時半を過ぎていた。とりあえずお昼をどこかで食べようということになり、軽い気持ちで伊予西条の方まで足を伸ばしてみる。街中まで行けば何か店があるだろうというつもりだったが、ここならというところがどうも一向に見つからない。店が決まらずにぐるぐる回っているうちに1時半を過ぎてしまい、結局来た道を戻ることになってしまった。その後もいろいろあって、昼飯にありついたのは2時半くらい。もうちょっと調べておけばよかった。

昼食のことではうまくいかなかったが、何しろ朝の砂浜での散歩が充実したものだったので、全体としてはよい旅行になったと思う。新年度の開始を来月に控え、よいリフレッシュになった。

小旅行

| コメント(0) | トラックバック(0)

たまには旅行でもしようということになり、近場ではあるが愛媛県内の宿泊施設を予約していた。2時間半もあれば着くので、お昼近くになってから出かけた。昨日の時点での天気予報では晴れるということだったのだが、出発してみるとどんよりとした曇り空。雨が降ってくることは最後までなかったが、厚い雲も今日のうちは切れることはなかった。

しまなみ海道を通って瀬戸内海を横断し、もう少しで終点というところにあるサービスエリアで昼休憩。うちからおにぎりと簡単なおかずを持ってきており、天気がよければ瀬戸内海を眺めながら食べる予定だったが、日が差していないうえに風が吹きつけて少し寒い。仕方がないので、おにぎりは車の中で食べた。

宿泊先には、サービスエリアから30分くらいで着いてしまった。のんびりお風呂に入り、5時半頃から早めの夕飯。バイキング形式なのでついたくさん取ってしまい、最後はお腹いっぱいになる。7時半頃には部屋に戻った。

明日はよい天気になるようなので、今日より美しい瀬戸内海の様子を楽しめるだろう。

朝から会議。それほど議題もなく、比較的早く終了した。その後は自室で研究に時間を費やす。根を詰めて計算していたらちょっと疲れてしまった。

詰将棋解答選手権のチラシが届いたので、夕方に街中に赴き、広島将棋センターに届ける。今年は藤井聡太六段の大活躍もあって全国の会場が増え、実行委員会も準備が大変なようだ。広島会場の責任者として私の名前も印刷されていたが、漢字が「斉藤」になっていた。もうこの間違いはからお約束である。

街中へ出たついでに本屋に立ち寄って数冊書籍を購入。ちょうど仕事を終えた妻をピックアップして帰路に就いた。

CeleryBaconTomatoPasta.jpg冷蔵庫にセロリが余っており、何か料理に使って消化してほしいと妻に頼まれたので、セロリとベーコンのトマトソースパスタをつくってみた。1月にやったばかりなのだが、まだセロリを使うレパートリーをあまり持っていないのである。それに、冷蔵庫には使いかけのトマトソースが残っているという事情もあった。

少なくとも、セロリはベーコンと合わせるとなかなかおいしく食べられるように思う。セロリの葉は茎以上に使い道が難しいが、トマトソースで一緒に炒めれば、独特の香りもそれほど気にならない。つくるのも簡単なので、今後もときどきやることになるだろう。ただ、新しいメニューの開拓も考えたいところだ。

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このアーカイブについて

このページには、2018年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年2月です。

次のアーカイブは2018年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07