Leonid Kubbel's Endgame Study No.395

| コメント(4) | トラックバック(0)



長編詰将棋で見かける龍追いの趣き。黒のQを串刺しで召し捕る。最初に4段目の横のライン、続いて斜めのラインで3つ出てくる。このあと出てくる397番と比較されたい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2636

コメント(4)

最近ネット対局の低い世界に熱中して、Kubbel を忘れておりました。きれいな世界です。初見で「どうすんの?」と思いましたが、とりあえず「これしかない」という王手を続けながら再生を進めたら正解でした。私のレベルにはちょうど良い問題のひとつです。

コメントありがとうございます。
チェックの連続で迫るので読みやすいとは思いますが、それでも初見で正解を得るのはさすがですね。

でも、No.393 はいきなり答を見ました。それが正解ですよね。

いきなり答えを見た方がいい問題かどうかを判断できるというところがやはりさすがですね。

コメントする

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、natsuoが2018年4月25日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「傘の骨」です。

次のブログ記事は「明日から連休」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07