2018年7月アーカイブ

Arrabbiata.jpg今日はアラビアータのパスタをつくってみた。アラビアータは唐辛子入りのトマトソースで、タマネギを使わないのでシンプルな辛さが楽しめる。ただ、何も具を入れないのも物足りない気がして、冷蔵庫に余っていたベーコンを加えた。さらに、パスタも普通のスパゲティではなく、ブカティーニと呼ばれる筒状の変わったパスタを使ってみた。ブカティーニはよく、アマトリチャーナと呼ばれるトマト系のパスタで使われる。アマトリチャーナには、普通はタマネギやパンチェッタ(あるいはその代用としてベーコン)も入れるようだ。だから今日つくったパスタは、アラビアータとアマトリチャーナを足して2で割ったようなつくりかただったともいえる。まあ、おいしければ何だってよいのである。

前期講義終了

| コメント(0) | トラックバック(0)

娘は昨日は39度を超える熱を出していたのに、今朝は平熱に戻っていた。さすがに今日はまだダウンしているだろうと思っていたのに、なかなかの回復力だ。自分が子どものころよりタフな気がする。

今日は線形代数学の講義と演習の最終回。今期は今月上旬の豪雨の影響でずいぶんバタバタしたが、何とかここまで着た。これで講義の類いはやっとすべて終了。あとは期末試験を残すのみだ。

台風は拍子抜け

| コメント(0) | トラックバック(0)

ちょうど1週間前の日曜日に風邪をひいてしまい、数日体調が万全でない状態が続いていた。木曜日あたりにはだいたいよくなったが、入れ替わりに妻の調子が少し悪くなった。それが昨日までにはほぼ回復したと思ったら、今日からは娘の番である。熱を出してぐったりとしてしまった。朝食べたものをお昼にもどしてしまい、だいぶつらそうにしていたが、しばらく寝てからは気分がよくなったようで、おどけてみせてけらけら笑ったりもするし、夕飯もそれなりにちゃんと食べていた。まだ熱は高いので、明日の朝また様子を見よう。

今日は台風が襲来するということで、いったいどんな風雨に見舞われるのかと思っていたら、ちょっと雨が降っていた時間帯があったという程度で、あっけないほど何もないまま過ぎて行ってしまった。台風が東から西へ抜けていくというのは初めての経験だったが、ここへ来るまでに雨をあちこちで降らせて勢いが衰えていたのかもしれない。先日のすさまじい豪雨を考えれば、拍子抜けしてしまう軽さだった。



補講を二つ

| コメント(0) | トラックバック(0)

いつもより早く家を出た。本来なら今日は特に予定もない日のはずだったが、先日の豪雨の影響で、補講を2つしなければいけなくなったのである。あの日は解析学の講義だけ行い、演習は全学的な措置で休講になった。しかし急いで帰宅したために講義も受講できなかった学生がいたため、同じ内容の講義をもう一度今日の午前中に行った。そして夕方からは演習の補講を実施。ようやく、これで前期の授業を全部終えたことになる。あとはいよいよ期末試験を残すのみだ。

風邪の症状はほぼ治まり、普段通りの生活が送れるようになったが、入れ違うようにして今度は妻が調子を崩してしまった。症状を聞く限り数日前の自分と似ているので、うつしてしまった可能性が高い。まあ今週はひたすら堪え忍ぶ週のようである。

今日は午前中に4年生のセミナー、お昼を挟んで午後からは長い会議というメニューだった。会議は3時間くらいかかり、終わったときはもう夕方である。ぐったりしているから、残りの時間も大したことは何もできない。まあこういう日は、とにかくやるべきことをやったからよしとしなければならない。

朝起きたときは鼻水がまだひどかったが、セミナーをしている間にはあまり出なくなり、午後の会議のときにはほとんど気にならなくなっていた。まだ鼻がむずがゆくはあるが、どうやら峠は越えたように思える。これで、明日にはすっかりよくなっていることを期待したい。

演習の採点

| コメント(0) | トラックバック(0)

扁桃腺の腫れは、徐々に鼻水に移ってきた。 これが治まればだいぶ楽になるだろう。

今日は昨日実施した演習の答案を採点して過ごした。4月から続いた演習答案の採点もこれで終了。演習の時間はまだ解析学も線形代数学も1回ずつ残っているが、最終回は答案を回収することはしないので、採点作業としては今日やった分が最後になる。毎年、これが終わるとようやく一仕事終わった気になる。もちろんまだ期末試験が残っているが、やっと終わりが見えてきた。

朝、まだ扁桃腺が腫れている。あまり本調子とはいえないが、出かけるのを躊躇するほど具合が悪いわけでもない。実際、勤務先に着いてからも予定していた仕事はこなせた。ただ、やはりまだちょっと変な感じはある。今日は早めに休もう。

扁桃腺の腫れ

| コメント(0) | トラックバック(0)

日曜日。こう暑いと海にでも行くのがよいとも思うが、これまでよく訪れていた蒲刈・能美・倉橋などの周辺は、未だに断水が続いている地域が一部残っているようで、まだ完全に元通りという状態ではないと思われる。また、呉方面に行くときは必ず通っていた広島呉道路も、完全復旧は11月くらいになる見込みらしい。時間がかかるのを覚悟で国道31号を通れば行けないことはないだろうが、やはりもうしばらくは様子を見た方がよいだろう。

今日は何だか朝から少しのどに違和感があり、午後になってそれが少しずつはっきり感じられるようになってきた。どうも扁桃腺が腫れてきているようだ。幸い、発熱などほかの症状は特にない。本当は夕飯にエビチリでもつくろうという予定でいたのだが、あまり無理をしてはいけないということで、惣菜を買ってくるだけの簡素な夕飯になってしまった。明日は休めない講義もあるので、今夜よく寝て何とか治そう。

夕方から街中へ

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日も暑い。夏は毎年暑いものだが、今年の夏はとりわけ厳しいような気がしてしまう。そういえば、1月から2月にかけては毎日のように雪が降り続いたし、先日の梅雨シーズンは大災害になるような豪雨になった。天気がどんどん極端な方向に走って行くように感じられる。

娘と二人で留守番していたが、一日中閉じこもっているのもつまらないので、夕方にぶらっと街中まで出た。仕事を終えた妻と本屋で合流。カレー屋に行きたいと4歳の娘が主張するので、子ども向けの辛くないメニューがあることを確認したうえで、最近オープンしたインドカレーの店に入ってみた。娘はカレーが好きというよりナンが好きなのである。結構大きなナンをきれいに平らげていた。

そういえば、以前は家でもインドカレーをつくっていたのだが、ここ数年は全然やっていない。手間がかかるうえ、あまり辛くすると娘が食べないので、どうしてもパスタとか中華に流れてしまう。まあもうしばらくは、こうやって外で食べることになりそうだ。

忙しい金曜日

| コメント(0) | トラックバック(0)

金曜日はいつも忙しい。今日は朝から会議があり、いつもより早めに家を出た。会議の後は、線形代数学の担当教員で集まって期末試験に関する打ち合わせ。そろそろ試験の日程が間近に迫ってきた。これからお盆前後までは、期末試験の実施と採点、成績処理作業などが一気に押し寄せてくる。しばらくは気が抜けない。

午後は解析学の講義と演習。本当なら今日で全部終わるはずだったが、豪雨の影響で演習が1回分休講になってしまったので、来週に補講をしなければならない。月曜日の線形代数学は、再来週が最終回だから、まだ2回分残っている。それでも、とにかくもう少しというところまで来た。

今週も疲れた。暑さのせいで眠りが浅いせいか、疲れが倍増している気がする。この土日はゆっくりしよう。



PのチェックでQのラインを開き、黒のQを落とす。その構図がまず斜めのラインで構成され、それが外れて今度は横のラインで組み直される。389番を発展させた作品。

後輩の来訪

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日も暑かった。まだ7月中旬、暑さが和らぐのはいったいいつになることか。

夕方、懐かしい人が訪ねてきてくれた。学生時代に所属していたピアノサークルの後輩で、今は新聞社で記者を務めるM君である。他学部の先生に話を聞くため、うちの大学まで来たということだった。今日のうちに東京に戻らなければいけないということなので、車で広島駅までお送りし、駅ビル内の喫茶店に入る。新幹線の最終便は8時頃で、それまでいろいろお話しして過ごした。最初はお互いの近況やピアノサークルのかつてのメンバーのその後などを話していたが、途中からは彼の取材している社会問題の現状や記者という仕事の実態など、普通にはなかなか知る機会のない話を聞かせてもらうことができた。自分と全く違う世界で仕事をしている人の話を聞くのは面白い。

8時少し前に彼と別れてから帰路に就いた。

中編名作選

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は妻が祝日出勤することになっており、保育園もお休みのため、子どもの面倒を見るべく家で留守番をしていた。昨日のうちに東京から戻ってきたのはこのためである。今年の詰将棋全国大会が蒲田という飛行機利用に最適な場所での開催であったのに、豪雨の影響で早めに帰らざるを得なくなってしまい、懇親会に出られなかったことは残念だった。

帰宅後、会場で購入した「中編名作選」を眺めている。どこを開いても唸らされる作品ばかりで、飽きることがない。初めて目にするものも少なくなく、こんな作品があったのかと何度も感心させられた。「短編名作選」のときはありがたいことに2作も選んでもらったが、今回はもちろん自作は収録されていない。中編作はそもそもあまり創っていないのだが、創ってもどうも今ひとつのものばかりで、このようなアンソロジーに収録されるレベルのものは到底できそうにない。どうも、短編に分類される15手か17手あたりが、自分にとっては相性がよいようではある。とはいえ、こういう名作の数々を鑑賞すると、少し自分も頑張らないとなという気にさせられる。

詰将棋全国大会

| コメント(0) | トラックバック(0)

詰将棋全国大会に参加するため、朝に実家を出て蒲田へ向かった。今日も外は炎天下だ。お昼を手早くすませてから会場入りしたら、後ろから声をかけられる。見るとN社のIさんだった。会場にはずいぶん余裕を持って着いたような気がしていたが、それは自分の勘違いで、席についてからほどなくしてプログラムが始まってしまった。てっきり1時からだと思い込んでいたのだが、お昼からだったのだ。遅刻しないでよかった。今回の参加者は確か130名くらいと言っていたように思う。東京での開催にしてはそれほど多くないな、という印象も受けた。

看寿賞授賞式や10回参加者の表彰、握り詰の作品紹介などは例年通り。休憩時間中、今回のお目当てである中編名作選も無事購入することができた。第2部のアトラクション、恒例の早解き競争は、今年は1~5手詰が順不同で登場することになっており、例年以上に手強く感じた。ただ、採点してみたらいつもよりはできていたように思う。正解は2点、無解答は0点、誤答は-1点というルールなので、ちょっとでも自信が持てなかったら何も書かないというのが大事だ。その後に続いて行われた詰パラクイズもなかなか面白かった。

残念ながら懇親会はキャンセルしてしまったので、大会終了後はすぐ会場を後にした。Iさんと京急蒲田駅そばの喫茶店に入り、しばらく雑談。飛行機の時間が近づいてきたので駅でお別れし、羽田空港に向かった。帰りの飛行機も機体整備に手間取っているとかでフライトが遅れ、搭乗口前でだいぶ待たされる。結局、行きと同じく40分遅れで離陸。今回の移動は、交通機関についてはいろいろと遅れがちだった。

10時頃、自宅に到着。15回目の詰将棋全国大会参加も無事終了した。

実家に移動

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は飛行機で東京に移動する。昨日まで、山陽道は広島ICから東側が通行止めになっており、2号線も激しい渋滞が続いていた。このような状況で広島空港に行くためには、中国道で三次まで北上し、そこから375号線を南下するしかないだろうと考えていた。時間はかかるが仕方がない。ところが朝起きて道路状況をチェックしてみると、山陽道の通行止めマークが消えているではないか。何と今朝6時に通れるようになったとのこと。これでこの1週間、ずっと気をもんでいた問題が解決した。お昼ご飯を食べてから出発したが、渋滞するようなこともなく快調そのもの。1時間程度で無事広島空港に到着した。途中、山肌があらわになり、その下では木や岩が山のように積み重なっているようなところが何カ所もあった。

問題は広島空港に着いてから起きた。フライトに使う飛行機の到着が遅れるため、出発時間が40分遅れると告げられたのである。さらに困ったことに、空港内のすべてのレストランや売店は、豪雨の影響で営業を休止していた。喫茶店で暇をつぶすこともできず、出発ロビーの片隅にある椅子に座ってずっと時間が過ぎるのを待つことになってしまった。

フライト自体は順調だった。客席がガラガラだったのは、山陽道の通行止めを理由にキャンセルした人が多かったからかもしれない。

羽田空港に到着したのは17時45分頃。今日は実家に泊めてもらうのだが、普段ならここからは電車を乗り継いで実家の最寄り駅まで移動することになる。しかし今日は急に思い立って、最寄り駅まで行くというリムジンバスを初めて利用してみることにした。乗り換えの手間もなく、のんびり座っていられるというのは魅力だったが、今日に限ってはあまり賢い選択ではなかったかもしれない。事故渋滞に巻き込まれてしまい、なかなか動いてくれなかったのである。結局、電車で行った場合と比べて実家到着が1時間くらい遅くなってしまった。

BasilFlowers.jpgPlanters180713.jpg昨日、帰宅してからベランダに出てみたら、8株のうち2株でバジルが花をつけていた。一晩寝て朝に再度確認してみたが、さらに花が増えてきている。例年、7月中は花芽が出てもすぐ摘んでしまっていたのだが、今年はもうだいぶ葉も収穫したのであえてそのままにしておいた。あまり花芽を摘んでばかりだと、花が終わってから種ができる前に涼しくなってきてしまい、十分な量の種を採ることができない。今年はこのままやってみて、確実に種の収穫につなげることを目指そうと思う。

大葉は毎日弁当などで数枚ずつ消費しているが、続々と次の葉が大きくなってきてくれているので、一向に尽きることがない。今年は、実はここまで摘芯をしないで来ている。脇芽の葉がかなり大きくなってきている株があるので、そろそろ上部を切り取ってしまってもよいかもしれない。今の調子ならまだまだ葉はつきそうだ。

さて、明日は東京に移動する。道路の状況はだいぶよくなってきているようだが、相変わらず山陽道は通行止めが続いているようだ。2号線も渋滞がひどいようなので、北側から回り込む形で空港に向かおうと思っている。

朝方に届いたメールで、週末の計画が大きく狂うことになってしまった。航空会社から、7月15日に搭乗予定だった羽田発広島行きの同日最終便が欠航になったと知らせてきたのである。ちょうど山陽自動車道の復旧にめどが立ち、日曜日には通れる見通しだという発表があったばかりで、何とかなりそうだと思っていた矢先のことだった。いくら道路が通っても、飛行機が飛ばないのではどうしようもない。

今回の東京行きは、15日に行われる詰将棋全国大会に顔を出すのが目的である。最近は本当に行くだけになってしまっているが、1年に1回でもこういう場に行くと、また少し刺激を受けて詰将棋を楽しもうという気分になる。家の都合でどうしても日曜日のうちに帰らなければいけないため、当初は懇親会に出ることはあきらめていた。しかし今回の会場は、かつてチェスの大会に出たときにも行ったことがある場所。京急蒲田駅のそばだから、電車に乗れば10分程度で羽田空港に着ける。これなら、懇親会まで出ても最終便に間に合うではないか。これはツイている、と思った。ところが今回の未曾有の豪雨で高速道路が寸断され、それが復旧しそうになったら、今度は欠航である。うまくいかないものだ。

日曜日は6時半過ぎの便は飛ぶようなので、やむを得ず振り替えの手続きをした。懇親会はあきらめ、全国大会が終了したところで失礼することにしよう。これ以上はもう状況が変わらないことを期待したい。



1940年に創られた作品。394番も参照のこと。

梅雨明け

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝起きると、青空が広がっていた。おそらく先週の月曜日以来、ちょうど1週間ぶりだが、本当に久しぶりにこの青を見た気がする。これでやっと雨の季節が終わりかなと思っていたら、果たして梅雨明け宣言が発表された。いよいようだるような暑さの日々が始まる。

まだ道路や鉄道が寸断されたままの状況だったが、授業に来ていなかった学生はほんの数名だった。ただ妻の話では、夕方に近くのスーパーに行ってみたら、普段は山積みになっている卵や牛乳が全く置かれていなかったらしい。こんなところにも影響が出てきている。しばらくはまだいろいろあるだろう。

今日も雨降り

| コメント(0) | トラックバック(0)

あれだけ雨を降らせた雨雲がようやく東に去って行った。これで今日は少し持ち直すかもと期待していたが、起きてみるとまたしても雨。午前中はときおり激しく降ることもあった。午後になって少し落ち着いたものの、夕方までずっと降ったりやんだりが続く。もう長いこと、太陽を見ていないような気がする。最後に晴れたのはおそらく今月2日で、その前も何日かずっと天気は崩れていた。ひどい暑さの夏もうんざりするが、さすがにこの梅雨は早く明けてほしい。

今日は夕方に買い物に出かけたほかは自宅で過ごした。広島県内の大学は、明日は授業を行うところも全学休講にするところもあり、対応が分かれているようだ。うちは前者だが、しばらくは混乱が続くだろう。

道路の通行止め

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は未明まで強い雨が降っていたようだったが、朝にはほとんどやんでおり、やっと少し落ち着いた天気になった。とはいえ、からっと晴れるわけではなく、いつまた降り出しておかしくない空模様だ。街中へ出るバスが運休していたので、仕事に出る妻を車で送る。本来なら長いトンネルの自動車専用道を通るのが一番早いが、そこは通行止めになっており、やむを得ず大回りしていった。街中での道路状況は、少なくとも自分が通ったところについては、落ち着いているように思われた。

天気は小康状態だが、こんな日に出かけても仕方がないので、ずっと家で娘と過ごしていた。バスもトンネルの道も夕方までには復旧したので、帰りは迎えに行かずにすんだ。

今ちょっと気がかりなのは、来週のことだ。7月15日に詰将棋全国大会が蒲田で行われるため、今年も顔を出すだけ出してみようと思っている。今回は会場が羽田空港からかなり近いので、前日に飛行機で東京へ移動して実家に一泊、当日は懇親会終了少し前くらいに会場を失礼して広島への最終便に乗る、という計画でいる。問題は家から広島空港へのアクセスだ。車で行けば1時間程度だから楽だと思っていたが、今回の大雨で山陽自動車道が完全に止まってしまった。道路にあふれた土砂や泥水の量が尋常ではなく、数日で復旧するとはとても思えない。また、2号線も土砂の流入や道路の損壊があちこちで起きているようで、いつ通れる状況になるのか見当もつかない。1週間で道路が少しでも復旧してくれることに期待するしかなさそうだ。

大雨特別警報

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日も雨は激しく降り続ける。お昼ごろから午後にかけてはいよいよひどくなり、坂道では流れ落ちる雨水が川のようになっていた。金曜日なので4コマ目から解析学の講義と演習が予定されていたが、講義室に向かっている途中、自分や周りの学生の携帯電話が一斉に鳴り始める。一帯の土砂災害警戒区域に避難勧告が発令されたという知らせだった。やがて、JRがまもなく可部線の運行を止めるという情報も入ってきた。帰れなくなるといけないので、今日は自分の判断で帰ってよい、と伝えてからとりあえず授業を始めた。説明していると、ときどきまた学生の携帯電話が一斉に鳴り始める。そういえば、昨年の代数学シンポジウムでもこんなことがあった。しばらくして事務方から、5コマ目の時間は休講とするとの連絡が届く。そこで講義もやや内容を切り詰め、少し早めに終わらせた。非常事態だからやむを得ない。

夜になっても雨は続く。すでに広島市内のあちこちで土砂崩れや河川の氾濫が起きているようだ。警報も特別警報になり、避難勧告も避難指示に切り替わった。うちのあたりは大丈夫だろうと思うが、地域によってはかなり危険な状況が続きそうだ。

降り止まぬ雨

| コメント(0) | トラックバック(0)

台風は去ったが、天気予報の通り、まるで天候は回復しない。今日も朝から雨で、それも昼過ぎからは土砂降りと形容した方がいいような降り方になった。夕方、保育園に娘を迎えに行くころは幸い少し降りは弱まったが、それでも傘に当たる雨音はバラバラと大きかった。予報では、明日も一日中雨、明後日も一日中雨になっている。年によっては、雨季といっても普段とそれほど変わらないと感じることも多いのだが、今年の梅雨はまさに雨季らしい降り方だ。地域によっては土砂崩れなどが起きかねない雨量で、それが心配ではある。

昨日と今日は授業も会議もなく、抱えていた仕事を少し進めることができた。明日はまた解析学の講義と演習。あと3回というところまで来た。何とか頑張ろう。

夜半の暴風雨

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨夜は、そろそろ寝ようかというころから風が非常に強くなった。ときおりゴーッという音とともに、激しい風がぶつかってくる。雨もやみそうにない。このままではベランダのハーブが倒されてしまうのではないかと思い、急遽バジル・大葉・イタリアンパセリの3つのプランターを家の中へ運び入れた。

翌朝、ベランダの様子を見ると、家に入れなかったオリーブやブルーベリーの植木鉢は、みんな無残に倒されていた。やはり前の晩に無理をして避難させたのは正解だったようだ。やはり台風の風は並ではない。特に、今回のように台風の進路の右側にいる場合は、かなり警戒した方がよさそうだ。

雨と風は朝にはもう弱まっており、夕方はすっかり穏やかな天気になっていた。しかし台風一過とは行かず、明日はまた雨がひどくなるらしい。今週いっぱいは梅雨空が続きそうだ。

大葉の天ぷら

| コメント(0) | トラックバック(0)

OobaTempura.jpg昨日、雨雲が去ったと書いたら、まだ終わったとはいわせないとばかりに今日は朝から雨。梅雨どころか台風が近づいているようで、降り方も夕方になって急に激しくなってきた。娘を保育園に迎えに行き、チャイルドシートに座らせてから自分も運転席に乗り込むのだが、傘を閉じてから車に飛び込んでドアを閉めるまでのほんの1秒程度の間に、すっかりずぶ濡れになってしまった。こういう土砂降りのときに、ぬれずに傘を閉じて車に乗り込む方法を誰か考えてほしいものだ。

プランターの大葉がその名の通りすっかり大きくなり、数もだいぶ増えたので、一気に消化しようと妻が天ぷらにしてくれた。使ったのは10枚くらいだが、何しろ1枚1枚が大人の手のひらと同じくらいの大きさになっているので、結構食べ応えがある。一口さくっとかじると、大葉の香りがさっと口から鼻に抜ける。ほかに鶏肉やエビや舞茸の天ぷらもあり、全部は食べきれなかったので、残りは翌日の弁当に回ることになった。

夏の暑さ

| コメント(0) | トラックバック(0)

雨雲はようやく去り、今日は朝から晴れて暑くなった。まだ梅雨明けというわけではないようだが、7月にもなり、いよいよ夏がやってきた感じである。

月曜日なので線形代数学の講義と演習。講義ノートを見返していたら、予定していた部分まで説明するには時間が足りないような気がしてきたので、急遽講義内容とレポート課題を少し修正する。直前にあれこれ変えるとボロが出るものだが、今日に限ってはこの変更はよかったようで、余裕を持って説明をすることができた。月曜日の授業は、今日を入れてあと4回。もうひとがんばりだ。

バジルパウダー

| コメント(0) | トラックバック(0)

BasilPowder.jpgCroppedBasils.jpgプランターのバジルが日一日と花芽を伸ばし続けているので、もう今日にも葉を摘み取ってしまうことにした。8株分の葉を集めると、大きなボウルにこんもりと積み上がった。つい2週間前に収穫したばかりなのに、たちまちここまで葉をつけている。今年は今のところ、バジルについては虫に食われる被害も少なく、比較的順調に来ているといえそうだ。

さて、葉を取ってみたものの、これをどうするか。普通はバジルペーストをつくるのだが、まだ2週間前につくったものがかなり残っている。そこで今回は、バジルを乾燥させてから粉末状に細かくしてみることにした。葉を電子レンジで熱して水分を蒸発させてから砕くのである。本当はミルを使うと完全な粉末にできるらしいのだが、残念ながらうちにはない。フードプロセッサーで代用してみたところ、粉末というにはやや粗いサイズまでしか小さくできなかった。とはいえ、これでちょっとした味付けとしてふりかけのように使えるかもしれない。

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このアーカイブについて

このページには、2018年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年6月です。

次のアーカイブは2018年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07