2018年10月アーカイブ

ケーキ屋に寄る

| コメント(0) | トラックバック(0)

先週から、水曜日は授業の予定が詰まっていて忙しくなった。午前中に線形代数学、午後に大学院生向け講義と4年生のセミナーが続く。先週はいきなりそういうことになったので気を遣うことが多くてひどく疲れたが、今日は勝手が分かってきて少し対応が楽に感じられた。やはり慣れは大事だ。

夕方、勤務先を出ると行きつけのケーキ屋に寄り、注文しておいたケーキを受け取る。今日は娘の5歳の誕生日である。もうあれから5年も経ったのかと思うと感慨深い。とりあえずこの5年は特に大きな病気もけがもなく、大したトラブルも起きず順調に来てくれた。次の5年もこんな感じで行ってほしいものである。

OrigamiWitch2.jpgOrigamiWitch1.jpgほうきに乗って空を飛ぶ魔女の折紙を折ってみた。紙は15cm四方の市販折紙用紙を使っている。10分もあれば折れる作品で、特に難しいところもない。いつも複雑な折紙ばかり挑戦しているのに、なぜこれを折ってみようと思ったか。それは本作の作者が黒川一郎だったからである。詰将棋マニアなら、この名前にピンとこない人はいないはずだ。伊藤看寿以来、誰もつくれないでいた煙詰の第二号局「落花」、初めての小駒煙詰「嫦蛾」、玉を上下に追い回す趣向で知られる「車井戸」など、数々の歴史的名作を世に送り出してきた詰将棋作家である。黒川氏は折紙作家でもあったのだ。これは、趣味を同じくするものとして折らないわけにはいかなかった。発表する詰将棋の作風から浪漫派と呼ばれ、本人の詰将棋作品集も「将棋浪曼集」と名づけられているが、折紙作品の題材が魔女とは、また黒川氏らしいと感じてしまう。

この作品は元々、1979年10月27日に行われた日本折紙協会主催の定期講習会で採り上げられたものだそうで、折図は「おりがみ52号」(1980年1月号)に掲載された。今回は折図が再掲載された「月刊おりがみ482号」(2015年10月号)を見て折っている。黒川氏の作品で折図が遺されているものは、現時点では本作しか知らない。

(折紙モデル:「ほうきに乗った妖婆」、黒川一郎、「月刊おりがみ482号」(2015年10月号)所収)

詰パラ届く

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日も会議と講義が続いて忙しい一日だった。

帰宅すると詰パラが届いていた。もう11月号の到着だ。夕食前にちょっと表紙をにらんでいたが、どうも筋が見えない。最近はまともに詰将棋を考える時間がほとんどなく、もうすっかり頭が働かなくなって久しい。仕方がないのでいったん「キッズルーム」に行って簡単な10問を解く。こちらは何とか解けて一安心。今回の号もあまりできそうもないが、短手数のものくらいは目を通したい。

餃子をつくる

| コメント(0) | トラックバック(0)

Gyoza.jpg天気のよい日曜日だったが、特に遠出をすることもなくのんびり過ごした。午後から近所の店をいくつか回って日用品などをあれこれ買う。最後にスーパーで豚挽肉とキャベツを買ってきた。

買ってきた豚肉とキャベツで餃子をつくった。餃子をやるのは5月以来。前はもっと頻繁につくっていたが、しばらく間隔が空いてしまった。調理時間を見ると、実は最初にキャベツを切る作業にかなり時間を使っている。300グラム分をみじん切りにするだけなのだが、どうにも手際が悪く、冷蔵庫からキャベツを出してから20分はかかっていた。それでも、初めてつくったころに比べればだいぶスピードアップできていると思う。

以前は鍋に張りついて皮がぼろぼろになってしまうこともあったが、最近はあまり失敗することはない。餃子用の鉄鍋を使い、水分をしっかり飛ばすまで火を入れれば、だいたい何とかなる。ビールと一緒においしくいただいた。

会議と講義

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝早くから会議。1時間半の予定だったが、予定を15分ほど超過して終わった。それから非常勤講師のためH大へ回る。今日は夕方から天気が崩れるという予報だったが、お昼に移動するころはもう雲が厚くなっており、ときおりポツポツと雨が落ちてきていた。

非常勤講師に行くのは今日が4回目。慣れてはきたが、やはり2コマ講義をやるのは疲れる。終了後、T君の部屋に立ち寄ってしばらく話す。来週の水曜日、H大では金曜日の授業をすることになっているが、その日は勤務先で授業があるので行くことができない。そこでこれまでの復習を兼ねたテストを学生にやってもらうことにし、T君に試験監督をお願いした。

5時15分くらいにH大を出る。保育園には十分余裕を持って着くはずだったが、志和ICに入るまでの一般道、志和ICから広島東JCTまでの高速道、さらに五日市ICを降りてからの一般道がそれぞれで渋滞しており、保育園に到着するのが保育時間ギリギリになってしまった。

TomatoPasta.jpg今日も忙しかった。保育園で娘を迎えて帰宅すると、まだ妻が帰っていない。しばらくすると、仕事が延びてしまい、今やっと帰路に就いたとの連絡が入った。こういう日は何かつくっておいた方がよいかと思い、冷蔵庫の中の食材を見てメニューを考える。あまり気の利いたものは思い浮かばなかったので、安直にまたパスタにすることにした。ちょうど鶏胸肉とナスがあったので、トマト缶と合わせて炒めてみた。

結局のところ、食材を二つか三つ炒めてゆでたパスタと和えれば、たいていの場合は何とか形になるものだ。何を組み合わせてもそこそこのものになるから、自分のような料理下手はすぐ頼ってしまう。以前よくつくっていたインドカレーなどと違って、大して時間がかからないのもよい。これからも、登板回数が減ることはないだろう。

忙しい一日

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は忙しかった。午前中の線形代数学に加え、午後から大学院生向け講義もあったからである。本当は自分の担当は12月からだったが、急な事情で今日から担当することになったのだ。おまけに、その講義の後に4年生とのセミナーの約束も入っていた。ほかのことに気を取られてすっかり忘れており、現れた学生に言われてやっと気がつくありさまだった。どうもバタバタしていていけない。

仕事がどんどん積み上がっていくので、今は空いた時間に少しずつ着実にタスクをこなしていくしかない。授業や会議の予定は動かしようがないので、それ以外の時間をどれだけ有効に使えるかが問題だ。



黒のKが上下運動を繰り返す間にNが盤上を動いていく様子は、馬鋸と少し似た雰囲気を持っている。フィニッシュのQの上下運動も合わせ、久留島喜内の詰将棋作品のような趣を感じる一品。

カープのマーク

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日もいい天気だった。仕事の方は、午後から会議と教職科目の授業が続けてあり、かなり忙しかった。来週もこんな感じのはずで、しばらくは自転車操業の日が続く。

娘の保育園では今日はピアニカの練習をしたとのこと。先生が「カープのマークが書いてあるところがド」という説明をしたらしい。「C」では分からない園児がいるかもしれないが、カープといえば間違いなく通ってしまう。これが広島である。

さわやかな秋晴れの一日だったが、風邪がようやく治ってきたところでもあり、遠出はせずにのんびり過ごしていた。

VongoleBianco.jpg夕飯にまたボンゴレビアンコをつくった。アサリは好きなのですぐ使いたくなるのだが、パスタをつくるならオイル系にしてほしいと娘が言うせいで、このところボンゴレビアンコの出番が多くなっている。トマト系はあまり口に合わないらしい。

アサリだけだと変わり映えしないので、今日は小エビも買って加えてみた。また、これとは別にベーコンや小松菜、コーンなどの炒め物も副菜としてつくったが、大きなパスタ鍋と二つのフライパンで3つの調理を進めるのはなかなか難しい。同じタイミングでできあがるようにするという時間的な難しさに加え、フライパンが大きくて互いにぶつかってしまい、ガスレンジの中央に乗らないという空間的な難しさもあった。また、育成容器で栽培していたブロッコリースプラウトを調理の合間に収穫したりしていたので、パスタを鍋からあげる最後の数分間はかなりバタバタしてしまった。

若干、アサリに火が通り過ぎた気もしたが、全体としてはいつも通りまあまあおいしくできたと思う。

昨日とは打って変わり、今日はずっと天気が穏やかで安定していた。それと呼応するように、鼻水や痰の症状もほとんど治まり、今日はほとんど風邪だったことを気にせずに過ごすことができた。

AsagaoSeeds.jpgAsagaoPod.jpg先月、きれいな青い花を咲かせ続けていたアサガオが、すっかり枯れてカラカラになった。花が咲いていたところには、プクッとふくれた種のさやができている。今日は娘と一緒に、種の取り出し作業を行った。さやを1個ずつ慎重に摘み取って袋に集め、室内に持ち込む。指でさやを割ると、パラッと簡単に壊れて中から黒い種がポロポロと飛び出してくる。大きいさやなら5個か6個くらい入っており、全部集めると優に百個を超えるくらいの種が集まった。これは冷暗所に保存しておき、来年の春にまたまいてみようと思う。

今年は初めてアサガオを育ててみたが、思っていたよりずっとうまくいったし、毎日次々ときれいな大輪の花が咲き乱れるのを見るのはなかなか面白かった。熱心な愛好家がたくさんいるというのも納得である。今年は1株だけだったが、来年は少し数を増やしてみてもよいかもしれない。

今日はH大へ非常勤講師に行く日である。朝方はきれいな青空が広がっていたのだが、その後急に雲が広がり、H大へ移動するときにはポツポツとフロントガラスがぬれ始めた。気温も上がらず、どうも肌寒い。そのせいか、今日はお昼ごろから鼻水とくしゃみがまたひどくなってきた。ここ数日、風邪の諸症状はごくゆっくりとながらも少しずつよくなってきていた。今日あたりはほとんど気にならないレベルまで回復するだろうと期待していたのに、また逆戻りである。

講義終了後、H大のT君と合流。久しぶりに夕飯を一緒に食べようという約束をしてあった。前に非常勤講師をしていたときも、こうやって終わった後に彼と食べに行ったものだ。実に7年ぶりだったが、あのころと何も変わらない感じだった。ただ7年前と比べると、身の回りの人が倒れたとか、自分も気をつけないととか、健康に関する話題が多くなったような気がする。年をとるにつれて、こういう話がもっと増えていくのだろう。

早めに食べ終えて早めに別れたので、8時前には自宅に帰れた。土日は、少しゆっくりして風邪を治そう。

鼻をすすり上げすぎて微妙なふらつき感が残っていたが、やっと今日はほとんど感じなくなった。ただ、のどの奥に張りついた痰はなかなか完全には消えてくれない。もう少しというところである。

先週、規模を縮小して行われた運動会で少しビデオ撮影をしたのだが、そのときの映像を見返して思うのは、保育園の先生はすごいなということだ。先生が縄を回して園児に縄跳びをさせるのだが、びっくりするくらい早く回すのである。初めて見たときはどうしてあんなに早いのかと思ったが、あれは実はただピョンピョンとジャンプする園児にリズムをピッタリ合わせた結果なのだということが分かった。つまり、縄に合わせてジャンプするのではなく、ジャンプに縄を合わせているのである。やってみると分かるが、これがすごく難しい。先月、吾妻山の草原を散策したとき、娘に縄を飛ばせようと試みたのだが、縄を一回たりとも飛ばせることができなかった。何気なくやっている保育園の先生の技術に感心した次第。

午前中は線形代数学の授業。まだちょっと痰と鼻水が残っているので、念のためマスクをして講義した。症状としてはもうそれほど大したことはないのだが、鼻をすすり上げていたせいで発生した頭痛の余波がまだ抜けきっていないようで、今ひとつすっきりしない気がする。全く気にならなくなるにはもう数日かかりそうだ。

午後は講義ノート作成など。「数学セミナー」の原稿も少し書いていた。12月はかなり忙しくなることが予想されるので、今から原稿を書きためておいた方がよいのかもしれない。

鼻づまり

| コメント(0) | トラックバック(0)

しばらく好天が続いていたが、今日は朝から雲が多く、夕方から雨になった。しかし夜にはまたあがったようだ。

鼻水と痰のからみはよくなってきているが、まだ少し残っている。鼻づまりを解消しようとすすり上げていたため、何だか頭が痛くなってきてしまった。こういうときは、何か頭の使うことをしようとしてもうまくいかない。仕事も抑え気味でゆったり過ごした。妻の風邪はもうほとんどよくなったようだし、明日からは家族そろってほぼ平常運転できるだろう。



黒のQがいくつかの違ったラインで素抜きのトラップにかかるという趣向。またそれとは別に、黒に味方の駒で自らの退路を2カ所においてブロックさせ、盤の中央でモデルメイトにするというきれいな変化も出てくる。初期の作品で変化の底は浅いが、やさしい手筋もの特有の気持ちよさは出ていると思う。

木曜日あたりに始まったのどの痛みは徐々に場所を移し、昨日は夕方から鼻水が出て少々つらかった。今日もまだ鼻水や痰のからみは続いているが、もう峠は越えた感じである。このままよくなってくれることを期待したい。

外はよい天気だったが、妻も風邪気味なので今日は自重してのんびり家で過ごした。夕方に出て買い物。夕飯は外ですませた。

ミニ運動会

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は朝方、娘が通う保育園の運動会があった。正確には「運動会ごっこ」である。本来の運動会は先週の土曜日に行われるはずで、もし雨なら翌日が予備日として設定されていた。しかしちょうど台風接近の時期に重なってしまったため、両日とも中止になってしまっていた。運動会は近くの小学校のグラウンドを借りて行っているため、この2日間を逃すともう広い場所で実施することはできない。そこで今日は近くの公園に行き、運動会で予定されていたプログラムの一部だけを行うことになっていた。

せっかくなので休みを取って公園まで見に行った。すぐ隣に中学校があるため、迷惑がかからないように大音量の音楽やアナウンスは一切なし。園児が踊るダンス中にかける曲も、聞こえるかどうかという音量にしていた。それでも、この1ヶ月くらいずっと練習していた出し物をやっと披露できて、園児も満足していたようだ。先生としても、やっと天候に恵まれてホッとしたのではないかと思う。

お昼からH大に回り、非常勤講師の仕事。今日は2回目ということで、前回より少し勝手が分かってきたように思う。とはいえ、1回行くだけで講義ノートを2回消化してしまうのはやはりつらいものがある。準備の時間をどうやって捻出するかが悩ましい。講義終了後、H大のT君の部屋に赴いてしばらく雑談。5時過ぎに失礼して帰路に就いた。

RucolaGerms.jpgベランダのプランターで育てているルッコラは、順調に大きくなってきている。種まきから2週間あまり経ち、もう本葉が見え始めてきた。あとはひたすら水やりをしながら待つだけ......と安易に構えていたら、思わぬことが起きてしまった。じょうろで水をやった後によく見ると、16本の芽のうちの1本がぽっきりと折れていたのである。ルッコラは大きくなるまでは茎が非常に細く、水滴が葉に着いただけでぐにゃりと曲がってしまう。それでもさすがに折れることはないだろうと思っていたのだが、甘かったようだ。仕方がないので、折れた芽があったあたりにあらためて種をまいておいた。

今日は朝方はまだ昨日の雨が少し残っていた。午後になって晴れてきたが、気温はぐっと下がり、ジャケットを着ていても肌寒く感じる。天気予報を見ると、もう暑さは完全に去ってしまったようだ。今日まき直したルッコラの種の発育も、この分ではちょっと遅いかもしれない。

昨日の夜から扁桃腺が腫れてきてしまい、今日は一日ずっとのどが痛かった。季節の変わり目は風邪を引きやすい。

晴れの特異日

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝から雨の一日。大雨というほどではないが、夕方までずっとしとしと降り続いていた。そういえば、10月10日というのは「晴れの特異日」だと昔聞いたことがあった。どういうわけかその日は晴れることが非常に多く、それが理由でかつての東京オリンピックの開会式もこの日に決まったという。実際、その話を聞いたころの10月10日は、晴れていることが多いような気がした。しかし、どうやらあれは気のせいで、実際は取り立てて晴れることが多いというわけでもないらしい。

午前中に線形代数学の講義。今のところは順調。午後は金曜日の群論の講義の準備をしていた。こちらの方が問題だ。

高知土産の夕飯

| コメント(0) | トラックバック(0)

出張も終わり、今日からはまた通常通りの日々。ただ今月と来月はいろいろ新しいタスクが同時に降ってきており、ちゃんとすべてこなしていけるのかちょっと不安になる。自転車操業で乗り切っていくしかない。

今日は、高知で買ってきたお土産ばかりを使って妻が夕飯を用意してくれた。メインはもちろんカツオだが、うなぎもあるし、ご飯は日曜市で買った栗をたっぷり使った栗ご飯。味噌汁にも青さのりが入っている。普段、あまり日本酒は飲まないのだが、今日は土佐鶴だ。娘はいつもはカツオにはそんなに反応しないのだが、今日はずいぶん口に運んでいた。「高知のカツオはおいしい」というのだが、まだ5歳にもなっていないのにずいぶん舌が肥えたものである。

そのうち、出張とは別に家族で高知旅行でも行けないものかと思う。

研究集会終了

| コメント(0) | トラックバック(0)

研究集会最終日。午前中に2つの講演があり、これですべての講演が終わった。プログラム全体では板書講演が5つ、プロジェクタ講演が5つで、今年はちょうど半分ずつだったようだ。今回も聴いてためになる講演が多かった。

最終日は、K大のFさん、N大のKさんと3人でお昼を食べるのがここ数年のならわしになっている。今年は街中にある老舗の洋食屋に連れて行ってもらった。料理も店内の雰囲気も客層もまさに「老舗の洋食屋」という説明がぴったりくる店で、なかなかよかった。そういえば、昨日のお昼はたまたま今日の店の向かいにあるそば屋で食べたのだが、そこも結構おいしくて満足した。高知というとカツオやクジラなど海の幸が思い浮かぶが、それ以外にもおいしい店はある。

バスの時間が迫っていたKさんとお別れした後、Fさんと喫茶店でしばらく雑談。かつてFさんは千葉県に住んでいた時期があり、かつての千葉県民同士としてひとしきり千葉ローカルな話で盛り上がった。3時40分くらいに喫茶店を出て高知駅へ移動する。お土産を買った後、Fさんと別れて高速バスに乗り、帰路に就いた。

台風でどうなるかと思ったが、今年の高知出張も何とか無事に終わった。

研究集会二日目

| コメント(0) | トラックバック(0)

研究集会二日目。最初の講演が始まるまで少し時間があったので、日曜市をぶらぶら見て回る。連休の中日で天気もよく、通りは観光客で賑わっていた。並べられている売り物だけでなく、暇そうにしている店のおばあさんどうしの世間話や、商品のよさを説明しているおばさんと客のやりとりも、ここにしかない味があってつい足を止めて聞き入ってしまう。しばらくうろうろしていたらいつの間にか講演の開始時間が迫っており、少々慌てながら会場に向かうことになった。

今日は午前中に二つ、午後に二つの講演を聴講。どれも興味深い内容だった。今日は懇親会などの行事もないので、プログラムが終わると早々に引き揚げた。ホテルまで歩いたときは雲一つない空が広がっていたのだが、外が暗くなったころに夕飯を食べようと外に出たら、いつの間にか雨が降り出している。帯屋町の店でカツオを食べているうちに雨脚が一気に強くなり、一時は土砂降りになった。雨雲の動きを確認してみると、ちょうどこの一帯だけで降りが激しくなっているようだ。今回の出張では傘を使うことはないかもと思っていたのだが、さすが「高知は下から雨が降る」と言われるだけのことはある。少し降りが弱まったところを見て、急いでホテルに戻った。

研究集会と余興

| コメント(0) | トラックバック(0)

眠い目をこすりつつ、6時過ぎに起き出す。7時過ぎのバスでバスセンターに移動し、8時ちょうどのバスで高知へ。台風の影響は全くといっていいほどなく、四国に入るまではずっと晴れ間がのぞいていたほどだった。高知駅でお昼をすませてから、研究集会が行われるKK大にぶらぶらと歩いて行く。ちょうど途中で宿泊予定のホテルの前を通ったので、荷物を預け身軽になって会場へ向かうことができた。

午後の講演は二つ。KK大の教室は、白い壁がそのままホワイトボードにもスクリーンにもなるという面白い設計になっている。今日の講演はいずれもプロジェクタを使ったものだったが、講演中にプレゼンテーションファイルのミスを見つけると、そこに重ねるようにペンで修正を入れることができるのである。ちょっとほかではあまり見ない光景だった。二つ目の講演は師匠であるK先生によるものだったが、いつもながら数学が楽しくてしかたがないという感じで話されていた。

6時半から懇親会に出席。宴もたけなわというところで、またF先生にうながされてマジックをすることになる。正直なところ、当初は懇親会に出られるとも思っていなかったので、昨日までマジックのことなどまるで頭になかった。そもそも、昨年の同じ場で実演して以来、マジックの練習をすることだってただの一度もなかったのだ。今朝出発するときに、念のためと思って荷物に入れたカードが役に立った。もっとも、何しろ準備らしい準備もしていなかったから、今日は以前の定番だったネタをやってみせるしかなかった。もうちょっと気の利いたやつを用意しておきたいところだが、時間も技術もない状況ではなかなか難しい。ともあれ、大失敗に終わるようなことがなくてよかった。

今日は勤務先で少し仕事をした後、10時半過ぎに出てH大へ向かった。H大で非常勤講師をするのは、2011年以来7年ぶりだ。あのときは1年生向けに微積を講義する仕事だったが、今回は3年生向けの群論である。しかも今回、初めてターム制の講義を担当する。1回行くたびに2回分の講義をしなければいけない。2ヶ月間ですべて終わるのはよいが、やはり2コマ連続というのはどうも勝手が分からず、ちょっと不安だ。

H大に着くと、学食が混雑する前に急いでお昼をすませる。それから事務に赴いて一通り説明を受けた。非常勤講師の控室に案内されたが、7年前と同じだった。定刻になって指定された教室に行くと、もう受講する学生が集まってきている。7年前と比べると履修者が少なく、その意味ではやりやすい。一応、用意していた講義ノートの内容は予定通り消化したが、慎重にゆっくりやろうとしすぎて、H大の学生には簡単すぎたかもしれない。まあ、始まってしまったからには頑張って続けるだけだ。

終わるとすぐ車に乗って戻ってきたが、やはり2コマ続けてしゃべるとかなりエネルギーを消耗するらしく、勤務先に戻ってきたときはひどくぐったりしてしまった。

さて、明日からの3連休は高知に出張する予定。台風の影響が心配だが、少なくとも今日の時点では風もなければ雨も降っていない。何とかバスは運行してくれるだろう。

運動会中止

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日は普段使っているノートパソコンを勤務先に持って行ったのだが、うっかり置き忘れて帰ってきてしまった。まあ、たまにはパソコンにふれない夜を過ごすのも悪くないものだ。

台風がどうなるかずっと気にしてきていたが、今日になって娘が通う保育園から、土曜日に開催する予定だった運動会を中止することにしたと連絡が来た。予備日としていた日曜日も、台風の影響が残っている可能性があるからということで行わないという。台風のスピードが当初の予想より速く、日曜日にはもう通り過ぎているのではないかとも思われるが、風が強いことを心配したのだろう。うちの保育園は規模が小さく、運動会は近くの小学校のグラウンドを借りて行っている。使わせてもらえるのはこの土日だけなので、もう今年は運動会はできないようだ。後日、近くの公園で一部のプログラムだけ行うミニ運動会をするそうだが、これとて天候がどうなるかはまだ分からない。仕方がないこととはいえ、今年は本当に天気に振り回される。

当初の予定では、土曜日は娘の運動会を見てから夕方の高速バスで高知に出張するつもりだった。しかし運動会がなくなったので、午前中のバスでお昼に着くように変更しようと考えている。早く動けるならそうした方がよい。

台風の動向

| コメント(0) | トラックバック(0)

今朝は起きると肌寒かった。薄めのパジャマで夜は過ごしてきたが、もうその時季ではないようだ。そういえば、半袖のシャツも一昨日全部衣装ケースに片づけたのだった。これからはどんどん寒くなる。

次の台風の動向をずっと注視しているが、どうも状況はよろしくない。土曜日には西の海上にあってどんどん近づいてくると予想されている。予報の通りなら、うちのあたりは台風の進路の右側に当たるから風雨はかなりのものだろう。夕方に高速バスで高知へ出張するつもりでいるのだが、この感じではバスが運休になることも十分考えられる。次の日はもっとひどい天候になっているだろう。今年は天気に振り回されっぱなしだ。

後期授業開始

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日から10月。早いもので今年もあと3ヶ月になってしまった。

今月と来月は相当忙しくなりそうだ。後期授業期間が始まるが、今年はいつもの授業に加えてH大に非常勤講師に行かなければならない。もちろん4年生のセミナーもあるし、毎年この時期に降ってくる仕事もある。その合間を縫って、「数学セミナー」の原稿も書かないといけない。しばらくは気の抜けない日々が続きそうだ。

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このアーカイブについて

このページには、2018年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年9月です。

次のアーカイブは2018年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07