Leonid Kubbel's Endgame Study No.412

| コメント(0) | トラックバック(0)



黒のKが上下運動を繰り返す間にNが盤上を動いていく様子は、馬鋸と少し似た雰囲気を持っている。フィニッシュのQの上下運動も合わせ、久留島喜内の詰将棋作品のような趣を感じる一品。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2797

コメントする

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、natsuoが2018年10月23日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カープのマーク」です。

次のブログ記事は「忙しい一日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07