2018年12月アーカイブ

大晦日

| コメント(0) | トラックバック(0)

大晦日。昨日、鼻水とくしゃみが止まらなくなっていた娘は今日にはだいぶよくなっていた。冷たい風も弱まり、寒いながらもやや過ごしやすくなったようだ。お昼には冷蔵庫にあったベーコンと白菜で簡単にパスタをつくった。午後は近所のスーパーまで車を出してあれこれ買い物。戻ってきてから母と妻がおせち料理の準備を始め、自分と父は娘を連れて近所の公園を散歩しに出た。夕飯は年越し蕎麦。2018年最後の一日は、穏やかに暮れていった。

今年を振り返ると、何よりも健康を意識させられる1年だったと思う。幸い、自分と妻と娘は特に大きく体調を崩すこともなく過ごすことができたが、親戚や仕事の同僚など、自分の近しい知り合いが大きな病気で倒れるということが相次いで起こった。まさかあの人が、と驚くようなことも何度もあった。つまり、こういうことはいつ自分や自分の家族に起こってもおかしくないということだ。来年もいろいろなことが起きて忙しくなるだろうが、何をやるにしても、身体が無事でなければ始まらない。今まで以上に、健康に留意して毎日を過ごそうという思いを強くしている。

それでは皆様、よいお年を。

川べりでの散歩

| コメント(0) | トラックバック(0)

実家滞在中。お昼過ぎまでは家でのんびり過ごす。3時半くらいから両親も一緒にみんなで近くの川べりまで散歩に出かけたが、天気は快晴ながらやたらと風が強く、とにかく寒くて仕方がない。10分もしないうちに身体が冷え切ってしまい、たまらず車に戻った。そこから柏まで移動し、ステーキやハンバーグの店へ。娘は身体が冷えて鼻水が止まらなくなってしまい、始終くしゃみをしていた。ぐったりしているようでちょっと心配だったが、レストランではおこさまランチをきれいに平らげ、それだけでだいぶ元気になったようだった。ただ、それでも鼻水とくしゃみは止まらずじまい。まあ今日は早めに休ませて、明日はゆっくり静養していた方がよさそうだ。

今日から実家に帰省する。今年は年末に自分の実家、年明けからは妻の実家と、実家のはしごをする計画だ。

今朝も広島は雪だった。1時のバスで出発し、2時少し前の新幹線で東へ。今日は雪のせいで新幹線のダイヤが乱れており、新横浜に近づくころから何度も線路上で停車してしまった。ようやく品川に着き、大混雑する新幹線改札を抜けて乗り換え。今日は秋葉原で行われる数学科同期の忘年会に久しぶりに参加することになっており、東京駅でいったん妻たちと別れた。

数学科同期の忘年会は、なぜかいつも秋葉原のインドカレーの店で行われることになっている。参加したのは2012年以来だろうか。今日は7名が集まり、9時半頃まであれこれ楽しく語り合った。店を出てから駅のそばの喫茶店に入り、さらに談笑の続き。11時に散会した。実家には11時40分頃到着。

雪と年賀状

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨夜から寒気が流れ込んできたため、今朝起きると外は白くなっていた。ベランダの欄干にもうっすらと雪が積もっていたが、やがて日が高く上がるとたちまちとけてしまい、マンションの屋根も地肌の色が戻ってきた。しかし、今夜はまた少し降るだろう。

今日は午後に娘の予防接種に行くつもりでいたのだが、いざ予約を取ろうとしたら、今日のお昼から年末年始の休診期間に入ってしまったことが判明する。仕方がないので、年明けにもう一度時間をつくろう。夕方は街中に出かけ、本屋で少し買い物をした。夜は年賀状書き。この作業をしていると、いよいよ年の瀬という感じがする。

仕事納め

| コメント(0) | トラックバック(0)

先週までは出張に会議と忙しかったが、今週は打って変わって静かだ。もっとも、何もすることがないわけではなく、後回しにしていた仕事を何とか年が終わるまでに片づけておこうと躍起になっていた。4年生の卒業研究の指導もしたが、こちらはまだ道半ば。年明けも大変そうだ。

出勤日は一応明日までだったが、最終日は休暇を入れることとした。今日が今年の仕事納めである。明日は年賀状でも書こう。

クリスマス

| コメント(0) | トラックバック(0)

娘は夜明け前にいったん目が覚め、プレゼントが届いているか見に行きたそうにしていたが、なだめてまた眠らせた。朝になってもう一度目が覚めると、ベッドから転がり落ちるように飛び出し、居間の隣の和室に立っているクリスマスツリーの下にラッピングされた袋があるのを見て大喜び。ほしがっていたおもちゃを手に入れて満足そうにしていた。サンタクロースの物語とシステムは、やはりこの年頃の子どもに一番フィットする。

今日はずっと4年生の卒業研究の面倒を見ていた。夕方、いつもより少し早く勤務先を出ると、昨日行ったばかりのアウトレットへ。実は昨日、ビジネスバッグを店頭で見ていて、そろそろ新しいものを買ってみようかという気になっていた。一日頭を冷やすべく昨日は撤退したのだが、クリスマスセールが今日までということだったのでもう一度赴いたのである。しかし、だいぶ迷ったあげく、結局今日も何も買わずに引き揚げた。同等の製品が、ネット上でもう少し安く手に入りそうなのだ。店の人には悪いが、オンラインで注文することにしよう。

3連休の最終日だが、今日も遠出はせずにのんびり過ごした。お昼に近くのアウトレットまで出かけてみる。クリスマス前ということもあるのだろう、店内はかなりの人出で、広い駐車場もほとんどがぎっしり車で埋まっていた。お昼ご飯をすませた後、コーヒーショップに立ち寄ってコーヒー豆を購入。先月、同僚の先生からコーヒー豆をいただいたのをきっかけにコーヒーミルとフレンチプレスを買ったが、いただいた分はもう全部飲んでしまったのである。250gもあるから、しばらくはもつだろう。

夕飯は、妻がつくった鶏の丸焼きにあさりご飯。デザートに、これも妻がつくったガトーショコラ。娘は、明日の朝にプレゼントが置かれていることを楽しみにしながら床に就いた。

PorkRucola.jpgVioletRucola.jpg寒い日が多くなり、ベランダのルッコラも最近は生育スピードがかなり遅くなった。葉も小さいものが多く、秋のころの勢いは感じられない。もう一つ、1か月前との顕著な違いは、葉に紫色が混じるようになってきたことだ。例年、寒くなるとルッコラの葉脈はだんだん紫色に変わってくる。どうも寒さに耐えるためにこうなる性質があるらしい。それはよいのだが、1株だけ葉が全部紫色に変色してしまった。秋にルッコラ栽培をするようになって今年が5年目だが、こんな現象はおそらく初めてだ。1株だけなので、この株に固有の特殊な原因なのだろう。

さて、今日はこのルッコラをいくらか収穫して夕飯に使うことにした。どうしようか考えたが、先月にもつくった豚肉のソテーに、ジャガイモとルッコラのサラダを添えるというメニューにする。前回はトマトもソテーしてみたが、今回は省略。その代わり、ジャガイモはよくマッシュしてルッコラとよくからむようにした。ソテーの方は、今回もバルサミコ酢、醤油、バター、おろしニンニク、黒コショウでソースをつくる。これがなかなかおいしいのである。

ルッコラの収穫は、あと1回できるかどうかというところだろう。

Pescatore.jpg今週はずっと出張していて、帰ってきた翌日も会議漬けで、非常に疲れる1週間だった。今日は完全休養日にあて、夕方に近所まで買い物に出たほかは、一日中家でのんびり過ごしていた。

スーパーでアサリ、エビ、タコを買ってきたので、ペスカトーレをつくった。ペスカトーレといっても、ボンゴレロッソにアサリ以外の海の幸を入れるというだけで、あとは何も変わらない。ムール貝でも入れればだいぶそれらしくなるのだろうが、それでは近所で食材を調達することができなくなる。まあ入れるのはこれくらいありふれたものである方が気楽でよい。につくったときのように、エビに火が通り過ぎないように気をつけた。最後にベランダで取ってきたイタリアンパセリを軽く散らして完成。

子どもも食べるので唐辛子は入れていないが、本当はこれに辛味が利いていればさらにおいしくなるだろうといつも思う。もう数年したらそうやってつくってみたい。

将棋竜王戦

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝早くから会議。そして午後も1時から会議があり、こちらは3時間半近く続いた。会議漬けで疲れた。

帰宅すると、もう竜王戦の勝負は終わっていた。広瀬八段が勝って竜王のタイトルを奪取し、羽生竜王が27年ぶりに無冠となったのだ。中盤まではいい勝負だったように思うのだが、急に差がついて逆転が難しい形になってしまった。何か読み抜けがあったのかもしれない。もう少し、最後までどちらが勝つか分からないような名勝負を見たかったようにも思うが、こればかりは仕方がない。

それにしても、タイトルを一つも持っていない羽生さんというのは何だか慣れない。前に段位で呼ばれていたとき、私は高校生だった。一つの時代が終わったように感じてしまう。しかし、これで羽生前竜王の活躍が完全に終わるということはないだろう。100期目のタイトルをどういう形で獲得するのか、また別の楽しみができた。

研究集会最終日

| コメント(0) | トラックバック(0)

研究集会最終日。今日もやや行くのに手間取り、10時きっかりに会場へ飛び込む形になってしまった。大きな荷物をいくつも抱えながら満員電車に乗り込んだり雑踏をかき分けて歩いたりするのは、本当に骨が折れる。

今日の講演は午前二つ、午後二つ。お昼はT大のT君、Q大のY君と3人でカレー屋へ。Y君は午後の飛行機で帰るということで、店を出たところでお別れした。会場に戻り、午後の講演が一つ終わったところでMJ大のMさんがいるのを見つける。K先生の門下生が一堂に会する機会は滅多にないので、せっかくだから写真を撮ろうということになる。K先生、MJ大のMさん、HC大のHさん、私、T大のT君、K大のN君、それにK先生から見て孫弟子にあたるT大のE君もそろった。Q大のY君がお昼に帰ってしまって写真に加われなかったのが残念。とはいえ、この写真はいい記念になった。

5時頃の電車で会場を後にする。10時過ぎに無事広島の自宅に到着。今回の出張は連日気が抜けず、くたくたに疲れてしまった。ゆっくりしたいところだが、明日は朝早くから会議、午後も会議だ。4年生の卒業研究の進捗状況も見ないといけない。もう一日、頑張ろう。

研究集会三日目

| コメント(0) | トラックバック(0)

研究集会三日目。電車が遅れ、最寄り駅に着いたときはすでに9時57分。息せき切って会場に飛び込んだとき、ちょうど座長が紹介を終えて講演者が話し始めたところだった。

今日も講演は午前に二つ、午後に三つである。午前中の講演が終わった後、Q大におられたS先生、M大のMさん、それにT大のTさんと4人でお昼を食べに出る。訪れた店がことごとく満席で入れず、昼食難民になってしまった。駅周辺をふらふらさまよい歩いているうち、T大のGさんも合流して5人になる。ちょうどそのとき、近くのうなぎ屋に何とか入れることが分かり、久しぶりに鰻重を食べることになった。偶然入ることになった店だが、お新香もたっぷりつけてくれてなかなかよかった。

午後は座長をしなければいけないことになっていた。参加者から質問があまり出ないことを想定して自分なりに尋ねる内容を考えていたが、実際には活発な質疑応答が行われたので、ほとんど司会進行のようなことになってしまった。

夜はHC大のHさん、Q大のYさんという同門トリオで東急百貨店近くの韓国料理の店へ。7時過ぎには別れて帰路に就いた。

研究集会二日目。天気はすっかり回復し、雲一つない青空が広がっていた。寒さは昨日より緩んだようだ。実際、今日はコートにマフラーでは暑いと感じることがときどきあった。

今日はある意味で研究集会の山場である。午前に二つ、午後に三つの講演があり、午後最後が師匠であるK先生の講演だった。講演のプログラムがすべて終了すると、キャンパス内にあるレストランにみんなでぞろぞろ移動する。今日はK先生の70歳を祝ってレセプションをするのである。参加者は約50名。いろいろとバタバタもしたが、何とか6時過ぎに宴が始まった。段取りは、K先生の師匠であるS先生が乾杯の音頭を取り、宴の中盤でI先生とvdG先生によるスピーチ、クロージングにKo先生、そしてK先生本人が挨拶という流れである。自分も世話人の一人だが、進行を始めいろいろな仕切り役はすべて共同世話人のT君がやってくれており、自分は大した仕事はしていなかった。ピアノを弾けという話になるかもしれないと思ってメンデルスゾーンを少し練習してあったのだが、結局声はかからずじまい。ただ、K先生の挨拶終了後に、参加者の前で花束をK先生にお渡しするという役をすることになる。成り行きでそういうことになってしまったが、錚々たる面々が並ぶ前で自分ごときがお渡しするのは申し訳ない気もした。

8時過ぎに宴は終了。これで大きなイベントが一つ終わったが、研究集会はまだ中間地点である。明日もまだ気が抜けない。何とか頑張ろう。

研究集会一日目

| コメント(0) | トラックバック(0)

研究集会一日目。朝方はまだ雨が残っており、傘を差して出かけた。9時台ですでにラッシュのピークは過ぎているが、それでも区間によっては電車はすし詰め状態。広島に住むようになってから、こういう混雑を経験することは滅多になくなった。一番近いのは、出張帰りに広島駅から在来線に乗り換えた際、ちょうどカープの試合が終わって観客が一斉に乗り込んできたときだろうか。

今日の講演は午前2つ、午後3つ。プロジェクタ講演は一つもなく、すべて板書の発表だった。T君と夕飯を食べた後、帰路に就く。明日も講演は5つだが、終了後にK先生の70歳を祝うレセプションがある。盛大な会になりそうだ。

東京に移動

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は東京へ移動する日。妻と娘も時期を合わせて神戸に滞在することになり、3人一緒に家を出た。外はあいにくの雨。肌寒いが、函館で氷点下の寒さを経験した今では、これくらいならまだましという気になる。

新神戸駅で妻と娘は降り、そこからは一人旅。東京に行くと必ずどこかで電車が遅れているものだが、今日は珍しくすべて順調だった。日曜日だからか、混雑度もさほどではなかったように思う。今回は実家に泊めてもらうことにしており、7時前には到着した。

天気はよかったが、特にどこかへ出かけることもなく家で過ごした。今週前半の出張の疲れがまだ残っている気がして、どうもあまり元気が出ない。明日からはまた次の出張に出かけないといけないのだから、しっかりしないといけない。

妻は仕事だったが、午後は早めに上がって帰ってきた。夕方に近所で少し買い物。夜は焼肉で景気をつけた。



Kubbelの両Q入り作品では珍しく、メイトではなくP昇格のフィニッシュになる。Pレースなど変化もそれなりに深く、読み応えがある。

今年最後の授業

| コメント(0) | トラックバック(0)

旅の疲れがまだ取れていないような気がするが、講義があるので休むわけにもいかない。身体に鞭打って家を出た。今朝も寒いが、函館では一日中氷点下だったので、それほど厳しいとは感じない。

幸い、大学院生向け講義は先週までで終わり、今週からは同僚の先生が担当することになっている。自分は午前中の線形代数学をこなせばよい。講義が連続していないというだけでもだいぶ違う。来週はまた出張なので、線形代数学は早くも今年最後の講義になった。時期としてはまだ少々早いが、授業の終わりに「よいお年を」と挨拶した。

広島に帰宅

| コメント(0) | トラックバック(0)

研究集会二日目。雪はようやくほぼあがり、気温も今回の滞在中で初めて0度を超えるか超えないかというところまで上がったようだった。歩道も車道もまだ真っ白だったが、車道の雪は少し厚みがなくなってきて、路面の黒が少し見える程度にはなっていた。

今回の研究集会は大学の一教室ではなく、街中の多目的スペースのようなところで行われている。無印良品の店が入っているビルを上に上がっていくと、店舗の空間から急に講義室のような部屋に入ることになる。こういうのはあまり経験したことがない。今日は、部屋を貸してもらう時間が間違っていたとかで世話人の方があたふたされていたが、最終的には研究集会終了まで部屋を借りられることになったようだった。

最後の講演まで聴いていると飛行機に間に合わなくなるので、3時に失礼して会場を後にした。帰りの飛行機も定刻通りとは行かず、函館からの便は機体の到着が遅れたとかで少し出発が遅れ、新千歳からの便は向かい風が強いとかで到着予定時刻より15分くらい遅れた。広島は雨。函館滞在中はずっと雪だったので、雨が降っているのがちょっと新鮮に感じてしまった。

10時半頃帰宅。今回の出張はずっと雪道で足に力を入れて歩いていたこともあり、かなり疲れがたまってしまった。明日が休日ならよいのだが、午前中から授業がある。今週から来週にかけてはハードなスケジュールが続くが、何とか乗り切りたい。

研究集会一日目

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日も函館は雪が降り続いていた。会場にゆっくり行くこともできたが、少し早めに出て、雪の中をまた五稜郭の方へ歩く。実は昨日、どこかで手袋を片方落としてきてしまったらしいことに気づいたのだ。五稜郭タワーでは収穫がなかったが、公園内の奉行所で聞いてみたら、管理事務所に届けられたものがあるとのこと。行ってみると確かに自分のもので、無事取り戻すことができた。雪の中を頑張って行軍したかいがあった。

午前中の講演は二つ。お昼はTH大のT先生、TR大のI先生と3人で街中を歩き回り、たまたま見つけた牛カツの店に入った。牛カツはおいしかったが、注文したものが出てくるまでかなり時間がかかり、午後の講演にもう少しで遅れるところだった。

午後の講演は三つで、自分の講演は真ん中だった。講演自体はまああれくらいが精一杯というところだが、質問にうまく応えられなかったのが残念。あとから考えるとそれほど難しいことを聞かれていたわけではなかったと思うのだが、その場では考えがまとまらなくてうまく対応できなかった。まあ仕方がない。ともあれ、一仕事すんでホッとした。

6時半から近くの店で懇親会。このころには雪はやんでいた。9時半頃ホテルに戻る。明日は天候が回復するだろう。

函館に移動

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日から火曜日までは函館へ出張。5時半過ぎに眠い目をこすって起き出す。もちろんまだ外は真っ暗だ。6時過ぎに車を出して広島空港へ向かう。高速道路を走っている間に少しずつ空が白んできて、空港に着いたころにようやくヘッドライトを消してもよさそうなくらいの明るさになった。

函館へ行くなら羽田で乗り継ぐのが普通だろうが、チケットを買う際に乗り継ぎ先として提示されたのは新千歳だった。羽田経由なら選択肢はいくつかあるが、新千歳経由だと早朝の便で行くしかない。研究集会は明日からで今日は単なる移動日なのに、すごく早起きしなければいけなかったのはそのせいだ。広島空港を離陸して20分ぐらいたったあたりでかなり揺れたが、その後は順調に飛行を続け、定刻に新千歳空港に到着。しかし、新千歳から函館へ飛ぶ便は、搭乗口が2回も変更されたり、機体も当初予定のものから変わったり、函館の天候不順で新千歳に引き返す可能性があると言われたりと、なかなかスムーズに行かなかった。実際のフライトも、着陸時はちょっと揺れてひやひやしたが、結果的には定刻より15分ほど遅れただけですんだ。

函館に来るのはおそらく人生2回目だ。しかし1回目は4歳くらいのときで、それも経由地として通り過ぎた程度だったから、今回がほとんど初めてといってもいいかもしれない。覚悟はしていたが、やはり函館は寒かった。常時氷点下のため、路面の雪も全くとけないし、その上からどんどん新雪が積もる。ただ、風が思っていたほどではなかったのは幸いだった。吹雪のような状況を恐れていたのだが、ときおり少し強い風が吹きつけるというくらいだった。

Goryokaku2.jpgGoryokaku1.jpg2時頃にはホテルに着いてしまったが、チェックインは3時からだというので、それまで近くの五稜郭公園をぶらつくことにする。公園に着いたときは青空も見えていたのだが、中に入っていくころからまた雲が広がり始め、やがてまた雪が降り始めた。公園を一回りした後、せっかくなので五稜郭タワーにも登って公園を上から眺める。雪の時季に北海道に来る機会はこれからもそれほどはないだろうから、雪の五稜郭を歩いたり上から眺めたりできたのは貴重な経験だった。

夕方にはホテルに戻って講演の準備。外が暗くなってから夕飯を食べに外へ出たが、雪は少し強くなっていて、黒いコートがたちまち真っ白になってしまった。夕飯後もホテルへ戻ってもう少し準備を続ける。まだまだ全然まとまっていないが、もう仕方がない。何とか頑張ろう。

今日は、娘が通う保育園の発表会が行われた。園児が日頃練習した歌や楽器を披露する場である。例年は演劇めいたことも行われていたが、今年はひたすら歌と楽器演奏ばかりで、会場も近所の公民館から保育園内の部屋に変更になった。

保護者がみんな来るため駐車場が確保できないということで、今日は徒歩で行くことになっていた。ひどく冷え込んだ中を娘と歩き始めると、何やら白いものがちらちら落ちてきている。今シーズンの初雪である。道理で寒いわけだ。娘は大喜びで、もっと降れ降れと歓声を上げながら意気揚々と保育園へ歩いて行った。会場では最後方のビデオ席に陣取って撮影にいそしんだが、娘は特に失敗することもなく、与えられたタスクを無難にこなしていた。なかなか度胸がある。自分が保育園児だったころにこういう催しが行われたかどうかよく覚えていないが、やっていたとしても、今日の娘のようにそつなくこなすことはできていなかっただろうと思う。

RucolaPasta.jpgお昼前には帰宅。雪は相変わらず降ったりやんだりだった。ベランダのルッコラがたくさん生えてきていたので、お昼は生ハムと一緒にパスタにした。ルッコラの苦みは、パスタならやはり生ハムと組み合わせると一番おいしさが引き立つように思う。なかなかおいしかった。

午後は勤務先に行き、明後日に迫った講演の準備をしていた。明日は早朝に出発し、飛行機で函館へ飛ばなければいけない。よりによってこのタイミングで本格的な寒さがやってきてしまった。今日も明日も、函館は一日中氷点下らしい。天気予報を見ると雪だけでなく風も強いようで、吹雪にならないかが心配だ。そもそも、飛行機が予定通り飛ぶかどうかも分からない。講演も含め、何とか無事に終わってほしいものと思う。



このあとで登場する425番も参照のこと。

忙しい水曜日

| コメント(0) | トラックバック(0)

水曜日なので、午前中に線形代数学、午後に大学院の講義、それから4年生の卒業研究の指導と、いつものメニューをこなした。大学院の講義は、自分の今日の担当分は今日まで。来週以降は少し楽になる。

今日も講演の準備はほとんど進まなかった。夕方に少し時間はあったのだが、授業をやった後だとぐったりしてしまってどうにも頭が働かない。もうあまり時間が残されていないが、何とか頑張るしかない。

昨日から今日にかけてはずっと雨模様の天気。朝は霧が立ちこめており、空気は妙に暖かでじめじめしている。マンションの駐車場も、勤務先のトイレの床も、雨があたるわけでもないところが一面ぬれていて、湿気が極端に高いことを示していた。

今日は少し早くに仕事を引き揚げ、妻と娘をピックアップしてかかりつけの医者へ向かった。インフルエンザの予防接種に行ったのである。もう少し早くすませておくべきだった。娘は予想通り激しく嫌がったが、終わったらご褒美のおもちゃをもらえてだいぶ機嫌が直ったようで、去り際には医者に礼を言うほど落ち着きを取り戻していた。

夕方から雨に

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝方は天気がよかったが、結局今日も遠出することなく、近所で買い物をするだけで過ごした。せっかくの好天がもったいないとお昼までは思っていたが、実はこういう過ごし方でよかったかもしれない。午後から雲が広がり始め、夕方には雨が降り始めたからである。雨は夜も降り続いており、今の時点での天気予報によれば明日も明後日も続くらしい。11月は晴天の日が多かったが、久しぶりの本格的な雨になりそうだ。

詰パラ届く

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は一日中、家に閉じこもって原稿を書いていた。講演準備もしなければいけないのだが、S誌に連載中の原稿も締め切りが迫っている。今日少し時間をとれたことで、直近の締め切り分についてはめどが立った。これで明日からは、空いた時間は講演順備につぎ込める。

そういえば、詰パラの12月号が昨日届いた。今回は表紙作品はすぐ解けたが、ほかの掲載作はどれだけできるだろうか。今回は7手詰がたくさん出ており、可能な限り解いてみたいのだが、何はともあれ講演が終わらないことには落ち着かない。

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このアーカイブについて

このページには、2018年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年11月です。

次のアーカイブは2019年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07