函館に移動

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日から火曜日までは函館へ出張。5時半過ぎに眠い目をこすって起き出す。もちろんまだ外は真っ暗だ。6時過ぎに車を出して広島空港へ向かう。高速道路を走っている間に少しずつ空が白んできて、空港に着いたころにようやくヘッドライトを消してもよさそうなくらいの明るさになった。

函館へ行くなら羽田で乗り継ぐのが普通だろうが、チケットを買う際に乗り継ぎ先として提示されたのは新千歳だった。羽田経由なら選択肢はいくつかあるが、新千歳経由だと早朝の便で行くしかない。研究集会は明日からで今日は単なる移動日なのに、すごく早起きしなければいけなかったのはそのせいだ。広島空港を離陸して20分ぐらいたったあたりでかなり揺れたが、その後は順調に飛行を続け、定刻に新千歳空港に到着。しかし、新千歳から函館へ飛ぶ便は、搭乗口が2回も変更されたり、機体も当初予定のものから変わったり、函館の天候不順で新千歳に引き返す可能性があると言われたりと、なかなかスムーズに行かなかった。実際のフライトも、着陸時はちょっと揺れてひやひやしたが、結果的には定刻より15分ほど遅れただけですんだ。

函館に来るのはおそらく人生2回目だ。しかし1回目は4歳くらいのときで、それも経由地として通り過ぎた程度だったから、今回がほとんど初めてといってもいいかもしれない。覚悟はしていたが、やはり函館は寒かった。常時氷点下のため、路面の雪も全くとけないし、その上からどんどん新雪が積もる。ただ、風が思っていたほどではなかったのは幸いだった。吹雪のような状況を恐れていたのだが、ときおり少し強い風が吹きつけるというくらいだった。

Goryokaku2.jpgGoryokaku1.jpg2時頃にはホテルに着いてしまったが、チェックインは3時からだというので、それまで近くの五稜郭公園をぶらつくことにする。公園に着いたときは青空も見えていたのだが、中に入っていくころからまた雲が広がり始め、やがてまた雪が降り始めた。公園を一回りした後、せっかくなので五稜郭タワーにも登って公園を上から眺める。雪の時季に北海道に来る機会はこれからもそれほどはないだろうから、雪の五稜郭を歩いたり上から眺めたりできたのは貴重な経験だった。

夕方にはホテルに戻って講演の準備。外が暗くなってから夕飯を食べに外へ出たが、雪は少し強くなっていて、黒いコートがたちまち真っ白になってしまった。夕飯後もホテルへ戻ってもう少し準備を続ける。まだまだ全然まとまっていないが、もう仕方がない。何とか頑張ろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2838

コメントする

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログ記事について

このページは、natsuoが2018年12月 9日 23:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「初雪&保育園の発表会&ルッコラと生ハムのパスタ」です。

次のブログ記事は「研究集会一日目」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07