パガニーニのギター曲

| コメント(0) | トラックバック(0)

パガニーニといえば、悪魔に魂を売り渡したと噂されたほどの超絶技巧でヴァイオリンを演奏したことで有名だ。しかし最近、パガニーニはギタリストでもあり、ギターの曲も作曲していたと知った。ヴァイオリンのための曲をギターに編曲したのではなく、ギターのために作られた曲がかなりたくさんあるのである。ヴァイオリンがあまりに有名なので、そんな曲もあると知ったときはちょっと驚いてしまった。演奏をネットで聴くことができるが、特に超絶技巧を見せつけるという感じでもなく、終始穏やかな曲が多い。採点作業などをしているときのBGMにちょうどよいので、今日もしばらく流していた。

パガニーニがどういう生涯を送ったのかあまり知らなかったのだが、後半生はあまり充実したものではなかったようだ。梅毒にかかったうえにその治療のために水銀を投与されて水銀中毒に陥り、そのせいで演奏もできなくなったという。水銀中毒の症状が進んでついに死んでも、悪魔に魂を売り渡したと思われていたせいで埋葬を拒否され、死後数十年にわたって墓地が定まらなかったというのだから、何とも気の毒な話だ。まあ、それほどすさまじい演奏だったということなのだろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2867

コメントする

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、natsuoが2019年1月10日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「忙しい一日」です。

次のブログ記事は「歯のクリーニング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07