ルッコラの様子

| コメント(0) | トラックバック(0)

Rucola0202.jpg寒さが厳しいこの時季は、ハーブ栽培も完全にオフシーズンだ。バジルと大葉はとうに枯れてしまい、枝の残骸だけがさびしく並んでいる。イタリアンパセリは何とか寒さに耐えて生きているが、葉は小さくてあまり生気がなく、モスカールドパセリのように縮こまっている。残るのはルッコラだが、これも最近は小さな葉を何枚か生やしたままじっとしている。紫色に変色したものが多いのは、寒さに必死に耐えているかららしい。例年、これが2月の下旬くらいから茎を伸ばし始め、3月に入ってしばらくすると花を咲かせる。温度変化に敏感なルッコラの様子を見ていれば、春の兆しを感じ取れるかも知れない。

今日は夕方から公園に出かけ、娘を少し遊ばせた。日中は晴れてそこそこ暖かかったのだが、日が傾くとすぐ寒くなってくる。日没に合わせて帰路に就いた。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2888

コメントする

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

このブログ記事について

このページは、natsuoが2019年2月 2日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夕焼けの残滓」です。

次のブログ記事は「餃子をつくる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07