餃子をつくる

| コメント(0) | トラックバック(0)

一日中、冷たい雨の降る一日だった。行楽は無理だから、こういう日は買い物だ。午後からいくつか店をはしごし、食料品や衣類を買って回った。

Gyoza.jpg帰宅後、夕飯に餃子をつくった。前回は10月の終わりだったから、ほぼ3か月ぶりだ。具はいつも通り、豚挽肉とキャベツである。もうこれは何回もやっているから、行程に戸惑うことはすっかりなくなったし、大きく失敗することもまずなくなった。ただ、どうしても時間がかかる。今日もなるべくスピーディーにやろうと心がけたが、食卓に並べたときはもう8時半近くになってしまっていた。

普段は、鉄鍋に並べるときに餃子を放射状に配置していた。そうした方が、鍋にたくさんの餃子を一度におけるのだ。しかし、餃子を30個もつくってしまうと、どうしても一度に全部を並べることはできず、2回に分けて焼くことになる。それならばと、餃子を鉄鍋の上で平行に2列並べるということを初めてやってみた。また、仕上げに水溶き小麦粉を少し流し入れて、餃子に羽根をつけることも試みた。これがなかなかうまくいき、焼き上がった餃子を並んだ形そのままに皿へ盛ることができた。今度からこのスタイルで行こうと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2889

コメントする

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

このブログ記事について

このページは、natsuoが2019年2月 3日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ルッコラの様子」です。

次のブログ記事は「セーターの穴」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07